最新へ  
オーディオ日記
 
 
 2003  1月  2月 3 月  4月  5月  6月  7月  8月  9月  10月  11月  12月
 2004  1-3      4-6      7-9      10-12    
 2005  1-3      4-6      7-9      10-12    
 2006  1-3     4-6       7-9      10-12    
 2007  1-4       5-9           10  11-12  
 2008  1-3      4-5    6  7  8  9  10-1 10-2  11  12
 2009  1-1  1-2  2-1  2-1  3  4-1 4-3 5-1   5-2 6-1  6-2  7-1 7-2 8-1 8-2  10-1 10-2  11  12-1 12-2
4-2  5-3 6-3  6-4
 2010  1  2  3  4-1 4-2  5-1 5-2  6  7  8  9  10  11-1 11-2  12
 2011  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11-1 11-2  12
 2012  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11-1 11-2  12-1 12-2
 2013  1-1 1-2  2-1 2-2  3  4  5  6 7-1 7-2  8  9  10  11-1 11-2  12-1 12-2
 2014  1  2  3  4  5  6  7-1 7-2  8  9  10-1 10-2  11  
                         
 
03年12月27日(土) 
 新忠篤さんの今年度最後のミニコンサートがアムトランス淡路町店にて行われた。
 SACDからLCRイコライザーでのLP再生,SPレコードと盛だくさんのコンサートで軽く居眠り。
 その後楽しい楽しい忘年会が近所の中華料理店で開かれ新さんの本音トークが聞けました。
 来年もアムトランスにてミニコンサートは開催されます。
 興味のある方はホームページを訪問してください。
 
 
 
 
 
 
 
 


03年12月14日(日)
 ジャズ・オーディオ評論家長澤祥さんと真空管アンプ製作ライター・CM演出・映画音楽評論 
 柳沢正史さんに我が家のアバンギャルド・トリオの試聴・批評をしてもらう。
 
 
 
03年12月13日(土) 
 蒲田駅前の横浜JAZZラーメン”げんき亭”に聴きに(失礼、食べに)行く。
 満席で待たされるが席に着いて1曲が終わる前に美味しいチャーシュウ丼がでる。
 お勧めのげんき亭セットを1曲では食べきれず3曲(店主の花村さんのジャズ談義が入るため)聴いた。
 大好きなチェット、ペッパー、マリガンと聴いて、待っている人の為席を立つ。
 
 
 
 
 
 


03年12月13日(土) 
 新忠篤さんのミニコンサート(無料)を聞きに神田淡路町のアムトランスに行く。オール直熱管システム。
 WE−212Aシングル・メインの音を初めて聞いた。
 今回はステレオLPを聴く会で今年一番の音を聞かせて頂いた。
 このミニコンサートの情報はアムトランスのホームページで見れます。
 
 
 
オルトフォンSPUGE→T30→WE257A+WE231D+WE231D+WE101(以上フォノイコライザー)+WE300B
+WE300B(以上ライインアンプ)+WE212A(ブースターアンプ)→WE594SPシステム


03年11月30日(日) 
 吉祥寺メグにてジャズ評論家重鎮の岩浪洋三さんを囲む会。10インチオリジナルLP盤特集で満席。
 お疲れ気味の寺島靖国さん、福岡Ninonynoの新納さんなどとワイワイ楽しんだが何時ものことで
 直前のJBL・D130、マランツ#1などを使ったオーディオ・セッティングで音の悪いのには閉口した。
 
 
 
 
 
 

03年11月23日(日) 
 倉敷のオーディオサミット オカヤマに2日連続で行く。SP盤のミンディー・カーソンを見つける。
 その他渋いレコードを購入。毎日でも行きたいオーディオ・レコードショップでした。
 デジカメを忘れたのでHPで訪問してください。http://ww9.tiki.ne.jp/~hirosaka
 
 
 


03年11月17日(月)
 昨日の寺島さん宅の音に刺激されメインアンプを色々繋ぎ変える。往年の名機が生き生きとする。
 左より金田式A級DC、伊藤喜多男氏作WE300Bシングル、954シングル、
 ベイ東根氏作RE604シングル。
 
 
 


03年11月16日(日) 
 アバンギャルド・ジャズ・トリオの一人、寺島靖国さん宅を訪問。恐れていたとおり刺激された。
 シーンと伸びる高音、量感ある低音、私が足りないなと思っている所を出している。
 寺島さん自身が悩んでいる部屋の影響をカバーする音作りで素晴らしい。
 やはり私も最新のメインアンプを導入する事になりそうだ。
 寺島さんの部屋はすっきりと整理され、時代を考えた装飾品とアバンギャルドの赤に合わせたカラーリ
 ングで良い雰囲気。
 この後メグに行き、「デュオの音がつまらなく聞こえるね」と意見が合った。
 
 
 
 
 
 

03年11月16日(日)
 吉祥寺メグにて山田勉さんの第2回目のSPコンサート。
 ディスク・ショーワの松崎さんの努力により素晴らし音でElla Fitzgerald,Helen Ward,
 Nan Wynn,Lee Wiley、Lee Konitz,Art Pepperなど山田さん推薦のこの1曲を楽しめた。
 
 
 


03年11月4日(火) 
 夜、古屋明さん宅にSPレコードを聴きに行く。相変わらず男の部屋。
 
 
 
 

03年11月3日(月)
 長年求めていたWE300Aを入手、測定しほぼ新品。(箱入りではありません)
 WE274Aナス管刻印、WE310BメッシュもO.K。
 早速310Aスモールパンチ、300Bと付け替えレスター・ヤング、ズート・シムスをかける。
 
 
 
 


03年11月2日(日) 
 ジャズ・オーディオ評論家の寺島靖国さんと友人櫻井さん、私3人で町田の杉山伸顕さん宅を訪問。
 アバンギャルド・トリオ・6バスホーンの魅力を満喫する。
 やはり杉山さんのカッコ良い端正な性格が音に現れ音は人なりを確認しました。
 寺島さん、杉山さん、私3人でアバンギャルド・ジャズ・トリオを結成します(笑)。
 将来櫻井さんを加えてクアルテットに成る予定です。
 杉山さんがシルバー、私がブルー、寺島さんがレッド+グリーン
 
 
 
 


03年11月2日(日) 
 町田のジャズカフェ&ウイスキー Nica’s に行く。アナログレコードをマランツ7、マッキン275、
 JBLハークネスでお店ピッタリの音で聞かせてくれる。ホッとした時間を持てました。
 土日曜日午後7時半より11時までライブもやっています。
 
 


03年10月21日(火) 
 オーディオ・ジャズ評論家 長澤祥さんより譲り受けたセトロン845シングルアンプにて
 アバンギャルドが普通に鳴るので良しとし、エイフルよりユナイテッド・エレクトロニクスの
 845を購入、聞き比べをする。
 
 
 

03年10月12日(日) 
 久しぶりに東京駅に行く。駅にてアバンギャルドのポスター!
 ついでにインターナショナル オーディオショーにアバンギャルドを聴きに行く。

 柳沢功力さん、菅野沖彦さんの講演で満杯。
 アバンギャルド・アコースティック社長ホルガー・フロンメ氏に紹介される。
 オルトフォン・ジャパン ブースで新忠篤さんの講演、新発売SPU−85アニバーサリーGE
 を予約。
 
 
 
 
 
 


03年10月5日(日) 
 駒木佐地子ピアノ教室の発表会を聞きに鎌倉パークホテルに行く。
 今回のテーマはピアノデュオで大勢の生徒さんに囲まれて暖かな雰囲気で楽しいひと時を
 すごしました。
 次回が楽しみです。
 
 
駒木佐地子さんのコンサートのパンフレット
 
 
 


03年10月5日(日) 
 アバンギャルド・トリオが入ってからアバンギャルドになり3部屋の内装塗装が終わりました。
 ようやく音楽を聴いています。究極のスピーカーです。
 メーカーではロー/ミッドホーンの間隔を2m以上あけた場合はツイーターは内側にし、
 最低でもミッドホーンの間隔が1.7m以上取れない場合はツイーターは外側が指定されている。
 我が家では内内1.95mでギリギリです。バスホーンは90Hzでクロスを選びました。
 
 
 


03年9月27日(土) 
 ついにアバンギャルド・トリオ+4バスホーンが入りました。音だしの後ごらんの状態です。
 
 
 
 

03年9月24日 
 塗装終了。笑わないでください。これもベネトン・カラーです。
 
 
 

03年9月21日
 DIY:オーディオの引越しのついでに部屋のペンキ塗りを始める。ベネトンカラーで天井と
 ドアーが終了。
 壁面の色はお楽しみ。
 
 
 
 
03年9月18日 
 先週25年使った金田明彦氏設計DC50W−50W A級パワーアンプの音がおかしくなり
 修理依頼。16日修理完了。
 温度保障のTrが駄目になりドライバーの2SC1161と2SA653の交換でした。
 25年前に電源、線材、配線方向などによる音の違いを金田さんと音研の小泉永次郎さんとが
 検討した作品。
 川崎の中江塗工に頼んだIBMブルー25年経っても錆びも剥れもありません。
 
 

03年9月15日 
 新しくアバンギャルド・アコースティックのスピーカーが27日に入るので
 ランシング・シャラ−ホーンの移動を始める。アンプ等の組み合わせ変更が大変です。
 
 


03年9月13日 
 サントリーホールにイツァーク・パールマン、ロハン・デ・シルヴァ(P)ヴァイオリン・リサイタルを
 聴きに行く。
 至福の時間をもてました。
 


03年9月8日(月) 
 WE49アンプの出力トランスの断線。古い物なので仕方ないが購入時より時々出ていた
 ノイズの原因が解り、購入のエルタスに修理依頼。本日綺麗に調整修理されてきた。
 


03年9月6日(土) 
 横須賀ジャズ喫茶「キャビン」での「暮れ六ツ」のライブを楽しむ。
 
 
キャビン・マスター芝田さん
03年8月29日 
 横須賀プリンスホテル・トップ オブ ヨコスカにてジャズ ライブを楽しむ。章まりこ(Vo)、
 千葉京子(P)、小林展明(Bass) 生の温度感を音を意識しないで飲む。
 
 
 
 

03年8月19日 
 30年間使ったJBL4350WXのウーファーエッジが2回目の劣化。
 2230の変わりにProject K2用の1500LAに付け替えました。
 94dBとやや能率が高いですがそのぶん4350の重い感じから開放されます。
 私の場合音の評価は最低い1ヶ月かかります
 
 


03年8月17日
 PCM放送ミュージック・バード、ジャズ8の収録に太田俊ディレクター、寺島靖国さん、
 オーディオ・ジャズ評論家長澤祥さん、ジャズ・オーディオ評論家田中伊佐資さんが来館。
 オーディオ再生とジャズ喫茶メグと我が家に入るアバンギャルドスピーカーの話で盛り上がった。
 9月土曜日午後4時よりの寺島靖国PCMジャズ喫茶にて2時間放送で4週に渡り放送されます。
 
 

03年6月15日
 最終回YMCAコンサート(アイエー出版「ラジオ技術」誌後援、新忠篤さん構成・進行)
 SPレコードの録音芸術と一発録音の演奏の凄さがよく分かったコンサートでした。
 カザルス/バッハ:無伴奏チェロ組曲第2番とコルトー/ヴィヴァルディ=バッハ
: オルガン協奏曲ニ短調が感動でした。
取り壊し直前の御茶ノ水YMCA
レコードに真剣に針を降ろす新さん
ラジオ技術誌編集長の河口治彦さん
WE594A+31Aホーン
WE300Aアンプ
03年4月28日 
 シャモニール白馬にて「寺島靖国に逢わずして死ねるかコンサート」が富山ジャズクラブ主宰
 で開かれる。
 WE15Aをメインとしたシステムでとろけるようなヴォーカルを聴き関東からのオーディオ
 エンス7人との親交を交わした。
 
 
 
 
 


 03年2月5日
 レコード漁りに昨年オープンのROOT廃盤専門店に行く。
 新宿のコレクターレコードが閉店後,岡さんと一緒に働いていた大原さんが岡さんの意思を
 継いで水道橋駅より歩いて3分の所に開業。
 SPレコード、Vディスク、トランスクリプションなども置いてあり良い音で試聴できます。
 
 

 03年1月26日安原顕さんの通夜にて。タバコを持った写真、安原さんらしい!
 
 
 
 

  葬儀後の仲間を失ったPCMミュージックバード・JAZZチャンネルの面々と。
 左より太田ディレクター,村井康司さん、笠井隆さん、後藤雅洋さん、前園俊彦さん、
 杉田宏樹さん、行方均さん、寺島靖国さんと小生。
 ミュージックバードでヤスケンさんの追悼番組をやるそうです。
 是非聞いてください。
 
 
 
 
 
 
 
 
 最新へ