2004年3月 2004年7月〜
 過去帳へ
 
 
 2003  1月  2月 3 月  4月  5月  6月  7月  8月  9月  10月  11月  12月
 2004  1-3      4-6      7-9      10-12    
 2005  1-3      4-6      7-9      10-12    
 2006  1-3     4-6       7-9      10-12    
 2007  1-4       5-9           10  11-12  
 2008  1-3      4-5    6  7  8  9  10-1 10-2  11  12
 2009  1-1  1-2  2-1  2-1  3  4-1 4-3 5-1   5-2 6-1  6-2  7-1 7-2 8-1 8-2  10-1 10-2  11  12-1 12-2
4-2  5-3 6-3  6-4
 2010  1  2  3  4-1 4-2  5-1 5-2  6  7  8  9  10  11-1 11-2  12
 2011  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11-1 11-2  12
 2012  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11-1 11-2  12-1 12-2
 2013  1-1 1-2  2-1 2-2  3  4  5  6 7-1 7-2  8  9  10  11-1 11-2  12-1 12-2
 2014  1  2  3  4  5  6  7-1 7-2  8  9  10-1 10-2  11  
                         
 
音楽の楽しみ
 2004.4〜6
04年6月27日(日) 
 兵庫県明石市より須藤さんが来館。本当に皆様オーディオに燃えていて嬉しくなります。
 
 
 

04年6月20日(日)
 福岡からお一人、福島から東京の友人と一緒に三人、オーディオ談義が最高でした。
 福岡のDW’sのメンバー どんたくさんには今後我が家の試聴用ソフトになるCDRを頂きました。
 
 
04年6月15日(火)
 Burmester 808 Preamp のMMPhonoモジュールがおかしくなり中古購入したマツシタHiFiに修理を頼む。
 輸入代理店の株式会社ノアが以前の代理店で販売した機種を修理拒否。
 このような環境でブルメスターの中古価格が破壊されているのだろうか。
 何か代理店契約の意味を履き違えがあるようで不愉快な思いをした。
 念のためモジュールを見ると3箇所のはハンダ着けがてんぷらになっていた。
 ブルメスターは外見だけのハイエンド・オーディオ(?)と判明した。
 
 
 


04年6月12日(土) 
 ダブル・ウーファーズの紫音♪さんのお宅にジャズオーディオライターの田中伊佐資さんと
 紫ならぬブラックの音を聴きに行く。 帰りにはしっかりToni Braxton のCD 「SECRETS」を持っていました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

04年6月6日(日) 
 オーディオ・ビジュアルの元気なサイト、Dejaveの若い集まりに参加しました。
 東京芸術劇場で「日本フィルできく美しい日本のうた」 編曲と指揮 南安雄、構成 楢大樹 
 を皆で鑑賞、感動の涙!その後の食事会が楽しかった。その後安西宅を是佐さんと訪問。
 皆さんとの再開が待ち遠しい。
 
 
 
 
 
 
 
 
 


04年5月29日(土) 
 JBLの部屋のセットを終える。エレクトロボイスのチャンデバの使用が又音力を増す。
 ついでにランシングとRCAスピーカーの所もいじる。
 
 

04年5月26日(水) 
 エイフル・オリジナルWE212シングルアンプの導入が決まり装置の配置変更を始める。
 ついでにJBLの部屋も変更。
 
 
 


04年5月23日(日) 
 エイフルのオリジナル・WE212アンプの貸し出しをお願いする。
 アバンギャルドのメインアンプとして決定しそうです。
 我が家のゴールデンイヤー犬ジャンレノも合格点らしく熟睡していました。
 
 
 

04年5月22日(土) 
 東京アムトランスの帰りマツシタHiFiに寄る。
 丁度エレクトロボイス・パトリシアン600で聴くジャズレコードコンサートをやっていてワインをゴチになる。
 土曜日半日、だいの大人がタダで過ごせた。
 
 
 


04年5月22日(土) 
 午後4時よりのアムトランスでの新忠篤さんのミニコンサートに行く。
 今回はラジオ技術6月号に発表のWE205シングル・ステレオアンプで機械吹き込みのSPで
 ヴァイオリンを聴く会でした。 機械吹き込みのSPは電気再生がベストかなと認識しました。
 
 
 
 
 


04年5月16日(日)
 田無にて柳沢正史さんの還暦記念真空管アンプ試聴会が開催される。
 さすがにCM製作者で選曲とスピーチの妙でオーディオの音を意識せずに音楽を楽しめた。
 MJ誌発表の6336B-SEPPアンプ,STC4212Eシングルアンプでオンケン・ハーモカプリス・ベータを
 柳沢サウンドで色っぽく鳴らした。
 
 
 
 
 
 
 「無線と実験」誌で有名な方々と
奥様と
04年5月12日(水) 
 狭山のエイフルに初めて行く。
 宝の山でこれだけのパーツがあってはじめてヴィンテージ物の整備が出来るのだと知った。
 その後エイフルのお客さんで蕪(カブ)長者の寺島儀巳さんが畑の中に作ったオーディオ館に行く。
 スタインウェイのフルコンが小さく見える空間にWE594+24Aホーンがジャズを気持ちよく聞かせてくれました。   
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


04年5月1日(土) 
 横浜DeeBee’sにレコード漁りに行く。
 さすがに日本一のオリジナルレコード店で状態の良い品揃えと何時も変わらない価格設定、
 何時もか変わらない再生でオリジナル初心者は是非行くと良いと思う。
 
 
 
 


04年5月1日(土) 
 吉祥寺メグの恒例レコードオークションに行く。少人数で和気藹々と安くレコードを落札する。
 DeeBee’sとディスクユニオンで餌箱漁りしたばかりなので安心して参加出来た。
 
 
 
 
 
 

05年4月24日、25日 
 ダブルウーファーズ・クラブの例会が真鶴リベロ邸その後のオプションが我が家と紫音邸にて開催。
 沢山のDW好きが集まった。残念ながら私は深夜途中参加で半数以上が帰宅後の参入となったが深
 夜までリベロ宅のFujiyamaシステムを楽しんだ。
 追込みが素晴らしく巨大システムに拘らず繊細な面まで再生をされていた。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


04年4月16日(金) 
 鎌倉芸術館に駒木佐地子Lifeコンサート「喜び」を聞きに行く。
 素晴らしい演奏、選曲、演出で心温まる時間を持てた。共演 長畑圭昭(バレエ)、石塚千恵(ヴァイオリン)、
 浦井勝美(チェロ)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


04年4月14日(水) 
 午前の仕事を終えて埼玉吉川の『カマニ』にハイエンドオーディオの修行に行く。
 私の知らない世界がいっぱいあり、またまた燃えました。私が20代の頃目指した可能な限り最高のもの
 (そんなものは限が無い)で最高の美(幻想?)を求めたい気持ちになりました。。
 
 
 


04年4月9日(金) 
 寺島靖国さんが現在使っている電源ケーブル(ヒロミュージック TEL 03-3490-8105)を3月に購入、
 結果が良いのでピンピン系を同社の物に変えて見る。困った!S/Nがずっと良くなり音楽に没頭出来る。 
 金額が金額だけに一度元に戻してクールダウン。禁断症状が出たら再考するつもりです。
 
04年4月5日(月) 
 寺島靖国さんの助言でCDプレーヤーをバークレーに変更。音の見晴らしが良くなりました。
 
 
 
 

04年4月4日(日)
 ピンキー・ウインターズのNewアルバム「Rain Sometimes」を製作したBill Reedさんと
 Jun Katoさんが来館。Billさんはレコード・コレクター誌に時々投稿されいる有名な音楽評論家、製作者です。
 
 
 
 
 
 

 2004年3月 2004年7月〜