2004年9月 2005年1月
 
過去帳へ  
 
 
 2003  1月  2月 3 月  4月  5月  6月  7月  8月  9月  10月  11月  12月
 2004  1-3      4-6      7-9      10-12    
 2005  1-3      4-6      7-9      10-12    
 2006  1-3     4-6       7-9      10-12    
 2007  1-4       5-9           10  11-12  
 2008  1-3      4-5    6  7  8  9  10-1 10-2  11  12
 2009  1-1  1-2  2-1  2-1  3  4-1 4-3 5-1   5-2 6-1  6-2  7-1 7-2 8-1 8-2  10-1 10-2  11  12-1 12-2
4-2  5-3 6-3  6-4
 2010  1  2  3  4-1 4-2  5-1 5-2  6  7  8  9  10  11-1 11-2  12
 2011  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11-1 11-2  12
 2012  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11-1 11-2  12-1 12-2
 2013  1-1 1-2  2-1 2-2  3  4  5  6 7-1 7-2  8  9  10  11-1 11-2  12-1 12-2
 2014  1  2  3  4  5  6  7-1 7-2  8  9  10-1 10-2  11  
                         
貴方と夜と音楽とオーディオ
 2004.10〜12
04年12月29日(水)
 Jazz喫茶メグにて岩浪洋三さん『ジャズ・ワンダーランド』を楽しむ。
 PCMジャズ喫茶の200歳トリオがお揃いで放送の延長が聞けた。
 
 
 
 
 
 
 


04年12月26日(日) 
 我が家に数寄者が集まり暖かい時間が流れた。
 
 
 


04年12月25日(土) 
 アムトランス・ショウルームでの今年最後の新忠篤さんのミニコンサート。
 今から80年以上ラッパ吹き込みによるベートーべンの交響曲を第5番、7番,8番、9番がどんな演奏で
 どんな音で録音されているか新さん製作WE211アンプ、WEのスピーカーで聞きました。
 その後新さんを囲む忘年会が盛り上がりました。 
 
 
 
 
     
             
     
             
     
             
     
             
     
             
 
 
 
 

04年12月18日(土)  
 マツシタHiFiで酒を飲みながらのJazzレコードコンサート。
 その後近くのJazz喫茶Cabinでデキシーランド・Jazzを楽しむ。
 
 
 
 
 
 
 

04年12月11日(土) 
 メグの仲間、松下さん、吉田さん、牧野さん、古屋さんが遊びにきました。 皆さんジャズ燃焼中です。
 
 


04年12月4日(土) 
 金沢市文化ホールに娘が出演する「北陸大学室内管弦楽団 第12回定期演奏会」を聴きに行く。
 入学前に楽器に触れていない部員がほとんどと言うことですが熱意が演奏に現われ最後まで楽しめました。
 まるで映画「スイング・ガールズ」です。
 
 
 
 
 
 
 
 

04年11月30日(火)
 ヨコスカ・ベイサイド・ポケットにあの寺島靖国さんがべた誉めの今評判の
 山中千尋ニューヨーク・トリオを聴きに行く。私には良さが解らず半分以上寝ていました。
 時にレニー・トリスターノ的サウンドが聞こえていました。
 一応最新CDの「Madrigal」も買ってきて聴いていますがうるさいだけです。(個人的評価です)
 大西順子以来日本では日本人女性プレーヤーがもてはやされます。誰がこのブームを作るのですかね。
 
 
 


04年11月27日(土) 
 アムトランス・ショールームに新忠篤さんのミニ・コンサートに行く。
 今回は「ラジオ技術」12月号に掲載された56−12A−211のフィラメント電源とB電源が半波整流のアンプと
 「古典球アンプの作り方、楽しみ方」Uに掲載の845シングルをバイアスに変えて211シングルにしたもので
 300B-300B-211のフィラメント電源がブリッジ整流とB電源が両波整流のアンプの聴き比べをしました。
 明確に引き締まり方が変わります。
 
 
 
 
 
 
 


04年11月26日(金) 
 横浜赤レンガ倉庫 Motion Blue YOKOHAMA にSynchronized DNA(神保彰、則竹裕之)を
 聴きに行く。スピードと正確なリズムとパワーで熱く楽しんだ。
 
 
 
 
 
 


04年11月23日(火) 
 3組の来宅。オーディオ好きの会話が弾んだ。
川崎市の日置さん,台東区の堀内さん,江東区の一色さん,品川区の三方さん,逗子市の後藤さん
04年11月20日(土) 
 よこすか芸術劇場に今人気の横須賀出身 鈴木慶江ソプラノ・リサイタルに行く。
 演出・構成の悪さか音楽に乗る流れが無く、又劇場の照明機器のノイズが大きくソロ・リサイタルを聞くS/N
 環境ではなく残念だった。次回を期待したい。
 
 


04年11月17日(水) 
 中野光座に劇団 新転位・21を観に行く。
 知人の西村いづみさんが主役で作・演出 山崎哲 「齧る女」ー東電OL殺人事件ー。
 面白い! 11月22日まで演っています。
 
 
松下さん、西村さん、中山さん、柳沢さん、私
04年11月13日(土) 
 以前イタリアF1グランプリ観戦に御一緒したポルシェ・フリークの細谷教雄さんが奥様とオーディオ修行に来館。


04年11月6日(土)  
 市内より杉山さん、斉藤さん、岐阜より車でMamboさんが来館。
 Mamboさんから氏が製作に参加した”ソンコ・オマイジュ 魚眠洞ライブ”のレコードを頂いた。
 
 
 


04年11月3日(水) 
 横須賀芸術劇場審議役 田村勝弘さんと読売新聞文化部記者 宮下博さんの訪問を受ける。
 宮下さんはステレオサウンド誌No.146号のレコード演奏家訪問[25]に登場したB&W Matrix 800や
 ゴールドムンドをお使いのオーディファイルです。
 田村さんよりZeiss Ikonのアンティークカメラを頂いた。カメラ収集への誘いには乗らないつもりです(笑)
 
 

04年10月30日(土) 
 ジャズ喫茶MEGにてジャズ漫画巨匠ラズウェル細木さんの「ときめきJAZZランド」
 ブルーノートかけまくりコンサートに行く。以前より大好きな氏に初めてお逢いできた。
 
 吉祥寺MEG  
 
時間どうりには開店しません   開くのに勇気の要る怪しいドア
 
     
 
Jazz Bar 2004のジャケットどちらかに
決まりそうです
12月10日頃発売
  客入りに心配そうな新井さん
 
 
緊張のラズウェルさん
ブルーノと系譜漫画
景品の色紙
何時もの毒舌絶好調
 
ラズウェル細木さんと
寺島さんと
 


04年10月24日(日) 
 吉祥寺メグでの友人、神代さんのオーディオを聞きに行く。
 その後メグでのメグの会連合vs横浜横須賀軍団持ち寄りCD、LP対抗戦に参加。
 初めての参加でルールも解らずなおかつアウェイな応援の違いで苦戦、何とか横浜横須賀軍団が勝ちました。
 私の対戦相手は見目麗しい女性で尚且つ私の反則で負けしました(手を出したわけではありません)
 メグのアバンギャルドは日本的な優等生の音になりました。
 何時までこの音でいるかわかりませんが興味ある方は聞きに行って下さい。
ジローさんの愛犬フェアーリ
ジローさんのオーディオ
 
 
 
 
 
 

04年10月23日(土) 
 鎌倉パークホテル、駒木佐地子ピアノ教室発表会に行く。
 5歳から83歳までの生徒さんが「世界の作曲家」のテーマで世界一周の音楽を聞かせてくれました。
 生徒さんが多いので出来ることです。 
 全国のケーブルテレビにて12月1日より「自分Life」という番組で2ヶ月間紹介されます。
 
   
   
   
         
   
         
   
         
 


04年10月14日(木) 
 JBL4350もどきのウーハー用に金田式アンプに代わりKRELL・KSA100を導入
 
 
04年10月9日(土) 
 茨城よりDouble Woofer's の地震、台風男の8BALLさん、金Bさん、鳥取より台風、
 地震女の里見ちゃん、
 横浜より紫音♪さん、ピンキーさん達が超大型台風に負けずに来館。
 嬉しいことに若いオーディオ狂いが増殖中です。
自分の家の音のほうが勝っていると言う顔です
Another world
音に酔ったか酒に酔ったか
 
紫音♪さん、ピンキーさん、vinvan、里見さん、ダイハードマンさん、金Bさん、8BALLさん
04年10月6日(水) 
 横須賀芸術劇場の審議役 田村勝弘さんのオーディオ訪問を受けた。
 氏は長らく東芝EMIの洋楽宣伝部におられて、クラッシックとポピュラーの担当をされてました。
 その後東京交響楽団副楽長を務め3年前より現職で横須賀に音楽文化を紹介して頂いています。
 田村さんよりなかにし礼著「天上の音楽・大地の歌」(音楽之友社)を頂きました。
 田村さんが東芝在籍中に撮った「偉大な芸術家たちの、仕事から離れた瞬間」のショットが素晴ら
 しいです。