2006年9月 2007年へ
 
 過去帳へ
 
 2003  1月  2月 3 月  4月  5月  6月  7月  8月  9月  10月  11月  12月
 2004  1-3      4-6      7-9      10-12    
 2005  1-3      4-6      7-9      10-12    
 2006  1-3     4-6       7-9      10-12    
 2007  1-4       5-9           10  11-12  
 2008  1-3      4-5    6  7  8  9  10-1 10-2  11  12
 2009  1-1  1-2  2-1  2-1  3  4-1 4-3 5-1   5-2 6-1  6-2  7-1 7-2 8-1 8-2  10-1 10-2  11  12-1 12-2
4-2  5-3 6-3  6-4
 2010  1  2  3  4-1 4-2  5-1 5-2  6  7  8  9  10  11-1 11-2  12
 2011  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11-1 11-2  12
 2012  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11-1 11-2  12-1 12-2
 2013  1-1 1-2  2-1 2-2  3  4  5  6 7-1 7-2  8  9  10  11-1 11-2  12-1 12-2
 2014  1  2  3  4  5  6  7-1 7-2  8  9  10-1 10-2  11  
                         
オーディオと音楽と
 2006.10〜
06年12月30日(土)
今年最後のオーディオ・オフ会。オーディオの大ベテランが集まった。
 
 

06年12月17日(日)
 吉祥寺『メグ』 メグの会 対 音の隠れ家一味の対抗戦。
 今回は前回のリベンジ、隠れ家がなんとか勝ちました。
 休憩時間に「メグの会」の三田真未さんと「ジャズ批評」発行人、編集長の松坂妃呂子さん共筆の
 『スタンダード・ジャズ短編小説集』の発売前サイン会が行われた。(私が無理をお願いしました)
 一枚一枚のJAZZレコードからどんな短編が綴られるか。
 
 
 


06年12月16日(土)
 横須賀「マツシタHiFi」のJAZZ・レコードコンサートの仲間と忘年会。美味しい料理と美味しい音楽、
 楽しい会話。 また来年が楽しみです。
 
 


06年12月15日
 Stereo Sound 2006 wintter 161号に『聴く鏡』の菅原正二さんがJBL DD6600エベレスト
 に関する手記を書かれている。
 インターナショナル・オーディオショウにDD6600エベレストを聴きにきたタモリが(「無責任ですよネ、
 スガワラさんは。聴きもしないで最初から私に”今回はすぐ買え!”というのだから」と詰め寄る。
 「あのネ、ぼく”試聴”して買ったもの、いままで何ひとつないの。全部”感”」さすがのタモリもこれには
 あきれた模様。 皆様に告ぐ。オーディオ機器は「試聴」して買ってはいけません。何故なら完璧な
 「試聴」などそもそもあり得ないからであります。
 「ピン」と来たものを求め、あとは自分で何とかすればいいだけの話です。)
 さすがは菅原さん!!氏の試聴会で感じましたが経験、感性、耳の良さと何より音楽が大好きな自分
 があります。
 私も沢山のオーディオ機器を買いましたが試聴して買ったのは伊藤喜多男さんのマンション事務所で
 オイロダインを聞いて購入を決めたときだけです。
 それも好い音とは思いませんでした。私が経験したことの無い奇妙な音だったからです。
 

06年12月9日(土) 
 SINATRA SOCIETY OF JAPAN 開催の5th BIG BIG BIG PARTYが招聘したPinky Winters。
 憧れの初来日、初演に参加させて頂いた。熟成したヴォーカルに涙しました。
音合わせ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

06年12月2日(土)
 北陸大学管弦楽団定期演奏会を聴くため金沢に行く。
 娘がコンミスの為緊張した演奏鑑賞でした。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

06年11月26日(日)
 吉祥寺と言えばジャズ喫茶と思われるでしょうが純粋なクラッシック喫茶もあります。
 『BAROQUE』は素直な音で美味しいコーヒー、追加注文は半額のサービスはありがたい。 
 
 
 

06年11月26日(日) 
 アナログ・オーディオの強い味方Audio Fab. Productsの20周年パーティーに招待される。
 吉祥寺MEGを貸切り、井上ゆかり(P)、平山織絵(Vc)、Maico(Vn)、水野直子(Vo)のセットと
 アカペラ・プレスのライブを楽しみました。オーディオから離れる時間も必要です。
 
 
 
 
 

06年11月20日 
 11月10日に鎌倉芸術館で駒木佐地子・吉川久子ジョイント・コンサートが行われた。
 ”鎌倉の四季と映画音楽”のテーマで懐かしい一時を過せました。
 
 
 

06年11月17日(金) 
 今一番燃えているJAZZ雑誌”ジャズ批評"135号『愛しのジャズ10インチ』に投稿。
 ジャズオーディオマニアの立場で3枚を推薦しました。クリスマスの頃に発売されます。乞うご期待。
 134号の『私の好きな一枚のジャズレコード』でも原稿を頼まれましたが一枚に絞れずお断りしました。


06年11月17日(金)   
 鎌倉の友人、河野 元さんのピアノリサイタルが浜離宮朝日ホールで07年1月8日(祝)行われる。
 15年ぶりのリサイタルでショパンの練習曲、前奏曲を弾かれる。
河野 元(ピアニスト)
■ 国立ベルリン音楽大学を首席で卒業。
■ 同大学100周年記念音楽祭に抜擢され出演、 エリ−ザベト・シュヴァルツコップの伴奏も務める。
■ 第30回日本音楽コンク−ル第2位。
■ 第1回ヴァン・クライヴァ−ン国際ピアノコンク−ル特別芸術家賞受賞。
■ ベルリンシンフォニ−オ−ケストラ、NHK交響楽団等と共演。
■ 元、フェリス女学院大教授。 
■ 鎌倉市在住。趣味はオーディオ、骨董、アンテークランプ、車、DIY
06年11月10日(金)  
 昨日上梓されたスリラー小説『ステーションの奥の奥』を筆者 山口雅也さんより贈られる。
 山口さんとは昔からの音楽仲間で、趣味の付き合いは好いです。
 
 
06年11月8日(水)
 発売されたばかりのZanden Digital signal conditioner MODEL DSC-1を試聴。
 ジッター等の影響が減少するのが良くわかる。小さい物なので自分の装置の間に入れて相性を確認して、
 元に戻れないなら購入するといいかなという製品でした。
06年10月29日(日)  
 富士通コンコード ジャズフェスティバル2006 デューク・エリントン・オーケストラをよこすか芸
 術劇場で聴く。
 なんとメンバーが2人(Tommy James [p],Barrie Lee Hall Jr.[tp])も代わっているのにアナウンス無し。
 会場で日本人が2人とことこ入場するのでびっくり。
 本来ピアノがリーダーのバンドが急に交代したピアニストで良い演奏が出来るわけがない。
 余りのらない演奏でした。
 ファンを無視した会場と主催者の常識を疑う。会場で買った最新のライブCDのほうが楽しい!!


06年10月28日(土)  
 つい先日、毎日新聞、レコード芸術誌、STEREO誌で紹介されたばかりのハード・グラスCD
 ”Extreme HARD GLASS CD”を試聴する機会を得ました。
 私の信条としてオーディオは一にソフト、二にスピーカー、三に人間(経験と感性)と思っています。
 10万円ちかくするソフトですがCDでこれだけの音がするのだ!という一生楽しむ一枚となる困った
 新製品です。
 オーディオマニアと自負する方、内容がクラッシクなので、それを知ったうえで是非注文してください。
 自信を持って推薦します。
 
我が家の装置で真剣に比較試聴をする福井さん、梅津さん、田村さん、西脇さん、諸石さん。
いい音を聴いて(ハード・グラスCDの)幸せな気分で、幻の焼酎でいっぱい。
 
 
 
 
 
 

06年10月16日(月)  
 井上陽水 コンサート 2006 −アンコール公演−in よこすか芸術劇場を楽しみました。
 数年前にも東京国際フォーラムに聴きに行きましたが、その時は終演後のパーティーに誘われ、
 握手をしてもらい感激でした。
 陽水の5年間の空白後のコンサートツアーは1999年9月よこすか芸術劇場が出発点でした。
 実に7年振りの横須賀です。
 
     
  本日の演奏曲
01.青空、ひとりきり
02.闇夜の国から 
03.なぜか上海
04.カナリア
05.夏まつり
06.心もよう
07.いつのまにか少女は
08.海に来なさい
09.飾りじゃないのよ 涙は
10.11;36LOVE TRAIN 
11.ワインレッドの心
12.リバーサイド ホテル
13.ジェラシー
14.新しいラブソディー
15.新しい恋
16.感謝知らずの女
17.長い猫
18.氷の世界
19.少年時代
アンコール:アジアの純真
       渚にまつわるエトセトラ
       夢の中へ
       傘がない

06年10月15日(日) 
 王子 北トピアに「シャンパンオペラ・こうもり」を観に行きました。
 開始から微笑み続けで観劇できました。
 企画構成から、キャストを選び抜いた結果が、このように多くのファンを捉えているのでしょう。
ロザリンデ役の宇佐美瑠璃さんと
   
   
06年10月14日(土) 
 第30回駒木佐地子ピアノ教室(鎌倉駅より徒歩10分)の発表会及びパーティーを楽しみました。
 
 
 

06年10月7日(土) 
 ハイエンドショウ東京と真空管オーディオフェアに寄りました。
Zanden Audio のブースでは高級感漂うCDプレーヤー、アンプ、アナログ・プレーヤーを聞かせていました。
中村製作所のノイズ対策つきステップアップトランス。ベンチャーズに頼まれて作ったそうです。
音の市さんのブースは必ず欲しいものがあります。
松並さんのブースはさすがに試聴会慣れしていて音楽が聴けました。
サン・オーディオのフランス製フルレンジ・スピーカーが良く鳴っていました。
06年10月2日(月) 
 友人の駒木佐地子さんの演奏が第一回鎌倉芸術祭で聴ける。 
 吉川久子・駒木佐地子ジョイントコンサート“鎌倉の四季と映画音楽”が11月10日(金)に
 鎌倉芸術小ホール13時30分より開演される。 
 
2006年〜9月 2007年へ