2008年10月へ 2008年12月へ
2008.11~
 
過去帳へ  
 
 
 2003  1月  2月 3 月  4月  5月  6月  7月  8月  9月  10月  11月  12月
 2004  1-3      4-6      7-9      10-12    
 2005  1-3      4-6      7-9      10-12    
 2006  1-3     4-6       7-9      10-12    
 2007  1-4       5-9           10  11-12  
 2008  1-3      4-5    6  7  8  9  10-1 10-2  11  12
 2009  1-1  1-2  2-1  2-1  3  4-1 4-3 5-1   5-2 6-1  6-2  7-1 7-2 8-1 8-2  10-1 10-2  11  12-1 12-2
4-2  5-3 6-3  6-4
 2010  1  2  3  4-1 4-2  5-1 5-2  6  7  8  9  10  11-1 11-2  12
 2011  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11-1 11-2  12
 2012  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11-1 11-2  12-1 12-2
 2013  1-1 1-2  2-1 2-2  3  4  5  6 7-1 7-2  8  9  10  11-1 11-2  12-1 12-2
 2014  1  2  3  4  5  6  7-1 7-2  8  9  10-1 10-2  11  
                         
オーディオと音楽と
2008年11月29日(土)
 アムトランス本社1FオーディオショップAuditoriumにての新 忠篤氏による「ミニコンサート2008」。
 GIPラボラトリーの励磁型フルレンジスピーカーGIP4189を鳴らすために製作したパワーアンプ。
 WE95Aタイプの出力管50EH5プッシュプルで新製品の抜群の音質の入力トランスを使用。
 またパワートランスもファインメットと贅を尽くしたものです。
 製作記事は「ラジオ技術}2009年1月号(12月10日発売)に発表されます。
 フィールド電源は「ラジオ技術」12月号掲載のWE製ブリッジダイオード使用のものです。
 ソフトはグッディーズから発売されているダイレクト・トランスファーCDRで
 世紀の名演奏SPをスピーカーとピッタリのアンプで音質ベストの状態で再生されました。
 グッディーズでは現在168枚とカタログアイテムが増えています。
 関心のある方はhttp://hwm3.gyao.ne.jp/goodies/78cdr.html に詳細があります。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2008年11月27日(木)
 今年最後の最高なコンサート。『カリスマ、ゲルギエフがプロコフィエフ・チクルスに挑む!』
 ロンドン交響楽団、タチアナ・ヴァシリエヴァ(Cello)をサントリーホルに聴きに行ってきます。
 
 
 
 

2008年11月25日(火)
 BLUE NOTE 4151盤より4300番まで更新
2008年11月18日(火)
 BLUE NOTE 4000番から4150番のジャケット写真を更新しました。
 
 

2008年11月15日(金)
 よこすか芸術劇場で「FURAMENCO 曽根崎心中」を鑑賞。
 心中を美化するこのストーリーには抵抗を感じるが約2時間のフラメンコtime。
 何も考える必要なく視覚と聴覚を楽ませてくれたFURAMENCO 最高です。
   
   
   
2008年11月14日(金)
 ジャズ批評『ジャズ・ヴォーカル最新読本』のお題 《国籍、性別、年齢を問わず、「いいジャズを歌っているなぁ」
 というアーティストを紹介いたします。1980年以降にも個性あふれるヴォーカリストがたくさんデビューし、
 CDを製作し、うまい! と思うアーティストを3人(アルバム各1枚)を推薦ください。》
 私の好きな下記のCDからこの3日間でどれを推薦したかはジャズ批評を購入して確認してください。
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     


2008年11月11日(火)
 12月24日発売のジャズ批評『ジャズ・ヴォーカル最新読本』に投稿するため
 このCDの中から選ぶため聴き漁っています。
 

2008年11月10日(月)
 本日のコンサート。楽しみです。
 
 
 
 

2008年11月9日(日)
 マショマロレコード主宰『上不三雄』氏による「秘蔵画像コレクションとともに」に参席。
 DVDをお忘れになるハプニングがあったが、音楽映像にあまり関心の無い私としては助かった。
 氏の豊富なJAZZアーティストとの関わり、思い入れで出されているCDを聴きながらのお話、
 CDの聴き方、感じ方が変わる。また抽選で素晴らしい景品をいただき恐縮。
 上不さん命のファンが多いようで私みたいな門外漢が参加すると浮いてしまう。
 
 
 
頂いた景品のマシュマロレコード最新作の『Lennie's Pennies /Yoichi Hirai Sextet』
と貴重な1990年「Eric Dolphy JAZZ Calendar」
 

2008年11月8日(土)
 板橋よりのクラッシック・オーディエンスN氏の訪問。
 コンサートが主の方で、オーディオでの違った味わいを感じていただきました。
WE15B中心のシステムで
アヴァンギャルドで
 

2008年11月7日
 今日は私の誕生日、
 『茶蘭花』でアフターアワー。
 
 

2008年11月7日(金)
 ジャズ批評誌の『ジャズ・オーディオ対談』
 今回はMJ誌などで真空管アンプ製作記事や映画音楽の歴史を書かれている柳沢正史さんとの
 映画音楽を中心に語ってもらいました。12月発売のジャズヴォーカル特集号です。
 

2008年11月6日(木)
 BLUE NOTE 5000番台、7000番台10インチ盤の更新を終えました。
2008年11月5日(水)
 BLUE NOTE 1500番台のジャケットを入れ直しました。


2008年11月1日
 芸術の秋。『ル・ジュルナル・ド・ショパン1810-1849 ショパンの音楽日記』
 東京オペラシティ コンサートホール 2008.11/27.28.29.30
 ジャン=フレデリック・ヌーブルジェ、イド・バル=シャイ、フィリップ・ジュジアーノ、児玉 桃、
 アンヌ・ケフェレック、アブデル・ラーマン・エル=バシャ 6人のピアニストが競演。
 宿泊しても聞きたい演奏会です。
2008年10月へ  v2008年12月へ