2009年7月21日 2009年8月1日
 過去帳へ
 2009.7
2009/07/31 (金)
 昨日セットし終わったGOODMANS AXIOMS-301+RCA MIホーン。
 女性ヴォーカルが嵌る。
 マランツ7C+マランツ8Bとの組み合わせも嵌る。
Paradise / Laurie Allyn [V.S.O.P MZCS-1124]
Taking A Chace On Love / Jane Monheit [SONY CLASSICAL SK 92495]
 
2009/07/30 (木)
 GOODMANS AXIOM-301を鳴らしてみようと思う。
 裸ユニットでチェック。 高音の響きが良い音が出るような予感をいだかせる。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
RCA MI-447/1425-A トーキーホーンにつけたJBL D123の変わりに付けてみる
 
 
オーディオの神様が微笑んでくれたピッタリサイズ
取り付けネジもこれで苦も無く締めれる
RCAのホーンの能力を知りたいのでオリジナル通り密閉で使ってみる
英国製グッドマン特有の高音の響きと
RCAホーンのホーン臭さがあいまって
丁度、知人宅WE16A+WE555が出す鉄板の響きを伴ったホーンの音に近い印象で面白い

 
2009/07/29 (水)
音覚の成長というのがあるのだろうか。

 味覚で言うと、舌が敏感にききわけられる感度は、辛味、酸味、甘み、塩味の順番となっているそうです。
 これらのハーモニーが味です。
 子供の頃に辛くて食べられなかったのが成長とともに食べられるようになる。 
 味覚と共に視覚でも食べられないものもある。
 大人になっても嫌いなものがあるし、若い頃にその美味しく旨さが判らなかった個性的な品が
美味しく感じる。 経験が味覚を研ぎ澄ます人、いくら経験しても味音痴な人もいる。 
 ボリュームさえあれば味には文句を言わない人もいるし、安くて旬なものならオイシイと思う人、
 高級品なら味は判らなくてもオイシイと思い込む人もいる。 
 これらを音に置き換えたら面白い。
 音の表現をいろいろな評論家の文章からピックアップしてみると面白い。 
 佇まい、弾力性、軽やか、膨らみ、質感、ハーモニー、ナチュラル、トゥッティが駆け上がる、
 艶やか、美しい、痩せない、鳴りっぷり、見通し、空間表現、低域が豊か、ハイスピード、
 媚薬のような、清澄な、色香、ピンポイント、淡い、鮮烈、パースペクティヴ、散在、  
 機敏、闊達、若やいだ、広大な、滑らか、大人っぽい、元気な、ガラス細工、繊細な、
 ポッと浮かび上がる、バランス、量感たっぷり、リアル、質感表現、低音の塊、噴出、
 強烈な一撃、極めて、俊敏、ダイレクトな音、強固、太目の弾丸スパイク、安定感、
 スピード感、音の要、胸のすくような音、威風堂々、ゴージャス、リッチ、聴き手を包み込む、
 まとまりのいいサウンド、虜、一種独特な魅力、危ないまでの描写力、周波数レンジ的、
 ダイナミックレンジ的、超HiFi的、空気感、音のエネルギー感、太いエッジ、生命感、
 火花を散らす、スピーカーがキリキリ舞い、倍音成分の輝かしさ、金粉が飛び散る、
 華麗、さりげない、微粒子音、ナローレンジ、実体感、晴れやかな音、円熟した柔らかさ、
 濃密な美音、クリーミー、音楽を聴き惚れさせる、包容力、法悦に似た境地、滋味と確信、
 秀麗細密、悠然と、深々と色濃い、迫真のリアルティー、魂が宿る、荘厳な音、
 地を這うような低音、エネルギーの塊、重厚なパーフォーマンス、抜群な音離れ、
 鋭角に音が立ち上がる、迫真のリアルティー、深々と奏でる、恐ろしいほどの低音、
 腰の座った、瑞々しい、美的に調和、音階が明確、音の立体感、音数の豊かさ、
 翳りもあり堂々と、張りと闊達さで生き生きと、浸透力のある、柔軟な肌合、
 親しみやすく鳴らしやすい、音場の静寂感、声の暖かさ透明さ、ff での伸びやかさ、
 緩みなく凛とした、人肌の穏やかな膨らみ、木質の膨らみ、緩みなく鮮やかな切れ込み、
 浸透力に満ちた強い表現、張りのなかにも柔軟な肉感、冬の朝に霜柱が立ったような、
 ノイズフロアーのほぼ消滅、ローレベルの繊細さときたらえぐりだすように深く、
 弦をミュートすると静けさは暗黒のように闇で、音の粒子が、いや音の分子が飛び散り、
 ロングトーンは空間に染み渡ってゆく、悩ましいほど美しい、音像はブ厚く、
 とろけるような丸みのある音、顔に突き刺さるように飛び出してくる、

続く


Rodney Graham
Tony Oursler
Vanessa Beecroft

2009/07/29 (水)
 先日、英国GOODMANS/グッドマン アキシオム 301 2本1組 完動美品英国製を34,800 円で落札。
 1972年発刊のSTEREO 誌別冊のデーターを見ると当時の価格に近い。
 現在古いオーディオが高価に落札されているが、これは現代オーディオ製品がだらしないのか
 余りに高価になったためか。
 特にスピーカーユニットを販売するメーカーがほとんど無くなってオーディオの楽しみが激減している。
 
 
 

2009/07/28 (火)
 寺島レコードに文句の言いついでにアナログレコードのジャケット。
 違いをつけるにしてもこのデザインは無いと思うが。
 音はCDとは又違う悪さでモコモコ。
 ただこれは私のオーディオでの評価なので私の装置が悪い為かもしれない。
またまた文句言いついでにCDジャケット、ライナーノートを入れる所が無い

2009/07/28 (火)
 古いアンプの掃除を始めた。
 BBC 3/1モニタースピーカーに組み込まれていたアンプで標準的な音がする。
 (この普通の音でつまらなくない音を出すのが難しい)
 流石の英国製、ハムノイズが皆無.
 音がいい古いモノもある一方、先日購入した最新録音のCD、劣悪な録音で1曲として通して聞けない。
 録音が悪いと演奏まで粗雑に聴こえる。
 お薦めできないCDだ。
 
 
 
 
 
 
 
The Snapper / Akira Matuo New Frontier Quintet
[TERASHIMA RECORDS TYR-1013]
松尾 明(ds) 谷殿明良(tp) 高橋康廣(ts)
寺村容子(p) 嶌田憲二(b)

このCDの録音が最高だと言う人が必ずいると思う
寺島靖国氏のイエスマンが居るんです
Maurizio Cattelan
Wilhelm Sasnal

2009/07/27 (月)
 『柳沢正史・第8回真空管アンプで音楽を聴く会』のお知らせです。
 ご都合が宜しければぜひこの日を明けておいて下さい。
------------------------------------------------------------------------------------------
 [単行本出版記念] 当日予約された方に抽選で真空管アンプを1台(1名)進呈。
------------------------------------------------------------------------------------------

「MJ無線と実験」誌に発表した真空管アンプで、Jazz,Classic & etc.のCDとレコードを聴いて頂く会です。
 今年もジャズの生演奏を予定しています。
 お楽しみ抽選会もありますので、皆様お誘い合わせの上ご来場ください。 
 (先着10名様に6L6GCをペアでプレゼント/12時~)
 [第一部] CD、LPを聴いて頂きます。
      英国製真空管で統一した
     「STC 12E1 トランスドライブ・プッシュプルアンプ(25W)」(MJ誌2008.05)
     「Tung-sol 5998 パラシングルアンプ(8.4W)」(MJ誌2009.03)
 [第ニ部] Jazz生演奏:"Gypsy Vagabonz"(魅惑の女性ヴォーカル)
 [第三部] CD、LPを聴いて頂きます。
 「真空管アンプによる2WAY マルチ再生」
      中・高音用 :「STC 12E1 トランスドライブ・プッシュプルアンプ」
      低音用  :「STC4212Eシングルアンプ(38W)」(MJ誌2002.8,9)
 [第四部]お楽しみ抽選会  
     ISOのトランス、フィルムコン、真空管など豪華商品多数。
 *今年からスピーカーが変わります。
 ●日時:9月13日(日)入場無料 12:30(開演)~16:45
 ●会場:「コール田無」西東京市田無町3-7-2 (0424-69-5006)
     西武新宿線 田無駅北口徒歩7分(田無神社隣り)
 ●懇親会:17:30~ ご希望の方はご予約をお願いします (\5,000)
 問合先:0424-88-0731(柳沢Tel/Fax) e-mail:yanadere@mxp.mesh.ne.jp
 ●下記アドレスに昨年の写真があります。 
 http://www.photohighway.co.jp/tp/100_f.asp?key=2154430&un=161824&m=0&pa=&Type=100

 ●交通
 JR高田馬場駅 西武新宿線乗換え 田無駅下車(急行15分)徒歩7分
 (西武バス)「吉祥寺駅」~「花小金井駅」行「田無三丁目」下車1分
 (関東バス)「三鷹駅」~「田無橋場」行「田無三丁目」下車1分 
 「コール田無」の地図は下記アドレスにあります。
 http://www.tokyo-icc.jp/relay_soudan/map_nishitokyo.html   ≪
『柳沢正史・第7回真空管アンプで音楽を聴く会』より
 
 

2009/07/26 (日)
 JBL L-300の片方がおかしい。
 ミッドドライバーが鳴ったり鳴らなかったり。
 分解してみる。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
流石に日本製、異常なし
このLE-85が原因
ただ裏蓋を開けるねじ山を潰してしまった
手持ちの175を代用する
 
しかしインピーダンスが16Ωなのでクロスオーバーに影響が出てしまう
 しかたなく自分でJBL LE-85をする
この潰れたねじ山
これで目立てにトライ
外せた
此処からは非磁帯のドライバーを使う
裏蓋を外すとこの状態
この頃のJBLはスポンジの耐久性など考えていなかったのだろう
ウーファーのエッジやL200等のフロントカバーにも使われていた
完全に劣化したスポンジ、凹みは私の指の跡
流しで擦り落とす
綺麗に落とし(此処が一番時間が掛かった)防振ゴムを貼る
ターミナルのネジも錆付いている
 
振動板は綺麗だ
此処が断線
半田付けをする
バックカバーを繋ぐ
ターミナルの向きを間違えてやり直し
一応修理完了

 

2009/07/25 (土)
 アムトランス主催『新 忠篤氏によるミニコンサート2009』に参加。 
 新さんのコンサートは得るものが必ずある。
 ≫今回はパワーアンプが210シングルアンプです(ラジオ技術7月号掲載)。
 210は1925年にRCA社が発表した4種のパワー管の中で最も大型で、高価なものでした。
 ファインメット・コアの1次14kΩの小型出力トランスを使用してこの透き通るような音味が楽しめます。
 またプリアンプはSPレコードからLPレコードまで無段階可変のフォノイコライザーを搭載した新作です
 (ラジオ技術8月号掲載)。
 久しぶりのSPレコード、LPレコードの生演奏とダイレクトトランスファーCDRや通常CD との同一録音の
 聞き比べをします。 ≪(アムトランスHPより)
 
CDプレーヤー
Marantz SA-11S1

レコードプレーヤー
ターンテーブル: ガラード401
トーンアーム:Ikeda IT-407
カートリッジ:PHILIPS GP-412 (ステレオLP) GE RPX047 (78回転SP)

①J.S.バッハ:無伴奏チェロ組曲第3番
ヤーノシュ・シュタルケル(チェロ)
日本フォノグラムFH-13
1965年12月New York録音
②COUNT BASIE AND THE KANSAS CITY SEVEN
第1曲 OH LADY BE GOOD
IMPULSE STEREO A-15

③ドヴォルザーク:ピアノ三重奏曲ホ短調OP.90
第3楽章
ボザール・トリオ
PHLIPS 416297-1
1985年録音
フォノイコライザー&ラインアンプ
オールオフ=0μsec,& 25μsec~100μsec連続可変
ターンオーバー=Flat & 250Hz~800Hz連続可変
CR型イコライザー、使用真空管:ECC83×2, WE396A×4, WE412×1 (ラジオ技術8月号掲載)

パワーアンプ
RCA210(10)シングル×2、WE396A×2、ファインメット・コア型出力トランス(ノグチ3WS-H)
出力=1.6W×2(ラジオ技術7月号掲載)

スピーカー
GIP Lab 3ウェイ励磁型
ウーファー=GIP4181(46cm励磁型ウーファー)+GIP7551ホーンバッフル
中音=GIP594+GIP403Bホーン
高音=GIP597Model 2

④パガニーニ:ヴァイオリン協奏曲第1番ニ長調OP.6
第3楽章
五嶋みどり(ヴァイオリン)
レナード・スラットキン指揮ロンドン交響楽団
PHILIPS 420 943-1
1988年録音
SPレコード (カートリッジ:GE RPX047)
⑤フバイ:クレモナのヴァイオリン作り~間奏曲
イェノ・フバイ(ヴァイオリン)、オットー・ヘルツ(ピアノ)
SYMPOSIUM 1013
1928年12月ブダペスト録音

⑥ベートーヴェン:チェロ・ソナタ第3番イ長調OP.69
第3楽章(2)
エマヌエル・フォイアマン(チェロ)
デイム・マイラ・ヘス(ピアノ)
米COLUMBIA 69083A (78回転SP)
1937年6月29日ロンドン、アビー・ロード第3スタジオ録音

⑦ウェーバー:アンダンティーノ
エマヌエル・フォイアマン(チェロ)
ジェラルド・ムーア(ピアノ)
米COLUMBIA 69083B (78回転SP)
1936年12月22日ロンドン、アビー・ロード第3スタジオ録音


⑧ラロ:スペイン交響曲OP.21
第1楽章
ブロニスワフ・フーベルマン(ヴァイオリン)
ジョージ・セル指揮ヴィーン・フィルハーモニー管弦楽団
日本コロムビア J8320AB (78回転SP)
1934年6月20日ウィーン録音
⑨CD
モーツァルト:ピアノ協奏曲第24番ハ短調K.491
内田光子 (ピアノと指揮)
クリーヴランド管絃楽団
ユニバーサルDECCA UCCD-1246 (2009年8月20日発売)
2008年12月4&6日クリーヴランド、セヴェランス・ホール録音(ライヴ)
このCDはお薦めですが8月発売です

2009/07/24 (金)
 本日のソフト。 
Chet / Chet Baker [RIVERSIDE RLP 1135]
A面 1曲目 Alone Together
Chet Baker(tp) Herbie Mann(fl) Pepper Adams(bs)
Bill Evans(p) Kenny Burrell(g) Paul Chambers(b)
Connie Kay(ds) Philly Joe Jones(ds)
Eric Dolphy At The Five Spot,Vol.1 [PRESTIGE 7611]
A面 1曲目 Fire Waltz
Eric Dolphy(as,bs) Booker Little(tp) Mal Waldron(p)
Richard Davis(b) Eddie Blackwell(ds)
Comme A La Radio / Brigitte Fontaine, Areski avec Art Ensemble Of Chicago
[SARAVAN SH 10006]
A面 1曲目 ラジオのように

 

2009/07/24 (金)
 ちなみに先日の夢のオーディオコンポ。
 スピーカーをWILSON AUDIO X-2 Alexandria Series 2 ¥21,756,000(税込) 発売:2008年3月
 にするとメインアンプがもう1台追加、ディバイダーも追加。
 センタースーパーウーファー(価格未定)にアンプが付いていなければ更にもう一台メインアンプ追加で
 総額二億円突破しました。

 おめでとうございます!!
ハイレンジ:密閉型
ミッドレンジ:バスレフ(リア)
ウーファー:バスレフ(フロント)
ドライバーユニット:
2.5 cm スーパートゥイーター × 1
2.5 cm トゥイーター × 1
18 cm ミッドレンジ × 2
33 cm ウーファー × 1
38 cm ウーファー × 1
能率:95 dB (2.83v at 1m)
インピーダンス:4Ω
周波数帯域:19.5Hz~22.5kHz (-3dB)
アンプ最小出力:20W / ch
寸法:W440×H1830×D670mm
重量:317 kg
+センタースーパーウーファー(価格未定)
2009/07/24 (金)
 本日のAudio Time。
 黄金の組み合わせに挑戦。
 当時のJBLハーツフィールドはクラッシック向けに作られたのではないかと思わせる音を出す。
 
 
 
 


2009/07/23 (木)
 昨日のオーディオ来訪。
 3回目の千葉からの「真空管の森田富雄」さん、大阪からの一京大喜さん、
小田原から渡辺裕之さん。 それぞれ個性の塊のような方たちが我が家のほとんどの
オーディオを聴いてくれ、私の音を感じ取ってくれました。
i 一京さんに頂いたCD 『Ave Maris / Angel Stream(千代正行 & 堀澤麻衣子)』
 本当に天使が舞い降りました。
 お薦めCDです。
 
 

2009/07/23 (木)
 昨日の夢の総計。
 168687500円(一億六千八百六十八万七千五百円)
 プラス・オーディオルーム制作費
Gillian Weaning
Olaf Breuning
Fred Tomaselli
Christian Marclay


2009/07/22 (水)
 新しく出来上がったオーディオルームに7月18日の小澤征二指揮『ヘンゼルとグレーテル』の音が
 消えないうちに
 現在買い得る最高価格のオーディオを購入してみる聴いてみたい。
 先ずはスピーカーシステムから。
 合計84005万円!!
KEF MUON
発売日 2007年11月
価格 ¥19,950,000(ペア/税込)
【SPEC】●型式:4ウェイ7ドライバー、密閉型
●ユニット:250mmコーン型ウーファー×4、250mmコーン型ミッドローレンジ、
165mm+25mm Uni-Qミッドハイレンジ点音源同軸
●インピーダンス:4Ω
●再生周波数帯域:25Hz~60kHz(±3dB)
●出力音圧レベル:90dB/2.83V/m
●クロスオーバー周波数:120Hz、300Hz、2.3kHz
●外形寸法:600W×2,000H×380Dmm ●質量:115kg

PAD
YEMANJA SPEAKER CABLE
¥3,150,000(税込)×4

価格は1.5m・ペア

【SPEC】●導体:複芯線マルチゲージ合金導体

 次にメインアンプを4Wayマルチで

GOLDMUND Telos 5000(ウーファー用)
  • Alize 7 D/A converter completely new designed to create a final resolution above 130dB
  • 16 separate high-power transformers developing a power close to 10'000 Watts
  • Transformers molded in an epoxy mix providing vibration and noise reduction
  • Maximum Instantaneous Power:
    • 1510W for 8 ohms
    • 3020W for 4 ohms
    • 6050W for 2 ohms
  • Maximum Continuous Power:
    • 1250W for 8 ohms
    • 2500W for 4 ohms
    • 5000W for 2 ohms
  • Maximum Continuous Current: 252A peak
  • Maximum voltage swing: 110V peak
  • Frequency Response:
    • +/- 0.1 dB, 0 - 300 kHz
    • +/- 1 dB, 0 - 800 kHz
    • +/- 3 dB, 0 - 2.5 MHz
  • Distortion: THD + N input stage analog: 0.0005% (1 Vrms input, 80kHz bandwidth measurement),
  • Bal or unbalanced in and for any input attenuation settings (flat with freq, 20Hz-40kHz)
  • Noise:
    • Signal to noise: >122 dB
    • A weighted: > 138 dB
  • Circuit Speed:
    • Slew rate: > 200 V/us
    • Rise time: < 200 ns
  • Outputs:
    • 2 x 5 way-binding post
    • 4 x balanced Goldmund speaker cable Lemo connectors
  • Inputs:
    • RCA analog unbalanced input
    • XLR analog balanced input
    • RCA digital S-PDIF input/output
  • Size and Weight:
    • 94 x 47 x 39 cm
    • Weight: 260 kg
    • 価格:38,000,000(現在予約キャンセル物あり)

GOLDMUND Telos 2500
■Power Nominal power :450 W RMS (2 -8 Ohms)
Maximum instantaneous power :2500 W RMS (8 Ohms)
■Frequency Response +/-0.1 dB, 0 -300 kHz, +/-1 dB, 0 -800 kHz. +/-3 dB, 0 -2.5MHz
■Input Sensitivity Nominal level :1.45 V RMS. Voltage Gain :29dB (adjustable).
Input impedance :10-52 kOhms.
■Group Delay Propagation delay < 100 ns stable with frequency from DC to 200kHz.
■Distortion Figures valid for all levels from 0 to 40 V / 8 Ohms :
Dynamic :TID < 0.01 % (-80 dB)unweighted.  Static :THD < 0.01 % (-80 dB)unweighted.
■Circuit Speed Slew rate :> 300 V/us. Rise time :< 200 ns.
■Noise Signal-to noise ratio :> 115 dB.  Weighted ASA A :> 130 dB.
■Power Supply Maximum power consumption : 2000W. Power used in standby :140W.
■Dimension/Weight W460 x H325 x D510 mm / 60kg
価格:13,500,000×3


NORDOSTODIN

¥2,625,000(税込)×4

価格は1mペア

【SPEC】●導体:銀コーティングOFC(導体1本1本を完全シールド) ●プラグ:ロジウム加工特殊コネクター

入出力完全バランス・ラインプリアンプ。
録音されたソースの細かな修正そして、それら音源の品位までもマイナス効果なしで
リニアライゼーションする画期的な
革命的な5バンドリニアライザーを搭載。
●ゲイン/最大入力レベル/入力インピーダンス:20dB/7.75V/100kΩ
●最大出力レベル/出力インピーダンス:18.5V/20Ω以下
●入力(Line,Stereo):バランス(XLR)x6
●テープ入出力(Stereo):バランス(XLR)x1
●出力(Stereo):バランス(XLR)x1
●電源:100V AC,50/60Hz
●価格:特注品(約1000万円)
BURMESTER 069
型式 トップ・ローディングCDプレーヤー
周波数特性

2Hz - 48kHz (2Hz - 88kHz:192kHzアップ・サンプリング時)

アナログ出力 XLRバランス端子(x1)、RCAアンバランス端子(x2)
アナログ入力 XLRバランス端子(x1)
デジタル出力 RCA端子(x1)、TOSLINK(x1)
デジタル入力 RCA端子(x2)、TOSLINK(x1)
歪率(THD) 0.001%以下
S/N比

104dB以上

出力電圧 4V(XLR)、2V(RCA)
外形寸法(最大) 本体 450(W)x160(H)x340(D)mm
電源部 482(W)x95(H)x340(D)mm
重量 本体 25 kg
電源部 9kg
価格 ¥7,140,000(税込)
【 MIMESIS 20 ME Alize 6 Limited Edition 主要スペック】
■コンバーター部 Alize 6 D/A モジュール
■デジタル入力 7 系統 SFDIF(RCA 75 Ω)AES/EBU(XLR 110 Ω)選択式
ST またはTOSLINK端子に変更可能(注文時 指定、最大5 チャンネルまで)
■アナログ出力 バランス:XLR× 1、アンバランス:RCA× 3
■デジタル出力 バランス:AES/EBU(XLR)×2
同軸:SPDIF(RCA)×2
■最大消費電力 55 W
■寸法・重量 440(W)395(D)125(H)mm /20kg
■その他 ゴールドムンド パワーケーブル(S) 付属
価格:5,700000


Caliburn Analogue Playback System
価格:17,000000円(税別)

FM ACOUSTICS FM222MKIII
¥4,935,000(税込)

【SPEC】●入力感度:0.25mV/0.079mV(+10dBセット時)@1kHz
●入力インピーダンス:可変(フロントパネル内シーリングポケットのDIPスイッチと差し替え
抵抗モジュールによる
 組み合わせで設定)標準モジュールでは以下の設定が可能: MCカートリッジ用:180/90/45/35Ω
 MMカートリッジ用:100/47/33/24kΩ
●入力段コモンモード・リジェクション: 110dB, ティピカル;95dB@20-20kHz
●ゲイン:52dB/62dB(+10dBポジション)@1kHz ●LFフィルター:12dB/oct.リニアフェイズ
●RIAA精度:+/-0.05dB以下 ●出力:+24dBu(12VRMS)対5kΩバランス負荷
●推奨負荷インピーダンス:600Ω以上 ●ステレオセパレーョン:70dB以上
●歪率:0.005%以下(@+10dBu出力) ●入出力端子:XLR3pin(1=G,2=C,3=H)
●電源:別電源FM203、またはFM266/268プリアンプからのファントム供給
●消費電力:連続10W ●外形寸法:446W×58H×280Dmm

DYNAVECTOR XV-1t

¥840,000(税込)

【SPEC】●型式:低出力タイプMCカートリッジ ●マルチアルニコマグネット、フラックスダンパー装備
●出力電圧:0.35mV(1KHz,5cm/sec)(1KHz) ●チャンネルセパレ-ション:30dB以上(1KHz)
●チャンネルバランス:1.0dB以下 ●周波数特性:20~20,000Hz(±1dB)
●コンプライアンス:10×10-6cm/dyn
●針圧:1.8~2.2g ●インピーダンス:R=24Ω ●推奨負荷抵抗:75Ω以上
●カンチレバー:6mm長φ0.3mm径ソリッドボロン針特別アマチュア採用
●スタイラス形状:PFラインコンタクト曲率半径7x30ミクロン ●自重:12.0g

ACCUPHASE DF-45
¥735,000(税込)

  • 高速DSPを搭載、フル・ディジタル信号処理のチャンネル・ディバイダー
  • 4チャンネル(4Way)のディバイダー・ユニットを標準装備
  • カットオフ周波数は59ポイント内蔵
  • スロープ特性は、高精度96dB/octaveを実現
  • タイム・アライメントが可能。1cm単位で調整できるディレイ機能
  • フィルター回路通過時の遅延時間を補正する、ディレイ・コンペンセーター
  • 進化した「MDS++変換方式D/Aコンバーター」を搭載
  • DC-330と連動して、ディジタル入力可能

ACCUPHASE DG-48
¥787,500(税込)

  • フル・ディジタル信号処理によるヴォイシング・イコライザー
  • 高速40bit浮動小数点演算タイプDSP搭載
  • ヴォイシングとイコライザー独立したディジタル・フィルター
  • 大型ワイドカラー液晶ディスプレイを採用し、スタイラス・ペンで希望の特性カーブを自在に作成
  • 20パターンのデータを自由に保存/呼び出し
  • 音楽信号とマイクロフォン入力をリアルタイム方式のスペクトラム・アナライザーで観測可能
  • アナログ/ディジタルの入力・出力端子を標準装備
2009年7月21日 2009年8月1日