2009年7月31日 2009年8月15日
過去帳へ
 
 
 2003  1月  2月 3 月  4月  5月  6月  7月  8月  9月  10月  11月  12月
 2004  1-3      4-6      7-9      10-12    
 2005  1-3      4-6      7-9      10-12    
 2006  1-3     4-6       7-9      10-12    
 2007  1-4       5-9           10  11-12  
 2008  1-3      4-5    6  7  8  9  10-1 10-2  11  12
 2009  1-1  1-2  2-1  2-1  3  4-1 4-3 5-1   5-2 6-1  6-2  7-1 7-2 8-1 8-2  10-1 10-2  11  12-1 12-2
4-2  5-3 6-3  6-4
 2010  1  2  3  4-1 4-2  5-1 5-2  6  7  8  9  10  11-1 11-2  12
 2011  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11-1 11-2  12
 2012  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11-1 11-2  12-1 12-2
 2013  1-1 1-2  2-1 2-2  3  4  5  6 7-1 7-2  8  9  10  11-1 11-2  12-1 12-2
 2014  1  2  3  4  5  6  7-1 7-2  8  9  10-1 10-2  11  
                         
 2009.8
2009/08/14 (金)
 今夜のソフト
 アヴァンギャルドで大音量再生
si
Juggernaut / Frankie Capp & Nat Pierce Orchestra [CONCORD CCD-4040]
4曲目 Basie
Nat Pierce(p) Frankie Capp(ds) Bill Berry(tp) Gary Grant(tp)
Blue Mitchell(tp) Bobby Shew(tp) Buster Cooper(tb) Alan Kaplan(tb)
Britt Woodman(tb) Bill Green(sax) Plas Johnson(sax) Richie Kamuca(sax)
Marshal Royal(sax) Chuck Berghoffer(b) Al Hendrickson(g) Ernie Andrews(vo)
 

2009/08/14 (金)
 修理をお願いしていたローサーPM-3が出来上がってきた。
 早速PT-1Bに取り付けるが、それにしてもこのPT-1は良く出来ている。
 初めての音出し、ヴォイドとはまた違う世界がある。
 修理不能と思っていたユニット、此処までにしてくれた『リティルマネジメント関東』
 島田さんに感謝 !!
この状態から
此処まで(エルタス本田さんからコーンユニットを譲ってもらい)
 
 
 
 
 
フロントロードの工作
 
フロントホーンの開口口
バックロードホーンの入口口
 
 
バックロードホーンの開口口
 
 
 
このネジ締めが難しいがスナップオンの優れものが役立つ
 
 
裏蓋をつけて終わり
どれどれ
まあいいでしょう
 
2009/08/13 (木)
 今夜のソフト
Hands / Brian Bromberg [SEVEN SEASKICJ 559]
4曲目 Beatles Medley
Brian Bromberg(b)
Caruso Sings Italian Songs / Antonino Siragusa [SEVEN SEAS KICC 291]
1曲目 忘れな草
Antonio Siragusa(tenor) Vincenzo Scalera(p)
River / Grazyna Auguscik [GMA 1724-4]
1曲目 The Moon Is A Harsh Mistress

2009/08/13 (木)
 こんなステレオコンポが置いてあります。 
 以前フランス・キャバスのフィールド・スピーカに付け替えて聞きましたが以後放置。
 ドイツ・メンデのフィールドかローサーのPM6を付けてみようかと思うのですが
 残念ながら聞く部屋がありません。
 
 
 
 


2009/08/10 (月)
 今日のソフトとオーディオ

 JBL 4350{1974} JBL 1500ALウーファー×2、JBL 537-500ホーンに変更) 
 ←Goldmund Mimesis 8.5(ウーファー用)+Goldmund Mimesis 28(ミッドロー用)
 +FM Acoustic FM 611X(ミッドハイ用)+Krell KSA 100(トゥイーター用)←
 SONY TA-D88チャンネルデバイダー ←BRUMESTER 808MkⅡプリアンプ
 ←dcs Delius D/Aコンバーター ←Barclay Digital F1CDトランスポート
 ⇔38Kg 自作砲金糸廻しプレーヤー ←SMEアーム プロトタイプ
 ←ORTOFON SPU-Gアニバーサリー

Close Enough For Lover / Shirley Horn [VERVE 837 933-2]
11曲目 Memories Of You
Shirley Horn(v & p) Charles Ables(b)
Steve Williams(ds) Buck Hill(ts)
Passion Flower / Zoot Sims Plays Duke Ellington [PABLO OJCCD-939-2]
1曲目 It Don't Mean A Things
Zoot Sims(ts) J.J.Johnson(td) Britt Woodma (tb)
Grover Mitchell(tb) Benny Powell(tb) Bobby Bryant(tp)
Al Aarons(tp) Oscar Brashear(tp) Earl Garoner(tp)
Plas Johnson(ts) Buddy Collrette(ts) Marshall Royal(as)
Frank Wess(as & fl) Jimmy Rowles(p) John Collins(g)
Andy Simokins(b) Grady Tate(ds)
Of One Mind / Pete Malinverni [RESERVOIR RSR CD 164]
5曲目 Pescara
Pete Malinverni(p) Dennis Irwin(b)
Leroy Williams(ds)
 
 


2009/08/08 (土)
 YOKOSUKSAジャズサンセットクルーズを楽しむ。
 三好千江子&志賀聡美トリオをこんなに明るい時間に聴くのは初めて。 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
私のリクエスト「夕日に赤い帆」をプレイ



2009/08/07 (金)
 昨日修理出来上がったヴォイドのユニットをドメスティックホーンにつけて音だしを。
 ソフトは『From the Heart』の1曲目。
 焦った、ベースの音が盛大に割れるではないか。
 スピーカーを疑うも、クオードのアンプの所為かとアンプを変えてみても駄目だ。
 そこでスピーカーをJBLハーツフィールドに変え、デッカのデコラに変えてもやはり割れる。
 今、アバンギャルドで聞いてみても割れる。
 録音のときのベースに付けたマイクがビビッているようだ。
 ということでソフトを変えて再びヴォイドを聴くとNormal。
 いやー、ほっとしましたね。
From The Heart / Maruelle Koeman & Joe Van Beest Trio [SAWANO AS 923]
6曲目 Estate
2009/08/06 (木)
 プロの仕事、2題
 3月に駄目になったヴォイドのスピーカー。
  カートリッジ修理の名人オーディオファブ古屋 明さんに頼み、本日完了。
  何とヴォイスコイルを断線を直し、更にヴォイスコイルを巻き直しの修理。
  流石にあの小さなカートリッジを直す「神の腕」を持った方。
 7月27日JBL L300 を修理の際、スピーカーケーブルをショートさせ
 片チャンのヒューズを飛ばしたジェフローランド・モデル2(恥ずかしくて今日まで秘密)。
 今日無事にテクニカル ブレイン黒沢直登さんより帰ってきた。
 修理に出して良かったのは4箇所に付いているヒューズが本来付いているべきファースト
 ブローヒューズではなくスローブローヒューズに変えられていた。
 前オーナーが変えたのだろうが本体の破壊にもなる危険性があるので4本とも交換して
 1週間もかからずに戻ってきた。 この早い修理がメーカーは出来ない。 
 
 
 


2009/08/05 (水)
 マクソニックの石関さん、川崎さんが同社のフィールド型スピーカーシステムの方向性確認に
 我が家の古典フィールド型スピーカーを聴きにいらした。
 格好をつけるのではないが音の歴史を聴こうとする真摯な態度。
 素晴らしいシステムが発売されそうだ。
 
 


2009/08/04 (火)
 思い直してのこのソフト。
 同じConcod Records より。
Stadards Of Excellence / Al Cohn [CONCORD CJ-241]
A面3曲目 O Grande Amor
Al Cohn(ts) Herb Ellis(g)
Monty Budwig(b) Jimmie Smith(ds)
The Art Of The Trio / Sonny Clark [BLUE NOTE GXK 8157]
A面3曲目 I Didn't Know What Time It Was
Sonny Clark(p) Paul Chambers(b) Philly Joe Jones(ds)
B面 The Breeze And I
Sonny Clark(p) Jimie Merritt(b) Wes Landers(ds)

2009/08/04 (火)
★ 2009年7月17日の《ORB Disk Flatter DF-02 はお薦めです》の訂正。
 大事なレコードの変質はディスクフラッター『DF-02』のせいです。
 下記の宣伝に乗って購入しましたが何処にも書いていない欠陥があります。
 瑕疵を隠した広告は違法と思えますが、購入を考えている方は止めてください。
 この変形をメーカーに連絡した所、「軽量盤には使えないと取り扱い説明書に書いてあります」
との事。
 詐欺ではないか。この広告の何処に書いてあるのか。
 だいたい軽量盤なる言葉、長いオーディオ経験で始めて聴いた言葉だ。
 このような欠陥製品を売り大事なレコードを使えなくする商売は如何なものか。
 普通のレコードさえ変形させる熱量が重量盤にも良いわけがない。
 先日の推薦を撤回します。 ORB Disk Flatter は欠陥品です。申し訳ありません。
 私のHPを見て購入された方は連絡ください。
 責任を負います。 
ハイエンドディスクフラッター DF-02
形式 : アナログディスク反り修正器
定価 : \126,000- (税込)
【 新製品 好評発売中 】
【 オーディオ銘機賞2009 受賞モデル 】
柴崎 功 先生のレビューはこちら →
Phile-web ORB商品レビュー
ORB製品取扱店
 
カタログ請求フォーム
  取扱説明書ダウンロードサービス
フラット盤の修正にも対応した、次世代型ディスクフラッター『DF-02』
ディスクフラッター 『 DF-02 』 は、より機能性と使い勝手を向上させたアナログディスク反り修正アクセサリーです。

新設計の内部機構とヒーター部により、今まででは音溝を傷つけずに反りの修正をすることが難しいとされてきたフラット盤(重量盤)に対応しました。(EP盤・SP盤・ソノシートなど特殊な材質のアナログディスクには対応しておりません)
また、操作パネルに液晶モニターを採用することによって、処理時間の設定や残り時間の把握が、より明確に行えるようになりました。
その他、修正作業終了を知らせるアラーム機能や、使わない時は本体を縦置きで収納できるなど、使い勝手も向上しました。

アナログディスク反り修正機構には、DF-01のノウハウを生かしたSTCS ( Self Temperature Control Semiconductor ) 半導体フィルムヒーターと、SCVH ( Super Compliance Variable Hinge ) を採用。アナログディスク反りの修正に最適な均一加圧を実現します。

『 DF-02 』 で、思い出の愛聴盤に再び命を吹き込んでください。
  フラット盤の修正にも対応

内部機構及びヒーター部を新設計し、DF-01では修正ができなかったフラット盤(重量盤)にも対応しました。
  操作性の向上


操作パネルに液晶モニターを採用することにより、操作性が大幅に向上。処理時間の設定や残り時間の把握が、より明確に行えるようになりました。
  アナログディスクの修正原理




アナログディスクの材料は主に塩化ビニールです。従って保管方法、周囲の温度などの影響を受け歪んでしまいます。 『 DF-02 』 の半導体フィルムヒーターがアナログディスクに悪影響のない温度でアナログディスク全面を均一に加熱修正することで、経年変化による反りを修正します。また、レコード加圧時にはアナログディスクの外周部分(グルーブガード)をプレスするため、レコードの音溝に影響を与えません。
  ディスクフラッターの構造


『 DF-02 』 は、本体下部と上部に半導体フィルムヒーターがあり、ヒーターの熱とプレッサーの加圧によりアナログディスクの均一加熱を可能にしました。
  半導体フィルムヒーター



DF-01で定評のある、厚さわずか0.2mmの半導体フィルムヒーターを採用。自己温度調整機能を持ちアナログディスク全面を±2℃以内に制御します。消費電力も電源を入れた直後は約100Wで、温度が上昇すると25Wまで減少する省エネを実現しました。
  本体仕様
電源 100VAC50-60Hz
タイマー 60分・90分・120分・150分
過電流保護 ACライン ( 2A ) ヒューズ保護
消費電力 100W ( 最大 )
最高温度 65℃
外観寸法 W:445 H:115 D:547 ( 単位はmm )
重量 約11kg
使用環境条件 0℃~40℃
使用温度範囲 0℃~40℃ ( 但し結露無きこと )
使用湿度範囲 20%~90% ( 但し結露無きこと )
2009/08/04 (火)
 事故だ、大変な事故。
 レコードが波打ち、変形。
 原因は後日報告します。
 
 
外周から内週まで変形。
一昨日両面を聴き終え、外周の少しの反りが気になりとんでもない事をしてしまった。
全曲聴いておいてよかった。



2009/08/03 (月)
 先日、オルトフォンWindfeldを久しぶりに使うにあたって、ディナウディオ・アヴィタープリの
 Phono入力インピーダンスを合わせた。 それまでEMT-TSD15丸窓を使っていて40Ωを 
 14.4Ωに下げた。カートリッジの印象がハイ寄りだったがバランスが取れた。
 ブルメスターのプリにもインピーダンス交換できるパーツがある。
 最新のアナログ再生は此処までやらないと本来の『再生音』は出ない。 
 
 
 
 
Now He Sings, Now He Sobs / Chick Corea [SS SS18039]
A面1曲目 Step-What Was
Chic Corea(p) Roy Hayens(ds) Miroslav Vitous(b)
The Sentimental Touch... ...Of Albert Van Dam [RCA Pl70465]
全曲 The Sentimental Touch:Shirley Horn(USA)
Breakfast With The Blues:Marjorie Barnes(USA)
Old Flames Never Die:Sandra King(Eng.)
Solitaire:Marjorie Barnes(USA)
Way Back Home:Ann Burton(Hol.) 
Sleepless Hours:Shirley Horn(USA)
Make Up Your Mind:Elaine Delmar(Eng.)
Forever Is A Long,Long Time:Marjorie Barnes(USA)
Butterflies Are Free:Sandra King(Eng.)
Illusion:Gaby Lang(Bel.)
It Wasn't It Was You:Nancy Holloway(Fra.)

"Toots" Thielmans(harmonica) Stephane Grappelli(viol) Gordon Beck(p)
Steve Gray(p) Mike Renzi(p) Grady Tate(ds) Steve Argulles(ds)
Harold Fisher(ds) Jay Leonhart(b) Chris Lawrence(b)
Jay Berliner(g) Phill Lee(g) Harry Becket(flu.h)
Jack Emblow(acco) Nigel Nash(ts&fl)


2009/08/02 (日)
 今日のオーディオとソフト
 アヴァンギャルド・トリオ+2バスホーン+Viola Bravoメイン+ディナウディオ・アヴィタープリ
 +ノイマン・カッターレース+オルトフォン・Windfeld
 
 
 
 
Alfie / Sonny Rollins [IMPULSE ! A-9111]
A面 1曲目 Alfie's Theme
Oliver Nelson(arr.) Sonny Rollins(ts) Jimmy Cleveland(tb)
J.J.Johnson(tb) Phil Woods(as) Bob Ashton(ts)
Danny Bank(bs) Frankie Dunlop(ds) Walter Booker(b)
Roger Kellaway(p) Kenny Burrell(g)
A Sign Of The Times. / Tal Farlow [CONCORD CJ-26]
B面2曲目 You Are Too Beautiful
Tal Farlow(g) Ray Brown(b) Hank Jones(p)


2009/08/01 (土)
 今日のオーディオとソフト
 シーメンス・コアキシャル+RE604S+KANETA DCプリ+DENON DP80+DL103 
Ravel:Bolero / Andre Previn London Symphony Orchestra
[EMI Angel EAC-90044]
Famous Instrumentalists Of The Early 20Th /
Landowska,Paderewski,Kreisler,Rachmaninov
[COLUMBIA SUPRAPHON HR-1009-S]
The Art Of Furtwangler Vol.2 Brahms:Symphony No.1 In C Minor, OP.68/
Wilhelm Furtwangler The Vienna Philharmonic Orchestre
[EMI Angel WF-10]
2009年7月31日 2009年8月15日