2009年8月31日 2009年10月1日
 
 過去帳へ
 
 
 2003  1月  2月 3 月  4月  5月  6月  7月  8月  9月  10月  11月  12月
 2004  1-3      4-6      7-9      10-12    
 2005  1-3      4-6      7-9      10-12    
 2006  1-3     4-6       7-9      10-12    
 2007  1-4       5-9           10  11-12  
 2008  1-3      4-5    6  7  8  9  10-1 10-2  11  12
 2009  1-1  1-2  2-1  2-1  3  4-1 4-3 5-1   5-2 6-1  6-2  7-1 7-2 8-1 8-2  10-1 10-2  11  12-1 12-2
4-2  5-3 6-3  6-4
 2010  1  2  3  4-1 4-2  5-1 5-2  6  7  8  9  10  11-1 11-2  12
 2011  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11-1 11-2  12
 2012  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11-1 11-2  12-1 12-2
 2013  1-1 1-2  2-1 2-2  3  4  5  6 7-1 7-2  8  9  10  11-1 11-2  12-1 12-2
 2014  1  2  3  4  5  6  7-1 7-2  8  9  10-1 10-2  11  
                         
 2009.9.1~
2009/09/30 (水)
 今日も10時間聴き続け。

 私の情熱を感じてオーディオも気持ちよく鳴ってくれる。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


2009/09/29 (火)
 いまだにベイシーサウンドの亡霊に捕りつかれ今日もアナログ人。

 
 
 
 
 
 
愛すべきピンキー達が一緒なので永く聴いていられるのです

2009/09/28 (月)
 今月をもって『オーディオ博物館』の名称を返還します。

 『エイフル』さんが裏磐梯でヴィンテージオーディオ博物館建設に着手!!

 これを機会に「マツシタHiFi」さんが命名してくれたオーディオ博物館の名称を止めます。

 ただのオーディオ大好き人として今までと変わりなく訪問してください。



2009/09/27 (日)
 一関ベイシーでの3日間トータル13時間は菅原正二サウンドを聴き続けた。

 レコードは菅原さんが次々かけるまま。見事な皿回しで話に夢中になっていてもラスト1分で立ち上がり
 針音を聞かせないでレコード交換する。
 時々ジャケットが気になり立ち上がり見に行ったけど、どのレコードもその120パーセントの演奏を奏でる。
 菅原さんは毎日40~50面切れ目無しにJAZZを聴かせ続けているという。
 私は70パーセントも再現出来ていないだろうし聴く時間も2~3時間だ。

 ということで今日は朝10時から切れ目なしと言いたいけどテレビ見ながらのブランチと昼寝をはさみ8時間
 アナログレコードのみ聴き続けて(いつもより大分音量が大きい)我が家もたいしたものだと自画自賛。

 


2009/09/25 (金)
 今日のお薦めCD

 CHERYL BENTYNE / The Cole Porter Songbook [KING RECOR KICJ 567]
  
 ただただ素晴らしい!!

 


2009/09/25 (金)
 ベイシー菅原正二さんお薦めの生誕100年記念 グラフィックデザイナー 野口久光の世界
 「香りたつフランス映画ポスター」 ニューオータニ美術館のポスターです。
 菅原さん曰く「フランスでやったらフランス人が感動するだろうね」

 


2009/09/24 (木)
 21日から3日間、毎日一関『Basie』に入り浸り。

 菅原サウンドを満喫し菅原語録を実践してきた。

 私のJAZZ・オーディオ人生感が変わりそうだ。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
8月14日、15日「ベイシー」で録音されたライブのクリスタルCDのジャケット
秘密公開



2009/09/16 (水)
 伊藤喜多男さん、池田圭さん、菅野沖彦さん,新忠篤さん来宅以来の豊富なオーディオ経歴のお客様が
 土浦からわざわざいらした。
 60年間現在進行形でオーディオに邁進している大塚 仁さんとその友人の岡田一男さんだ。
 このような訪問は光栄の至りです。
 


2009/09/13 (日)
 JAZZ・オーディオ愛好家が集まった。

 貴重な本物の女性オーディオマニア。
 大事にしなくては(笑)。

 
 


2009/09/12 (土)
 ゲリラ豪雨の横須賀軍港ナイトクルーズ+JAZZライブ。

 三好千江子トリオ+志賀聡美、乗りに乗った演奏で満腹。

 終了後の打ち上げに一緒にステーキハウスへ。

 ミュージッシャンとのひとときが嬉しい。

 
 
 
 
 
 
 
 


2009/09/09 (水)
 今日は暇なので「The McGuire Sisters Sing」のジャケットにいたずら書きしました。

 いえ、いたずら書きを消しました。下のジャケットがオリジナルです。

 
 

2009/09/07 (月)
 今日の女性ヴォーカルLPジャケットは「J」までです。
 
 


2009/09/03 (木)
 女性ヴォーカル12inLPジャケットの更新を始める。

 しばらく大変だ。

 
 


2009/09/02 (水)
 本日のステレオLP。

By Myself Alone / Ann Burton [PHILIPS STEREO 9299 441]
A面 1曲目 Come Rain Come Shine
By Myself Alone / Ann Burton [EAST WIND EW-7007]
B面 1曲目 Yesterday & Yesterdays
Tony Scott [Verve V6-8788]
B面 5曲目 Blues For Charlie Parker
Tony Scott(cl) Richard Davis(b) 
Beril Rubensein(or) Jimmy Lovelace(ds)
Never Before And Never Again / Marilyn Monroe [stet DS 15005]
B面 1曲目 Do It Again!

 
The Immorial Clifford Brown [MERCURY RECORDS 20090-1/S/MCL]
2枚 全曲 英国盤 擬似ステレオを馬鹿にしてはいけません
1964年プレス

 

2009/09/02 (水)
 CDプレーヤーの音楽性の違い。

 確かにデジタル再生は全ての面で進歩した。

 しかし、音の感動、音楽性の感激は進歩と平行しないばかりか逆行することもある。

 良い例がこのPHILIPSのLHH 2000 だ。

 最初期の機種だがこの音楽を聴かせる力は何なんだろう。

 温新知古。 比較して初めて知ることができる。

 オーディオは知性と感性と偶然性の三位一体と思う。

2009年8月31日   2009年10月1日