2009年10月15日へ 2009年11月へ
過去帳へ
 
 
 2003  1月  2月 3 月  4月  5月  6月  7月  8月  9月  10月  11月  12月
 2004  1-3      4-6      7-9      10-12    
 2005  1-3      4-6      7-9      10-12    
 2006  1-3     4-6       7-9      10-12    
 2007  1-4       5-9           10  11-12  
 2008  1-3      4-5    6  7  8  9  10-1 10-2  11  12
 2009  1-1  1-2  2-1  2-1  3  4-1 4-3 5-1   5-2 6-1  6-2  7-1 7-2 8-1 8-2  10-1 10-2  11  12-1 12-2
4-2  5-3 6-3  6-4
 2010  1  2  3  4-1 4-2  5-1 5-2  6  7  8  9  10  11-1 11-2  12
 2011  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11-1 11-2  12
 2012  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11-1 11-2  12-1 12-2
 2013  1-1 1-2  2-1 2-2  3  4  5  6 7-1 7-2  8  9  10  11-1 11-2  12-1 12-2
 2014  1  2  3  4  5  6  7-1 7-2  8  9  10-1 10-2  11  
                         
2009.10.16~
2009/10/31 (土)
 本日の三好ちゃんと志賀ちゃんからのお薦め。
 12月19日(土)の『JAZZ LIVE & BELLY DANCE』in YOKOSUKA Angelo
 三好ちゃんと志賀ちゃんもおへそを見せるかもしれません。

2009/10/31 (土)
 このところ「三好千江子+志賀聡美グループ」を聴くチャンスが多い。
 今日は横須賀どぶ板バザールの野外ライブ。
 乗りのいい演奏で観客を魅了していた。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2009/10/29 (木)
 寺島レコード新譜『for Jazz Audio Fans Only vol.2』CDを聞く。
 前回の寺島レコードCD最悪の録音で酷い目にあったが再度の挑戦。
 買わないほうが良かった。
 オリジナルを録音レベルを異常に上げ低音をブーストし中音を盛り上げ、高音も盛り上げの
 ドンシャリ。 よくもここまでリマスターしたものだ。
 聞いていて数分で気持ち悪くなった。
 音で気持ちが悪くなる経験をしたいAufio Fanは是非聞いてみてください。
 これでもOnly Oneぐらいは素晴らしいというTerasima Fanもいると思います。
 
 
 
 
 


2009/10/28 (水)
 昨日の続き。
 SS誌販売 新 忠篤さん設計のイコライザーアンプの欠点。
 真空管のハウリングが私の聴く音量では酷すぎる。
 製作者に相談してデットニング材を指示どうり貼るがどうしても取れない。
 新さん曰く、余りデットニングすると音が悪くなるとのこと。
 でも使用に耐えられなければしょうがないので真空管に貼る位置を変えてみる。
 この辺が中庸の場所か。 
 
 
 
 
WE49用のバッテリーを交換
 
WE41用タンガー電源
 
 
WE12A、WE13A用タンガー電源
 
 
 

2009/10/27 (火)
 昨日のアヴァンギャルドのツイーター追加後、ふと思いついたのがWE12A、
13AへのWE597ツイーターとWE4181ウーファー追加での4way化です。
 オーディオ博物館名称を頂いた時はなるべくメーカーのオリジナルでと意識してきたが、
 先日のオーディオ博物館名廃止により自分の好きな音を自由に追求できるようになり
 楽しみが倍増してきている。
 
 
 

2009/10/26 (月)
 昨日 秋葉原で購入した0.1μのコンデンサーをWEの0.6μコンデンサーと変えてみる。
 計算上では2万Hzのクロスオーバーになり、存在を訴えていたT90が雰囲作りとして音楽に
 色彩感を加えてくれる。 
 但しCDよりもLPで著明に効果があるように思える。(SACDは採用していません) 

2009/10/25 (日)
 以前より行きたかった高田 敬三さん主催「ボーカルを楽しむ会」にUNICORNさんを
誘ってようやく参加。
 今回は三具保夫さんの案内で 「カウント・ベイシー楽団に去来したヴォーカリストたち」
 のテーマでLP、CDと貴重な映像で2時間たっぷり楽しませてもらい、尚且つ2次会では
 美味しい料理と美味しいボーカルを聴きながらのアルコール。
 極楽、ゴクラクの半日でした。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


2009/10/24 (土)
 北九州のアヴァンギャルド・トリオ使いの後藤誠一さんからのKIT HITスーパーツイーター
 の紹介が書き込みにあり、早速試聴の手配をお願いした。
 これを現在の我が家のアヴァンギャルドに追加すれば目の覚めるような変化があるはずだ。
 そこで対応策として以前購入して待機していたFOSTEX T90A を追加してみる。
 0.6μのWEコンデンサーを咬まして106dbをそのまま鳴らす。
 FOSTEXのFOSTEX インピーダンス………8Ω 再生周波数帯域………5kHz~35kHz
 出力音圧レベル………106dB 推奨クロスオーバー…7.0kHz以上
 入力…50W 重量…0.8kg 付属品…木製台 ... . ・ 定価. 18375円(内税)
 アヴァンギャルドに合うかと心配する方はまだまだ。
 わかっている人は分かる。
 
 

2009/10/23 (金)
 友人の古屋明さんのAudio Fab.Recordsから11月に新譜が出るようです。
 菜食主義の古屋さん、最近は肉も食べるようになり音への感性も変わったのでしょうか。
 楽しみなCDとLPです。


2009/10/21 (水)
 オーディオが好きな方たちとサントリーホールでイ・ムジチ合奏団を一緒に味わいました。
 オーディオマニアの演奏会の聴き方に興味があったのですが、
純粋に音楽を楽しむ方ばかりでした。
   
 


2009/10/20 (火)
 大スクープ!!

 あの寺島靖国さんが使っているアヴァンギャルド・トリオを手放すそうです。
 新たにアヴァンギャルド・メッオを入れてオールホーンの音を味わいたいそうです。
 この情熱には頭が下がります。
 今使用中のトリオ+アクティブ・サブウーファーを400万円程で売りたいそうで
買い手を捜しています。
 寺島さんは結構ケチですから少しでも高く買って欲しいそうです。
 寺島さん宅で試聴しての購入が可能ですし寺島さんと知りあう最高のチャンスです。
 ご希望の方は私に電話してください。


2009/10/18 (日)
 今日のお仕事。
 JBL4350のウーファー用ケーブルの秘密の味付け機器MITのAuto Terminator Proがトラブル。
 音がちゃんと出ない。
 そこで外したPSオーディオのスピーカーケーブルをアヴァンギャルドのバスホーンの
上段用に使ってみる。
 今迄使っていたMITのケーブルより明らかに重低音がのびる。
 JBL4350につけたWE728Bの外周が2202より少々大きくネットが着かないので加工をする。
 音は元に戻せないほどの変化がでた。
 2202のモコモコ感が無くなりちゃんと存在を主張する。
 その主張もJBL D-123ほど高音寄りに成らず、流石モニターに使われていた
スピーカーでヴォーカルが際立つ。
 
 
 
 
 
 
 
念のため開けてみると完全なブラックボックス。
でも増し締めの効果で復活。
接触不良は診断しにくい。

外見は以前と同じだがミッドウーファーを約35年前の2202から約60年前の
WE728Bに変えーファー用のケーブルをPSオーディオからMITに変更。
微調整にてお客さんに自慢して聞かせられる音になった。

2009/10/17 (土)
 三好千江子with志賀聡美、天笠克己の『海ろまん JAZZ NIGHT』
 ディナーショウを家で愛犬2匹が待っているのでワンステージだけ楽しむ。 
 
 
 

2009/10/17 (土)
 午後2時ミュージックバードJAZZ8で聴きなれた声がする。

 なんと茅場町「オスカー」の店主 中塚昌宏さんが寺島靖国・岩浪洋三さんの
PCMジャズ喫茶にお客さんで出ている。
 中塚さんに刺激されて寺島さん、岩浪さんの声も弾んで愉しい番組でした。
 
 
 
2009/10/17 (土)
 今日、ジャズ批評より送られてきた
 『21世紀版 ブルーノート・ブック 史上最強のジャズ・レーベルのすべて』
 此処まで詳しくブルーノートを紹介するか・・・・という本です。
 ジャズファン必携の本を思います。
 
 


2009/10/16 (金)
 WE728Bの修理が終わり2個遊ぶ状態になったのでJBL4350のミッドウーファー2202と
 交換してみる。
 現在4350は最高の状態にあるので弄らない方が良いのだが「退屈」が一番嫌いな私。
 と始めるとやはりトラブルが次々と発生。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


2009/10/16 (金)
 オーディオマニアへの音楽のお誘い。
 オーディオマニアなら誰でも知っているイ・ムジチ合唱団ヴィヴァルディ「四季」を
 サントリーホールへオーディオ仲間小軍団で聴きに行きます。
 ナマの音を聴いて「耳」と「頭」を洗濯しようと思っています。 
 >>■イ・ムジチ合奏団 「四季」のソロ変更および曲目追加のお知らせ
 ≫10月11日(日)、10月21日(水)にサントリーホールで行われますイ・ムジチ合奏団の
演奏会ですが、ヴィヴァルディ「四季」のヴァイオリン・ソロが、合奏団の希望により、
当初発表しておりましたアントニオ・アンセルミから、コンサートマスターの
アントニオ・サルヴァトーレ
に変更になります。
 また、10月21日(水)のヴィヴァルディ・プログラムですが、やはり合奏団の希望により、
 下記のように1曲追加となりました。 (★印が追加される曲です)

 ―― ヴィヴァルディ・プログラム ――
 シンフォニア ト長調 RV149
 ヴァイオリン協奏曲 ニ短調 RV208 「グロッソ・モグール」
    (ヴァイオリン:マルコ・セリーノ)
 2つのヴァイオリンのための協奏曲 イ短調 RV522
    (ヴァイオリン:アントニオ・アンセルミ/ジャンルカ・アポストリ)
 2つのチェロのための協奏曲 ト短調 RV531
 (チェロ:ヴィト・パテルノステル/ピエトロ・ボスナ)
 ★ヴァイオリン協奏曲 イ長調 RV.335 「かっこう」
    (ヴァイオリン:アントニオ・アンセルミ)
 協奏曲 ニ短調 RV127  <<
 
 

2009/10/16 (金)
 スピーカー修理の名人の仕事振りです。

 先日の孫の悪戯でダメージを受けたWE728Bを1週間でこの状態まで
美容整形手術してくれました。
 この仕事で26000円で実に良心的な価格です。
 もしスピーカーでお悩みの方は下記へ私のサイトからと相談してください。お薦めです。
 ≫● 東日本地区 (関東甲信越・東北・北海道)
 ■ リティルマネジメント関東 
   千葉県船橋市芝山3-30-6-101 電話/Fax 047-466-1680
   電話に出られないことがあります。できるだけお問い合わせフォームでお願いします。

お申し込み・お問い合わせフォーム ≪
 
 
2009年10月15日へ 2009年11月へ