2009年12月30日へ 2010年2月へ
過去帳へ
 
 
 2003  1月  2月 3 月  4月  5月  6月  7月  8月  9月  10月  11月  12月
 2004  1-3      4-6      7-9      10-12    
 2005  1-3      4-6      7-9      10-12    
 2006  1-3     4-6       7-9      10-12    
 2007  1-4       5-9           10  11-12  
 2008  1-3      4-5    6  7  8  9  10-1 10-2  11  12
 2009  1-1  1-2  2-1  2-1  3  4-1 4-3 5-1   5-2 6-1  6-2  7-1 7-2 8-1 8-2  10-1 10-2  11  12-1 12-2
4-2  5-3 6-3  6-4
 2010  1  2  3  4-1 4-2  5-1 5-2  6  7  8  9  10  11-1 11-2  12
 2011  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11-1 11-2  12
 2012  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11-1 11-2  12-1 12-2
 2013  1-1 1-2  2-1 2-2  3  4  5  6 7-1 7-2  8  9  10  11-1 11-2  12-1 12-2
 2014  1  2  3  4  5  6  7-1 7-2  8  9  10-1 10-2  11  
                         
 2010.1.1~
 10/1/30 (土)
 新しいスピーカーケーブルセッティングでステレオ アナログを聴く。
 
 素晴らしい!

 
 This Is Criss! /Sonny Criss [PRESTIGE PR 7511]
 
 'S Wonderful /Harry Edison [PABLO LIVE 2308-237]
 
 Ballads / Don Menza & Frank Strazzenri [Fresh Sound FSR-103]
 
 Sincerely Oure / Rolf Ericson & Johnny Griffin [FOUR LEAF FLC 5027]
 
 Yusef Lateef Play's For Lovers [PRESTIGE PR-7447]
 
 Little Bird Suite / Dick Grove orchertra [PACIFIC JAZZ PJ-74]
 
 Greatest Hits / Cannonball Adderley [RIVERSIDE 9416]
 
 10/1/29 (金)
 アヴァンギャルドのスピーカーケーブル、結局MITを低音用、ゾノトーンを高域用の
 バイワイヤリングとしました。

 お互いの善い所取りです。

 
 
 
 
 10/1/29 (金)
 アヴァンギャルドのスピーカーケーブルを交換。
 MITオラクルからZonotone 7NSP-2200S Meister と入れ替えてみる。

 1週間のバーンイン後の判定は「音が変わる」。

 音は全体的に細身になり高音が伸び、低音が締まるが量感が少なくなる。
 約100万円のMITからメーター1450円の2芯シールド線。

 有名のJAZZオーディオ評論家に云わせれば「安いものはいけない」。
 
 音の変わり様が楽しいんです。
 オーディオ遊びが広がる。
 
 
 
 
 
 
 
 

 10/1/28 (木)
 先日メグで買った『Jazz Bar 2009』

 選曲が素晴らしい!!
 音も好いです。

 どれがオリジナルでしょう?

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 10/1/25 (月)
 昨日のオペラ鑑賞。

 ベルガモ・ドニゼッティ劇場公演 『ガエルターノ・ドニゼッティ / 愛の妙薬』をよこすか劇場で。

 イタリア・ベルガモの劇場が引っ越してきて演奏をしているよう。。
 また日本ラスト公演の為か最後まで熱演。

 特に指揮者のステファーノ・モンタナーリが背後に置かれたピアノを弾きながらの全身を使った指揮。

 ネモリーノ役のロベルト・イウリアーノ(テノール)、ベルコーレ役のレオナルド・ガレアッチィ(バリトン)
 が素晴らしかった。

 全てでイタリア・ベルガモを満喫!!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
10/1/23 (土)
 「オーディオアクセサリー」誌「クリニックでクリニック(仮題)」の取材で
 編集長 伊佐山さん、カメラマン・ライター 山本さん、日東紡音響エンジニアリングの山下さん、
 Acoustic Grove System《SYLVAN》の販売代理店 中塚さんが来宅。

 アバンギャルドの部屋でSYLVANの効果をクリニック。
 結果は次号「オーディオアクセサリー」で読んでください。

 2セット購入するかもしれませんが、聴いてすぐ買うのも何か私のアヴァンギャルドが悪い音を
 出しているように思われて癪なので様子を見ます。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 前方のみのセッティングで劇的に低音のブーミーさが減る
 
 後方側面より後方背面のほうが結果は良好
 
 
 
 今話題のスーパートッイーター
 

 
 10/1/19 (火)
 昨日のアナログ。
 
 1980年代に発売された比較的新しいLPを聴いた。

 
 AMANDLA / Miles Davis [WARNER BRAS. 9 25873-1]
 
  MICHEL PETRUCCIANI [OWL 025]
 
 BUD POWELL TRIO AT THE GOLDEN CIRCLE Vol.2 [STEEPLE CHASE Classics SCC 6002]
 
 TRUCKIN' AND TRAKIN' / Junior Mance [BEE HIVE BH-7015]
 
 IT NEVER ENTERED MY MIND! / Chet Baker [CIRCLE REC. RK 25680/36]



 
 10/1/18 (月)
 いよいよ24日によこすか芸術劇場にて「ベルガモ・ドニゼッティ劇場/ 愛の妙薬」

 
 
 

 10/1/17 (日)
 マツシタHiFi訪問。
 
 この機種達に囲まれて幸せを感じるのは異常か。

 今回の一番の注目品はパルメコ40cm同軸スピーカー。
 置く所が欲しい。
 
 
 
 パルメコ LS1
 
 マランツ モデル7
 
 マランツ モデル2
 
 EMT930
 
 
 
 
 
 JBL ランサー44
 
 アルテック ミラノ
 
 
 
 タンノイ ⅢLZ
 
 入荷したてのタンノイ オートグラフ
 
 
 
 整備中のガラード301
 
 
 
 

 10/1/16 (土)
 昨日は仕事が無かったので1日アナログを聴き続けた。
 
 やはりアナログは好い。

 
 Zoot Meets Hans [POLYDOR 21 601 EPH]
 
 Django Reinhardt Vol.Two [DIAL 218]
 
 Saxphone moods / Don Byas [DIAL 216]
 
 Kelly at Midnite /Wynton Kelly [VEE JAY LP 3011]
 
 EARLY STAN /Stan Getz [PRESTIGE 7255]
 
 INTRDUCING /Lee Morgan [SAVOY MG-12091]
 
 PRES & SWEETS / Lester Young & Harry Edison [VERVE MGV-8134]
 
 THE COUNT ! /Count Basie [CLEF MGC-685]
 

 10/1/14 (木)
 昨日繋ぎ終えたノートパソコン。
 SONY VAIO VGNーAW93FS を実際に使ってみると実に使いづらい。

 マウスを付けるところが左手前でマウス操作に煩わしい。
 このようなファッション前提の製品は如何なものか。

 高価なだけに失敗だった。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2010/01/10 (日)
 ジャズ批評の対談後はカフェ・バージーへ席を移動。
 若き新人マスターを見て、寺島さんが「メグ」で開店時一生懸命だった頃の自分を思い出したと。

 何とお客さんのリクエストに対しわざわざレコード店まで走り買ってきて応えたというエピソード。
 今の寺島さんでは想像も出来ない。

 茅場町オスカーを例に挙げてお店も頑張らなくてはいけないがお客も応援しなければいけないと
 真剣に演説。
 他所様のお店に居る時の寺島さんは本当に幸せそうだ。

 楽しい夜をすごせた。
 
 
マスターにマスターが講義
 
職業病がでる山本博道さんと田中伊佐資さん


2010/01/10 (日)
 今日も朝から吉祥寺。

 午後1時からのメグでのジャズ批評 オーディオジャズディスク大賞の選考会。
 4時間缶詰状態で各委員の推薦盤を聴く。

 結果は次号『ジャズ批評』を買ってください。

昨夜の華やかさは何処へ
 
 1昨日変えたばかりのTMDラインケーブル。
 音が数段良くなっていた
 
 
 
岩浪洋三さん
選考委員長の後藤誠一さん
 
 
 
選考会の後のジャズ・オーディオ座談会


2010/01/9 (土)
 夕食後は吉祥寺SOMETIMEでライヴを。
 前の席のおばちゃんがぺちゃくちゃ五月蝿く閉口したが3ステージ目は居なくなり席を移動。
 ようやく楽しめた。

  
 
 
 
 
吉田 桂一(p) 佐々木 悌ニ(b) 渡辺 文男(ds) 鈴木 道子(vo)


2010/01/9 (土)
 夕方吉祥寺 Cafe Birzyy (バージー)に行く。
 店名の由来はおばあちゃんが飼っている愛犬の名前。
 開店ほやほやのJAZZ喫茶とは謳わないジャズ中心のお店。
 売り物は何と言ってもオール・ゴトー製のオーディオ。
 
 出てくる音は品のあるストレスの無い音。
 まだまだ鳴らしこんで更に音の調整が必要と思えるが長く居ても飽きない音。
 2時間も長居してしまった。
 営業時間は不定期でお客さんが居れば11時も超えてしまうとのこと。
 ランチが美味しいらしい。

 マスターは小音量派のようだがお願いすればボリュームは上げてくれる。

 
 
4Wayマルチ
ミリ単位の位相セッティング
 
 
美味しいおつまみ
音源はアナログとCDが半々
 
 
ゴトー製ウーファー
チャンデバと真空管ステレオメインアンプ
 
オーナー竹内さんと奥様でないママさん
2010/01/08 (金)
 今日のアナログの楽しみ方。
 超有名盤『SPEAK LOW/Walter Bishop Jr.Trio』のオリジナル・ステレオ盤との比較。
 B面の①Alone Together ②Milestones ③Speak Low の3曲を聴く。
オリジナルジャケット
 ジャケットはモノラール仕様
JTS-002
 やや外周が波打ちチリチリノイズも多め ステレオ中古盤の宿命か
 録音もそれ程良いとは思えない
 やはりモノラール盤を聴くべきかもしれない
TRIO盤
  この頃の復刻盤はステレオカッターヘッドで切られているのでステレオカートリッジで再生
  ステレオ再生装置で比較

  
PA-3077(M)
 チリチリ音は皆無
 録音レベルがやや高めにカッティングされているためか
 音がやや頭打ちになり うるさく聴こえる
DIW盤
ジャケットの復刻は見事
左下のPRINTED IN CANADA迄そのまま
JT-002
 テープのワカメ状態が気になるが音は太くベースも締まっている
 JAZZらしい音作りをした好再販盤だと思う
MUSE盤
 
MR 5066
 この頃の薄盤は反りがひどく 音に出る
 再生音は一番オリジナルに近い

 

2010/01/07 (木)
 彩球オーディオ倶楽部第39回試聴会のお知らせ。
 
 オーディオ仲間の試聴会です。元気が出ますよ!!



2010/01/06 (水)
 念願だった新百合ヶ丘の『Lost and Found』に行く。

 開店してようやく3年を過ぎ全国でも珍しい女性オーディオマニアの店長。
 また我々が見逃していた70年代~80年代のJAZZを捜し求めて聴かせてくれる貴重な店。

 昨年9月に拙宅にいらして刺激をうけ約1ヶ月間お店を閉めてのオーディオを再構築。
 何と過ごしやすい音の空間だろう。

 我こそはと思われる男性JAZZオーディオマニアの方達にただ黙ってこのお店の音を聴いてほしい。
 多分、JAZZの嗜好は別として開店以来のイイ音で聴かせてくれると思う。
 
 帰るときにこの音をいかに維持するかオーディオマニアの危惧を感じた。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Lost and Foundが紹介された「ステレオ」2007 5月号
 
 
 
 
 
 
 
 

2010/01/05 (火)
 オーディオケーブルの比較試聴。

 今日はラインケーブル。
 1.現在使用中のORTOFON 7NX・AIC-X1 Premium ヘリカル ラウンド マルチコンダクター方式 
   高品位インターコネクトケーブル
   線素材:高純度銅, OFC, PCOCC / 長さ:2 x 1.0m / 直径:21mm / 端子:RCA(Φ14.5mm)
    ロジュームメッキ XLR(ロジュームメッキ)
   価格:XLR \158,000(税込\165,900), RCA \150,000(税込\157,500)
 2.ZONOTONE 7NAC-Grangio 06 <DMHC>7N・新4種8芯マルチ・ハイブリッド&トリプルシールド設計
   XLR(1.0m×2)\52900

 3.ZONOTONE 7NAC-Grandio 10 <DMHC> 高純度4素材10芯ハイブリッド導体による独立多芯集合
   アイソレート方式によるディスクリート・マルチコンダクター・ヘルカル・パラレル構造
   XLR(1.0m×2) \92000
 と書いてありますが何のことやらさっぱりわかりません。
 全部前園さんの設計ですがそれぞれ音は違います。

 音は3→1→2の順でランク付けします。


2010/01/03 (日)
 2010年 オーディオ事始。

 昨年ゾノトーンの前園さんからの宿題。 
 ゾノトーンのケーブル比較試聴。

 今日は一番簡単で音にあまり影響の無いだろう電源ケーブル定価104800円の
 7NPS-5050 Grandio


 一番明確に出るCDプレーヤーの電源でテスト。
 常設のZU Mother ケーブルとの比較。

 あくまで比較なので音の違いは判るが、いきなり聴かされて何処のメーカーのどのケーブルなど
 判るはずが無い。

 大体、高価なものほど良くなる気持ちになるのだが、今回は明確に低音の締まり、弾み感、
 音像がセンターに集まり中高域の温かさが出る。

 念の為に評判の良いベルデンの何でもない電源ケーブルも聞いてみたが音像が平坦になり
 それよりもZUケーブルがマシな感じ。

 実はゾノトーンのこの最上級電源ケーブルは前回テストして良い結果だったのでJBL4350の
 システムのバークレーCDプレーヤーの電源ケーブルとして使っている。

 再認識したわけだが何せ高価すぎる。
 高価になる訳も判るのだが私は使える箇所が多すぎるのでまず無理。

 
 
ZU Mother 電源ケーブル
 
ゾノトーン ハイブリッド ケーブル
 
ベルデンコード
テストに使用したCD
2009年12月30日へ 2010年1月へ