2010年7月1日へ  2010年9月へ
 
過去帳へ
 
 
 2003  1月  2月 3 月  4月  5月  6月  7月  8月  9月  10月  11月  12月
 2004  1-3      4-6      7-9      10-12    
 2005  1-3      4-6      7-9      10-12    
 2006  1-3     4-6       7-9      10-12    
 2007  1-4       5-9           10  11-12  
 2008  1-3      4-5    6  7  8  9  10-1 10-2  11  12
 2009  1-1  1-2  2-1  2-1  3  4-1 4-3 5-1   5-2 6-1  6-2  7-1 7-2 8-1 8-2  10-1 10-2  11  12-1 12-2
4-2  5-3 6-3  6-4
 2010  1  2  3  4-1 4-2  5-1 5-2  6  7  8  9  10  11-1 11-2  12
 2011  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11-1 11-2  12
 2012  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11-1 11-2  12-1 12-2
 2013  1-1 1-2  2-1 2-2  3  4  5  6 7-1 7-2  8  9  10  11-1 11-2  12-1 12-2
 2014  1  2  3  4  5  6  7-1 7-2  8  9  10-1 10-2  11  
                         
 2010.8.1~
 
 10/8/30 (月)
 昨日からのスピーカーケーブル遊び。
 
 変更は
●VIOLA BLAVO→MIT ORACLE V2.1(低域)→PS AUDIO(ジャンプ)
 BLAVO→Zonotone 6NSP-2200(高域)→KINBER KABLE Monocle-Ⅹ(中高音)
 PAD VENUSTA(高音)+ドイツ製より線コード(超高音)を 

●VIOLA BLAVO→MIT ORACLE V2.1(低域)→PAD VENUSTA(ジャンプ)
  BLAVO→MIT ORACLE V2.1(高域)→KINBER KABLE Monocle-Ⅹ(中高音)
  カスタム NORDOST スピーカケーブル(高音)
  +三菱電線工業スピーカーケーブル CX-1(超高音)へ

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 10/8/29 (日)
 今日のライヴ。

 よこすか芸術劇場『Steel Drum Orchestra RENEGADES

 たまにワールド系を聴くとJAZZの素晴らしさがよくわかる。
 
 
 
 
10/8/28 (土)
 自信を持ってお薦め出来るCDです。
 『平成版! 奇跡のビッグ・バンド・スコープ/
 Sharps And Flats vs Tokyo Cuban Boys』


 なるべくパワーを入れて聴いてください。

 演奏・録音全てで興奮しました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 10/8/27 (金)
 しばらく閉め切って留守にしている間、空調の入れていなかった部屋の
 DENON DP-80が高回転の暴走をはじめた。

 修理代に近い価格でトランジスター交換済みをヤフーで落札。
 交換を終え修理を知人に頼む。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 10/8/26 (木)
 ジャズ批評9月号 No.157 『特集 ピアノ・トリオ in ヨーロッパ』発売
 
 「ジャズ・オーディオ対談 田中伊佐資×三上剛志」 で載っています。
  
 前号7月号 No.156記載された4月27日の 
 「ブルーノート 名盤対抗戦!!/ラズウェル細木vs三上剛志」での対戦時
 ラズウェルさんにお願いした
 『ラズウェル細木のときめきJAZZタイム』の再発。
 早速ラズゥエルさんの自費出版の形で発売された。

 オリジナルレコードに拘ったラズウェルさんらしく完全オリジナル復刻。
 なんと値段は952円!!
  
  
 
 オリジナルジャケット
 
 オリジナルバックカバー
 
 セコンドジャケット
 
 セコンドバックカバー
 
 上記のジャズ批評7月号より
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 続きは是非購入して読んでください
 
 
 10/8/25 (水)
 鶴見のオーディオマニア篠原さんのアホーぶり。
 興奮した。
 
  1200万円かけて作った某メーカーの平面スピーカー。
 満足できずに鳴らしていない。
 
 片チャン16本のウーファー
 
 
 
 
 
 自作スーパーウーファー
 
 
 
 第2回大通り納涼ガーデンまつりで皆川亨さんに遭遇。
キャロル山崎のヴォーカルは是非ライブハウスで聴きたい。
 
  夕食後横浜の歴史あるライヴスポット『ピアノBar本牧』

 オーナー松本譲司さんの弾き語りがいい雰囲気でバーボンを一杯
 ラムを2杯も飲んでご機嫌。
 
  
 
 
 
 
 
 
 
 10/8/24 (火)
 志賀聡美さんのメグでのライブ終了後、隣の中華街でメンバーと2次会。
 ピアニストの田中さとこさんが飲みっぷり食べっぷりがよく大好きになった。
 自費出盤のCDを持っていたので購入。
 この演奏が素晴らしい!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
10/8/22 (日) 
 今日はJAZZ☆CAB 藤田サン Produce 志賀聡美バースディライブ

 その前に荻窪レストラン『桃の木』での志賀ちゃんを囲んで食事会。

 その後『メグ』で志賀聡美(tb), 田中さとこ(p), 和田弘志(b)の演奏を満喫。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 10/8/21 (土)
 昨日の続きで朝築地で食事をして今日も吉祥寺で過ごす。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 10/8/20 (金)
 Jazz★Cab 藤田嘉明(090-4000-0350)さんにお願いして
 東京ジャズスポット半日巡りをお願いする。
 
 
 
 新宿 Jazz Cafe『DUG』
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 四谷 Jazz Cafe 『いーぐる』
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 白山 Jazz & somethin' else 喫茶『映画館』
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 根津 Music & Dining Bar 『LaCuji』
 
 
 
 
 
  The Adirondack Cafe
 
 
 
 
 
 ヴィクトリア裏広場前 『JAZZ OLIMPUS!』
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 10/8/19 (木)
 吉祥寺ジャズ喫茶『メグ』ライヴ

 スペシャルライブ MAYA(vo) with 松尾明(ds)トリオ
  
 今夜からMAYAファンクラブに入ります。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 10/8/18 (水)
 横浜関内 『FAROUT』 
 Live 皆川 亨(ts) 寺村容子(P) 仲石祐介(B) 水野直子(Vo)
 友人の三好さん達と楽しむ。

 三好千江子さんもジャム出演。
 JAZZは楽しい!!
 
 
 
 
 
 
 
 
 10/8/16 (月)
 Blue Noteの整理中に
 Western Electric WE 24-Aホーン{1938}+WE 594-A + ELTUS 4181×2
 ←WE 86-Cアンプ

 でBlue Note4114 Bossa Nova Soul Samba / Ike Quebecより
 Me'N Youをかける。
 我が家のウエスタンスピーカーシステムでは新しいほう。
 
 
 
 
 
 
 
 10/8/14 (土)
 友人 神代さんのサイト「コウジロの不定期日記」の宿題。

 Temptation - Diana Krall を我が家のアバンギャルドでかけてみます。
 だだしアナログLPです。
 
 
 10/8/14 (土)
 昨夜はアルテック・ランシング・シャラーホーンシステムで

 晩年のアート・ペッパーを聴く。

 アートの哀愁が感じられればO.K.
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 10/8/11 (水)
 横須賀米軍ベース前 Kent 倶楽部での JAZZ DUO LIVE
 三好千江子(P)     渡辺典保(As)
 ベテランバーマスターによる美味しいお酒を飲みながら、
 又、お客さんの持ち寄りのおつまみをご馳走になりながらのライブ。

 横須賀の此処だけのお客が演出するライヴ。
 
 
 ケントクラブに行く前の腹ごしらえにタイ料理「バンコク スパイシー」へ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 10/8/10 (火)
 HMV203でSPレコード(Count Basie and his Orchestra with Helen Humes)を聴く。

 
●HMV 203  
 英グラモフォン社 1928年(1927〜1932)
 名器クレデンザの基本設計をベースにさらなる改良を加えた、名実ともに世界最高の蓄音機。
 ビクターのオルソフォニック・サウンドボックスを英国流に改良したNo.5Aサウンドボックス、
 クレデンザより開口面積で20%程も大きいリ・エント ラント・ホーン
 優雅なマホガニー製キャビネット、上品な艶消し金メッキ仕上げの金属部など、
 一切の妥協を排した最高級モデルの名に恥じない逸品。まさに「蓄音機のロールスロイス」です。
 HMV No.34 4丁ゼ ンマイモーター、HMV No.5Aサウンドボックス、12インチターンテーブル 
 オートストッパー (銀座シェルマンのHPより)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 10/8/7 (土)
 来年7月で放送中止になるPCM放送(残念です)。
 今日のお客様はカメラマンの巨匠 山本博道さん。
 山本さんのご推薦のCDをかけたがわたしは×(いちジャズ好き人間)。

 皆さんはいかがですか。
 寺島さんはジャズオーディオ仲間の関係したCDなので悪くは言っていない。
 身内と自分には甘く体制には厳しいです。

 さすがに長老 岩波洋三さんは的確な意見を言っています。
 
 私は過去の名盤をもっともっと聴いた上で新しいソフトを聴くべきだと思います。
 
 
 
 
 
 
 

 
 10/8/6 (金)
 Western Electric 757-A Monitor Systemで
 Avrei potuto non fare questo disco,certo ma forse sarei morta/Renata Mauroを聴く

 Western Electric 757-A Monitor System
 ←WE212-D Sing.le Power Amplifier by EIFL (WE212D←WE205D
 ←WE417A←STC5R4GY×4←WE274B←412A)
 ←Marantz 7C←Wilson Benesch The CIRCLE、ACT-0.5 

 
 
 
 
 
 Western Electric 757-A Monitor System
 
 Wilson Benesch The CIRCLE、 
 
 ACT-0.5
 
 Marantz 7C
 
 WE212-D Sing.le Power Amplifier by EIFL (WE212D←WE205F←WE417A)
 
 
 
 STC5R4GY×4←WE274B←412A
 
 10/8/5 (木)
 WE25BホーンシステムでAll Of Me/Herzlichst, Inge/Inge Brandenburgを聴く

 Western Electric WE 25-Bホーン{1938}+WE 555×2+WE 597-A +TA-4181-A×2
 ←Jewll Sound Laboratories映画館用アンプ(2A3pp+フェランティー入力トランス) 
 ←新忠篤設計イコライザーアンプ
 ←Rylec (Ortofon社と共同開発)検聴用プレーヤー{1950}
 (Neuman・Cuttingmachin用モーター使用)←Ortofon RK-309アーム
 ←Ortofon Fonofilm TypeA,B,C・モノカートリッジ

 
 新忠篤設計イコライザーアンプ
 
 Rylec (Ortofon社と共同開発)検聴用プレーヤー{1950} (Neuman・Cuttingmachin用モーター使用)
 ←Ortofon RK-309アーム ←Ortofon Fonofilm ・モノカートリッジ
 
 新忠篤設計イコライザーアンプ
 
 Jewll Sound Laboratories映画館用アンプ(2A3pp+フェランティー入力トランス)
 
 WE 25-Bホーン{1938}+WE 555×2
 
 TA-4181-A×2
 
フィールド電源 7V+24V
 
 10/8/4 (水)
 先日お客様に聴いていただいた音をジャンと再確認。
 
 
 
  Barclay Digital F1CDトランスポート
 
 BRUMESTER 808MkⅡプリアンプ 
 
 Krell KSA 100(トゥイーター用)
 
 FM Acoustic FM 611X(ミッドハイ用)
 
 Goldmund Mimesis 28(ミッドロー用) 
 
 Goldmund Mimesis 8.5(ウーファー用)
 SONY TA-D88チャンネルデバイダー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
10/8/1 (日)
 今日のお客様は若きオーディオ人。

 
 
 
 
 
2010年7月1日へ  2010年9月へ