2010年4月30日へ 2010年5月16日へ
過去帳へ
 
 
 2003  1月  2月 3 月  4月  5月  6月  7月  8月  9月  10月  11月  12月
 2004  1-3      4-6      7-9      10-12    
 2005  1-3      4-6      7-9      10-12    
 2006  1-3     4-6       7-9      10-12    
 2007  1-4       5-9           10  11-12  
 2008  1-3      4-5    6  7  8  9  10-1 10-2  11  12
 2009  1-1  1-2  2-1  2-1  3  4-1 4-3 5-1   5-2 6-1  6-2  7-1 7-2 8-1 8-2  10-1 10-2  11  12-1 12-2
4-2  5-3 6-3  6-4
 2010  1  2  3  4-1 4-2  5-1 5-2  6  7  8  9  10  11-1 11-2  12
 2011  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11-1 11-2  12
 2012  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11-1 11-2  12-1 12-2
 2013  1-1 1-2  2-1 2-2  3  4  5  6 7-1 7-2  8  9  10  11-1 11-2  12-1 12-2
 2014  1  2  3  4  5  6  7-1 7-2  8  9  10-1 10-2  11  
                         
2010.5.1~
 10/5/15 (土)
 横須賀芸術劇場クリスチャン・ツィメルマン ピアノ・リサイタ
 All Copin Program を楽しんだ。

 ショパンというと演奏者が力むことが多いのだがツィメルマンは余裕を持って
 愉しみながら過剰表現にならず演奏。
 実にすがすがしいショパンだった。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 10/5/13 (木)
 いよいよ5月22日に友人の駒木佐地子ディナーショウが鎌倉パークホテルで開催。

 今年のテーマはアメリカの作曲家。
 どんな曲が演奏されるかおもしろい夜となりそう。

 
 
 
 10/5/13 (木)
 今朝ラズウェル 細木さんからのプレゼントが届いた。

 4月24日の吉祥寺「メグ」でのBlue Note対決の記念としてお願いした色紙。 
 几帳面なラズゥエルらしく丁重に書いていただけた。

 更に改訂版「酒のほそ道 レシピ」 四季の味 冬偏
 「酒のほそ道」 春の酒肴スペシャル
 「ラ寿司 開店!!」3
 「酒のほそ道 憩いの酒スペシャル
  
 をいただいた。 また酒が愉しめる。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 10/5/12 (水)
 20年5月15日(土)【開演】17:00 横須賀芸劇場が楽しみ

 
 
 横須賀芸術劇場リサイタル・シリーズ24
クリスチャン・ツィメルマン ピアノ・リサイタル
 ショパン生誕200年
究極のプログラムを現代最高のピアニストで聴く
 
 
名実ともに現代の巨匠の一人として知られるツィメルマンは、75年にショパン国際ピアノコンクールに史上最年少で優勝。以来、繊細で緻密な音楽づくり、ゆるぐことのない演奏で世界中の人々を魅了してきました。常に自身のピアノを持ちこんで演奏会に臨む妥協のない姿勢も聴衆に最高の演奏を届けるため。至高の芸術に触れる絶好の機会です。
 
曲目 << オール・ショパン・プログラム >>
夜想曲 嬰ヘ長調 op.15-2
ピアノ・ソナタ 第2番 変ロ短調 op.35
スケルツォ 第2番 変ロ短調 op.31
ピアノ・ソナタ 第3番 ロ短調 op.58
舟歌 嬰ヘ長調 op.60
 
 
 
 
 10/5/10 (月)
 昨日、 オーディオ、ジャズに現在進行形で燃え狂っている伊東さん、前泊さんの訪問を受けた。
 こちらも負けずに前進中。

 実に楽しい6時間で次回は伊東アホオーディオで大笑いをしにいく約束をした。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 10/5/8 (土)
 100円ショップでの収穫。
 EP盤洗浄後のスタンドに困っていたがちょうど良い皿たてを見つけた。
 500円とだいぶ高いが使用感は最高。

 またまたすることが増えて喜んでいる。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
       
       
       
       
       
 
 
 10/5/7 (金)
 この日曜日に来宅されるジャジャオさん。

 SS誌171号のレコード演奏家訪問で紹介されている大アホです。
 アホさ加減で私が負けます。
 オーディオにかける情熱も永さでは負けませんが若さには素直に負けを認めます。
 
 ここまでマイウエイを貫く心意気が大好きです。
 現在この時より更に150パーセントアホの状態になっているとのこと。

 相互訪問なので月末の田中伊佐資さんとの襲撃が楽しみです。

 
 SS誌より
 
 
 
 
 10/5/7 (金)
 久しぶりの推薦CD.
 3人の知人が出したCDですが素直にお勧めできるCDです。
 オーディオマニアでしたらJAZZを聴かない人でも推薦します。

 
伊藤八十八さんプロデュース
『Jam At Basie featuuring Hank Jones』
 
 
 
 
 
 
 
 寺島靖国さんプロデュース
『Meet Me in Paris/Akira Matsuo Trio』
 
 
 
 
 
 古屋明さんプロデュース
『Sweet Sings / Naoko Mizuno』
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 10/5/6 (木)
 今日の夜は地元でライヴ。

 野比海岸にこれだけ素晴らしいスポットがある。

 横浜、東京に出る前に横須賀のジャズスポットをもっと探すべきと反省。

 
 本場のカレーをてべてライヴ「KALIKA」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 JAZZ & CLASSIC 音の宝石箱  QuarterTone
 
 マスター自身のピアノ演奏
ガーシュインメロディーがしびれた
 
 
 
 
 
 
 
 
 10/5/5 (水)
 昨日の続きでSPを電気再生する。
 SPラックで購入したままなのでレコードが白っぽく汚れている。
 EP用のレーベルカバーを使って超音波洗浄。
 洗浄後のSPスタンドがほしいところ。

 新さんのイコライザーでヨーロッパSPカーブを選びWE49→WE41,42、43→WE12Aシングルで聴く。
 オーケストラのSPは電気再生がベスト。
 
 ジャズを聴くならWE13Aが合うと思う。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 10/5/2 (日)
 今日は蓄音機を聴く。

 以前吉祥寺の輸入骨董家具店「ジュビリーマーケット」の店長仲山さんが「英国にSPレコードラックが
 出ているけど買いますか」と、即 購入を決定。

 数ヵ月後に来たレコードラックにはびっしりとSPが入っているではないか。
 それも英国版ばかり(当然か)。

 我が家のHMV203で最初鉄針で聴いていたが高価な鉄針がもったいないので竹針で聴く。
 SPを聴き始めると他のソフトを聴く気にならなくなる。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
10/5/1 (土)
 久しぶりのマツシタHiFiレコードコンサート。

 みなとみらい店が閉店、横須賀一店となり店内が充実。

 連休前でメンバーは少なかったがその分和気あいあいで2次会を含め会話が弾んだ。

 オーディオファブ 水野直子の第2弾CD,LPを20日の発売前に聴けた。

 前回を上回る出来で小さなヒットになると思う。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
2010年4月30日へ  2010年5月16日へ