2011年3月31日へ 2011年5月へ
過去帳へ
 
 
 2003  1月  2月 3 月  4月  5月  6月  7月  8月  9月  10月  11月  12月
 2004  1-3      4-6      7-9      10-12    
 2005  1-3      4-6      7-9      10-12    
 2006  1-3     4-6       7-9      10-12    
 2007  1-4       5-9           10  11-12  
 2008  1-3      4-5    6  7  8  9  10-1 10-2  11  12
 2009  1-1  1-2  2-1  2-1  3  4-1 4-3 5-1   5-2 6-1  6-2  7-1 7-2 8-1 8-2  10-1 10-2  11  12-1 12-2
4-2  5-3 6-3  6-4
 2010  1  2  3  4-1 4-2  5-1 5-2  6  7  8  9  10  11-1 11-2  12
 2011  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11-1 11-2  12
 2012  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11-1 11-2  12-1 12-2
 2013  1-1 1-2  2-1 2-2  3  4  5  6 7-1 7-2  8  9  10  11-1 11-2  12-1 12-2
 2014  1  2  3  4  5  6  7-1 7-2  8  9  10-1 10-2  11  
                         
                                                      2011.4.1~
11/4/26 (火)
 本日の横須賀芸術劇場ニュース

 横須賀ジャズ・クルーズ vol.1 ~ジャズ・フロム・ライブハウス~
 の写真構成が変わっている。
 劇場側の熱意に感謝!!

 
 
 
  雑誌ジャズジャパン vol.9 2011.5号にジャズクルージングが掲載された。
 
 
 
 


 
 
横須賀ジャズ・クルージング vol.1

 ~ジャズ・フロム・ライブハウス~
6月26日(日)14:00開演 約4時間の公演
《出演》
GYPSY VAGABONZ ゲスト:北床宗太郎(vn) 
Hideko(vo&fi)、大西孝旺(g)、浜脇康平(g)、渡部拓実(b)、

志賀聡美(tb)・三好千江子(p)Quartet With 水野直子(vo)
横山 裕(b)、佐々木豊(ds)

MAYA(vo) With 松尾明(ds)&Tempus Fugit ゲスト:Lin Li(vo)
山本玲子(vib)、皆川太一(g)、遠藤征志(p)、小美濃悠太(b)
@
北口幹二彦(mc)
 
 
 
 
 
 
 
 11/4/26 (火)
 1昨日からの電源ケーブルの比較試聴結果Zonotone 7NPS-Shupreme 1
 CDプレーヤーの主役になった。
 外した Zonotone7NPS-5050 Grandioをディナウディオ・アビタープリで使っていた
 Ortofon 7NX・PSC-5500XG(市価105000円)と交換。
 
 がらりと変わり嵌った。素晴らしい!!
 ケーブルは組み合わせの妙だ。
 
 
 
 11/4/24 (日)
 今日のオーディオ。
 Zonotoneの最新最高級電源ケーブル7NPS-Shupreme 1の試聴。
 高価なケーブルを否定するオーディオ人がいる。
 それはそれで本人が自分の音に満足していれば良いのだが
 実際購入して試しての評価とは思えない。

 確かに真空管オーディオではデメリットのほうが多いかも知れない。
 ただ最新オーディオで自分の納得する音を求める為には必要な手段と思う。

 今回のZonotone電源ケーブル周波数帯域は広がり全体に締まった音に成る。
 低音の量感は減るがその分締まった低域を再生する。
 ヴォーカルはGrandioより若返る感じがするがする。

 暫く使うと我が家の機器になじんできたのか戻す気にならなくなった。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 11/4/23 (土)
 銀座博品館劇場「CHANTER LA PREVUE 20th」は実に楽しい幸福な時間を過ごせた。

 皆さんもどしどし音楽を楽しみましょう。
 
 横須賀中央駅のホームの大ポスター
 
 銀座博品館劇場
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 横須賀芸術劇場に出演をお願いしている水野直子さん
 
 ご両親とのショット
 
 
 
 
 
 
 
  6月の横須賀芸術劇場ライブの司会と歌をお願いしている北口さん
 
 
 
 当日先行発売していたCD「カモン・ベイビー/松尾明&テイク・テン・オーケストラ ミーツ 水森亜土」
  6月の横須賀芸術劇場出演の松尾 明さんの新譜。
  元気の出る素晴らしい演奏です。
 
 
 
 
 
 
 
 
 11/4/22 (金)
 明日は午前の仕事を終えたら銀座へ直行。

 私が以前から「追っかけ」をしている水野直子さんが出演する
 Chanter La Revue PART20の観劇。

 以前から見たかった公演で24日が最終日。

 
 
 
 
 
 11/4/20 (水)
 今日は世界で始めての実験(本人はそう思っている)。
 オーディオファブの古屋さんの提案。

 ヴァージンLPレコードを2枚用意し1枚は開封直後そのままで聞き、2枚目は超音波洗浄機
 で剥離剤が残っているであろうとの前提で中性洗剤を一滴入れて洗浄後再生。

 レコードはAudio Fab. Recordsの「Duos & Solo / Yumiko Shiga」
 このレコードはプロデューサーの古屋 明さんが拘った新録音10インチMONOレコード。

 最新のカットなので25ミルモノカートリッジで再生。
 ただEMTフランツTMD-15は出力が左右両方に出ているのでステレオスピーカーで再生。
 
 曲はB面1曲目「In Your Own Sweet Way / Nariyoshi Miki(p)」
 良い録音だ。

 私の耳では違いを感じる。
 洗浄後のほうが抜けがよい。

 これでレコードの溝が針になじむともっと好くなる筈だ。

 
 お薦めAudio Analog LP
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 ヴァージンレコードなのに指紋がつきカビが生えている
レコードも人間と同じような事があるものだ
 
 内袋に入れるときに触ってしまったのか
 
 
 
 
 

 
 11/4/17(日)
 今回も充実した土日。
 土曜日は恒例のメグの会。
 震災後2回目だがまだ影響を受けて何となく盛り上がらない。
 程々に酔って吉祥寺東急インに宿泊。
 11時オープンのディスクユニオンで5枚ほどアナログLPを購入。
 特別割引の時間帯でおんのじ。

 渋谷に出て「くじら屋」でランチ後ジャロに向かうも昼休みでクロス。
 仕方なく半蔵門のTFMミュージックバードのスタジオに直行。

 すでに岩浪洋三さんが来て準備中。
 まもなくディレクターの太田さん、寺島靖国さんが集まる。

 今日は人妻Aさんが山口防府に帰郷中で不参加と言われていたがと私がゲストと知って
 急遽飛行機で駆けつけてくれ4人の勢ぞろい。

 笑いあり失態ありの録音を終え吉祥寺でお好み焼きを食べほどほどにビールを飲んで
 からのメグ「柳沢正史真空管アンプでモノラーるレコードを聴く会」に参加。

 へそ曲がりの私はステレオカッターでモノカットされた復刻版を持ち込んだ。
 しかし柳沢さんの中音を生々しく再生するイコライザーアンプ・ラインアンプの力で
 実に分厚い再生音をアバンギャルドから引き出してくれた。

 
 京急横須賀中央駅の大ポスター
 
 今回のメグの会のお題は「ホープ」
 
 静かな会だった
 
 渋谷「くじら屋」の珍味盛り合わせ
 
 
 TFMミュージックバードのスタジオ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 再度メグへ
 
 
 
 
 
 DL102+WE396A EQアンプ、RCA71A Line アンプ
 
 
 
 
 
 大好評の再生音でさすが柳沢さん
 
 
 
 11/4/14 (木)
 オーディオの頁にRoom6を追加

 
 
 
 
 
 11/4/10 (日)
 神戸方面から熱血オーディオ軍団(お酒を含めて)の訪問。
 
 このところ静かに暮らしていたので元気を回復させてもらった。
 次回は逆訪問をしなければ!
 
 
 
 
 
 
  この日西宮パラゴンおたくさんに撮ってもらったピンキー
 
 同じくジャン
 
 11/4/7 (木)
 昨日YOU TUBEにUPした淡谷のり子SP再生の回転がおかしい。

 重い針圧をかけての回転調整後の再生を比較してください。

 ついでにダミアとエディス・ピアフのレコードもUPしてみました。

 
 
 
 
 

 
 11/4/6 (水)
 SPレコードで淡谷のり子の代表作を聴く。

 何故ブルースの女王と呼ばれたか納得。

 
 
 
 
 
 ハム対策にアースをとる

 
 11/4/2 (土)
 古いオーディオは定期的に鳴らさないとおかしくなる。
 今回はWE203Aリプロデューサー・セットのモーターの火花が散りノイズの原因。
 ローターのカーボンをきれいにして解決。

 電気再生のSPを楽しむ。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 11/4/1 (金)
 東日本大震災の日以降、オーディオに電気を入れるのが今日が初めて。
 WE13Aを聴こうとスイッチを入れいよいよ音だし。 青くなった!
 音は割れるしヴォリュームも上がらない。
 DSDプレーヤーから追っていくとプリが怪しい。
 真空管の接触不良のようだ。十数年ぶりに真空管のピンの清掃をする。
 音量は上がったが音割れは直らない。結局WE555Wのビビリだった。
 以前エイフルさんに調整してもらってそのまま開封していなかったWE555と交換。
 まともな音が出てほっと胸を撫で下ろす。

 エイフルさんは福島に引っ越してしまったのでリティルマネジメントの島谷さんにTEL.。
 島谷さんは千葉県船橋、やはり地震でスピーカーが落ち数十万円の被害を蒙ったそうだ。
 それと色々な所から地震で壊れたスピーカーの修理の問い合わせが来ているのだが
 いまだに送られては来ないとのこと。

 ということで今日聴く音楽はフォーレのレクイエム作品48。
 アニュスデイ(神の子羊)
 新 忠篤さん監修のダイレクト・トランスファーCD-R DSD DISC.
 SPレコードを蓄音機で聴き慣れた耳をしても何の違和感無くSPの音を楽しめる。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 今まで使っていたWE555Wの入力コネクターが間違って装着されている
 
 
 
 手作りのスペーサーを埃よけ
 
 今回も作る
 
 1円玉よりやや小さめ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 フォーレ:レクイエム作品48 ⑧アニュス・ディ
 
 

11/4/1 (金)
 SPレコードでJAZZを聴くと当時の演奏の凄さが伝わってくる。

 SPが美味く再生できず、LPが上手く再生できず、CDも巧く再生できず
 DSが最高と言っているオーディオ人のセンスを疑う。

 夜中のSP再生。

 
 
 
 Don't Blame Me / Charlie Parker(as),
Miles Davis(tp),Duke Jordan(p)Tommy Potter(b),Max Roach(ds)
 
 
 Scrapple From The Apple / Charlie Parker(as),
Miles Davis(tp),Duke Jordan(p),Tommy Potter(b),Max Roach(ds)
 
 Nigt And Day / Coleman Hawkins(ts),
Teddy Wilson(p),Cozy Cole(ds),Islael Crosby(b),
 
 As I Live And Bop /Stan Getz Quartette
 
 Summertime / Charlie Parker With Strings
 
 Five Brothers / Stan Getz Bop Stars
Allen Eager-Al Cohn-Zoot Sims-Stan Getz-Brew Moore(ts),
Walter Bishop(p),Gene Ramey(b),Charlie Perry(ds)
 
 Nobody Else But Me / Stan Getz(ts),
Jimmy Rowles(p),Bobby Whitlock(b),Max Roach(ds)
 
 With The Wind And The Rain In Your Hair / Stan Getz(ts),
Jimmy Rowles(p),Bobby Whitlock(b),Max Roach(ds)
 
 A Night In Tunisia / Charlie Parker(as),
Lucky Tompson(ts),Miles Davis(tp),Dodo Marmatosa(p),
Vic McMillan(b),Roy Porter(ds),Arvin Garrison( g),
 
 Ornithology / Charlie Parker(as),
Lucky Tompson(ts),Miles Davis(tp),Dodo Marmatosa(p),
Vic McMillan(b),Roy Porter(ds),Arvin Garrison( g),
 
 How High The Moon / Charlie Ventura And His New Orchestre
 
 
2011年3月31日へ  2011年5月へ