2011年4月へ 2011年6月へ
過去帳へ
 
 
 2003  1月  2月 3 月  4月  5月  6月  7月  8月  9月  10月  11月  12月
 2004  1-3      4-6      7-9      10-12    
 2005  1-3      4-6      7-9      10-12    
 2006  1-3     4-6       7-9      10-12    
 2007  1-4       5-9           10  11-12  
 2008  1-3      4-5    6  7  8  9  10-1 10-2  11  12
 2009  1-1  1-2  2-1  2-1  3  4-1 4-3 5-1   5-2 6-1  6-2  7-1 7-2 8-1 8-2  10-1 10-2  11  12-1 12-2
4-2  5-3 6-3  6-4
 2010  1  2  3  4-1 4-2  5-1 5-2  6  7  8  9  10  11-1 11-2  12
 2011  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11-1 11-2  12
 2012  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11-1 11-2  12-1 12-2
 2013  1-1 1-2  2-1 2-2  3  4  5  6 7-1 7-2  8  9  10  11-1 11-2  12-1 12-2
 2014  1  2  3  4  5  6  7-1 7-2  8  9  10-1 10-2  11  
                         
                                                      2011.5~
 
 2011/05/31 (火)
 大震災後、何となくオーディオ熱が冷めていたがいざ動き出すと止まらない。

 今日も配置換えしてケーブル類に拘ってみる。
 とは言ってもWE86Cの日立製ケーブルをベルデンに交換しただけ。

 
 
 
 
 2011/05/30 (月)
 各機種を仮接続し音を出してみる。
 ジリジリノイズが出る。
 アルテック1570Bの影響でイコライザーアンプから出ている。
 このフォノイコは音は良いのだがトランス等の影響を大いに受ける。
 しかたなく1570Bをラックから出しスピーカ傍に移動。
 ノイズは解決されて音量を上げるとフォノイコアンプの直熱管3A5がハウリングで鳴る。
 スピーカー直前にセットした為だ。
 配置を再考しなくてはならない。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 2011/05/29 (日)
 ウエスタン・エレクトリックの部屋の整理整頓を始める。
 長年の蓄積で酷い状態をマツシタHiFiさんから買ってきたラックで置き直す。

 
 
 
 
 
 
 
 
 


 
 2011/05/28 (土)
 新 忠篤さん「ミニ・コンサート」(アムトランス)
 テーマは「ラジオ技術」6月号掲載の38シングルアンプで、セーラー&N&F共同企画による
 ガラスCDのフルトヴェングラー&ベルリン・フィルーのベートーヴェン「運命」(1937年録音)、
 カザルスのJ.S.バッハ:無伴奏チェロ組曲(1936~39年録音)、
 さらにLPレコードから起こしたDSDディスクをGIP3ウェイ・スピーカで鳴らす。
 SONY SCD XE-800 SACDプレーヤを使用。

 実に暖かな心温まる音でした。
 
 
 
 
 当日使用のソフト紹介と新さんのクラフト部屋が紹介されている
 管球王国創刊60号記念2011 SPRING
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 その後メグへ
 『祝・1周年!!』メグ・ジャズ・オーディオ愛好会
 中級CDプレーヤーの使いこなし
 CEC TL53Z をその場で追い込んでみます。
 外付けDAC クロックなどを使い上位クラスのプレーヤーと比較していきます!
 システム構成
 スピーカー:STRING LS3/5a V2(小型BBCモニタースピーカー)
 プリメインアンプ:JADIS DA50-SIGNATURE(フランス製真空管アンプ)
 CDプレーヤ:AYON CD-07(オーストリア製、USB入力付き) / CEC TL-53Z(ベルトドライブ 
 中堅CDP)DAC:PCM63P-K4パラ(自作)
 クロック:水晶クロック(audio&design)
 クロックレシーバー:インフラノイズ CRV-777
 
 
 
 
 
 今日のベストアルバム

 
 2011/05/25 (水)
 午後より海辺のドックカフェ&インドレストラン『カリカ』へ。
 今日は三好千江子さんと志賀聡美さん6月26日横須賀芸術劇場でのライブの打ち合わせ。

 産卵間近の草フグが大挙して歓迎してくれた。

 
 
 
 
 
 三好千江子さんの愛犬ガトー・バリビエリ(トイマンチェスターテリア)
 
 
 
 
 

 
 2011/05/24 (火)
 MUSIC BIRD PROGRAM GUIDE 2011 5/30~6/26が来た。
 早速見てみると先日の「プロファインドリー・ブルー」放送の案内が載っている。

 
 


 
 2011/05/22 (日)
 松尾明さん結婚披露パーティーの後、皆で新しくオープンした「ボロンテール」へ
 その後、岡部綾子(vo), 吉田章啓(p), 木下浩太(b), 相原進之介(ds)を聴きに「メグ」へ。

 
 
 

 
 2011/05/22 (日)
 松尾明さんの赤坂バードランドでの結婚披露パーティーに参加。

 北口幹二彦さんの軽快な司会で松尾明テークテンをバックの楽しい披露宴。
 
 
 
 
 
 ジャズ批評 松坂妃呂子さん
 
 岩浪洋三さん
 
 
 
 寺島靖国さんも同席
 
 マーサ三宅さんがヴォーカルでお祝い
 
 
 
 
 
 

 
 2011/05/21 (土)
 鎌倉パークホテルでの駒木佐地子ディナーショウ。
 毎年テーマに拘り楽しめるクラッシクタイム。

 音楽に酔いワインに酔い、今日も充実した一日だった。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 2011/05/19 (木)
 先日JAZZオーディオ訪問を受けた群馬の可部一夫さんから凄いプレゼント。

 氏が以前収集していたSPレコードが送られてきた。
 内容は以下のお宝。

 氏が再度SPレコードを聴く環境になるまでお預かりしCDRに落としてみる。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


 
 2011/05/18 (水)
 JBL D30085 Hartsfield+ALTEC LANSING 1570B +McINTOSH C8
 +BARCO-EMT 930st+TSD-25で
 Here Comes Carple Creveling(Euterpean EFP101)よりStar Eyesを聴く。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 2011/05/16 (月)
 オーディオの大いなる無知。
 JBLハーツフィールドを鳴らしていたメインアンプALTEC LANSING 1570B Amplifier
 以前使っていたJBLC-31の時よりハムノイズが多い。
 プリアンプをALTEC LANSING 1567A Mixer Amplifier(バランス)から
 McINTOSH C8
(アンバランス)に変えた為とC8のSNが悪い為と諦めていたが
 試しにMcINTOSH MC2105に繋ぎかえると殆どノイズが出ない。
 知人に電話してLine Transformer15095を外すよう教えてもらった。
 悩みが解決。
 音はALTEC LANCINGが数段上。
 1570はALTECの最高傑作と思う。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 このカバーを着けないと電源が入らない安全対策(放射線?)
 
 
 
 MC30はC8の電源部としてのみ使用
 
 
 2011/05/14 (土)
 今夜は6月26日の「横須賀JAZZクルージングvol.1」に出演をお願いしている
 三好千江子トリオの演奏を聴きにパンパシフィックホテル横浜「カフェ・トスカ」へ。
 梅を食べさせて飼育した和歌山地鶏と猪豚、同じく梅酒を飲みながら楽しむ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 2011/05/14 (土)
 昨日の「行方均プロファンドリー・ブルー」の3回分(1時間番組)の収録。
 実に順調に終わりその後平川町のEnoteca Doroイタリアレストランで
 ご馳走になる。
 2人半でワインを4本空け最後にグラッパ。
 最終電車で何とか帰宅。

 JAZZ繋がりは有り難い。。
 6月放送です。

 この時の事は行方さんのブログ「ぼくのブルーノートブック」に詳しく書かれています。

 
 
 
 
 
 
 
 
 


 
 2011/05/13 (金)
 今日はPCM放送ミュージックバードの収録のために半蔵門東京FMまで出張。
 以下の行方均さんの番組にゲストとしてオリジナル・アナログ盤を持ち込んでの
 3回分の収録。
 PCM放送も7月で終了だそうで最後のご奉公です。

 結果は後ほど報告します。
 
 

プロファウンドリー・ブルー

★4月から再放送の日時が変わりました 
 (土)13:00~14:00  再放送=(火)22:00~23:00 

 1939年の創立から現在に至るまで、常に最良のジャズを送り届けてきた史上最強、最大の
 ジャズ・レーベル『ブルーノート』。この番組はそんな『ブルーノート』の名演を”深~く”
 (プロファウンドリー)楽しむ番組です。ちなみに、番組名の「プロファウンドリー・ブルー」と
 はブルーノート初期(1941年)のヒット曲で、エレキ・ギターの開祖チャーリー・クリスチャンが
 生ギターを弾く室内楽ジャズの名演です。


 パーソナリティ:行方均(なめかた・ひとし)
 レコード・プロデューサー。ブルーノートの姉妹レーベル、サムシンエルスを通じて
 ロン・カーター、 ゴンサロ・ルバルカバ、大西順子、イリアーヌら、数々の作品を世界に送る。
 編・訳書に『21世紀版ブルーノート・ブック』(ジャズ批評ブックス)、
 『200Discsブルーノートの名盤(改訂新版)』(学研パブリッシング)、
 『ブルーノート再入門』、『ブルーノート・レコード』(朝日文庫)、
 『ブルーノート・アルバム・カヴァー・アート』(美術出版社)他。 ≪


 
 2011/05/11 (水)

5/21(土)駒木佐地子ディナーショー
      「ヨーロッパ音楽の源」

 毎年恒例となった私の友人駒木佐地子ディナーショー
 第7回の今回は「ヨーロッパ音楽の源」と題して日本のクラッシック音楽に
 大きな影響を与えた曲の数々を披露してくれる。
 大いに楽しみだ!!

 出演:
   駒木佐地子(ピアノ)
   宇佐美瑠璃(ソプラノ)
   石塚千恵(ヴァイオリン)
   駒木宏美(MC・ピアノ)

 お申込み・お問い合わせは 0467-25-5121 鎌倉パークホテルまで

 
 『ヨーロッパ 音楽の源』
第1部
 ①エルガー      愛の挨拶
 ②エルガー      溜め息
 ③シューマン     トロイメライ
 ④メンデルスゾーン 歌の翼
第2部
 ⑤グリーグ      ピアノ協奏曲イ短調第1楽章
 ⑥グリーグ      きみを愛す
 ⑦グリーグ      ヴァイオリンソナタ第3番 第2楽章
 ⑧シベリウス     マズルカ
 ⑨スメタナ       モルダウの流れ
 ⑩ドヴォルジャーク スラブ舞曲第2番
 ⑪ドヴォルジャーク わが母の教えたまいし歌
 ⑫ドヴォルジャーク ルサルカのアリア「白銀の月」
 ⑬ベートーヴェン  ソナタ悲愴 第2楽章
 ⑭ショパン      夜想曲 遺作
 ⑮バッハ       無伴奏ヴァイオリンソナタ第1番第1楽章
 ⑯マーラー      「子供の不思議な角笛」~この歌をひねり出したのはだれ?
 ⑰ワグナー      「ヴェーゼンドルクの五つの詩」~苦悩
 ⑱イギリスの歌   久しい昔、グリーンスリーブス、暗路、庭の千草、
              埴生の宿、ロッホローモンド、アンニーローリー





 
 
 2011/05/08 (日)
 昨夜は地元横須賀のジャズ喫茶Cabinのライブへ。
  
 JAZZ演奏愛好家達が集まって和気あいあいに演奏を繰り広げている。

 
 
 
 
 
 
 

 
 2011/05/07 (土)
 アヴァンギャルド・トリオ+4バスホーンセットのケーブル周りがほぼ決定。
  
 ゾノトーンとMITがメインとなった。

 ケーブルも組み合わせ次第。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 11/05/03 (火)
 昨夜は三好千江子・志賀聡美のLiveを海辺のドックカフェ&インドレストラン『カリカ』へ。

 愛犬ジャンと美味しい蒸しポーク(ジャン用)とポークカレーと牛すじカレーライスを食べ、
 ギネスビールを飲みながらのLive。

 音響の問題など無視して楽しめた。

 
 
 
 
 11/05/02 (月)
 5月13日にEMIジャパン行方 均さんのミュージックバード「プロファウンドリー・ブルー」
 にゲスト出演する為のアナログLPからCDRへの録音がうまくいかない。


 ちなみにPCM放送ミュージックバードは以下のごとく」
 .≫

PCM放送ご契約者の皆様へ~「SPACE DiVA移行プラン」お申込み期限について】 ※受付終了しました

  PCM放送のご契約者の皆様に郵送にてご案内させていただきました、「SPACE DiVA移行プラン」の
 お申し込み期限が2011年3月31日(消印有効)に迫っております。お早目のご返答をお待ちしております。
  万一、移行のご案内がお手元に届いていない場合、また、詳しいお問合せにつきましては
 下記のご契約者専用フリーダイヤルまでお手数ですがご連絡いただけますようお願い申し上げます。

【2011年8月「SPACE DIVA」番組編成について】 (2011年3月更新)

   SPACE DIVA放送の各チャンネルの番組編成につきまして、本年8月放送分より、下記の改編を行うことと致します。

<<2011年8月以降の編成について>>

 ■THE CLASSIC (PCM7ch/SPACE DiVA121ch)
 <SPACE DiVA121chでの主な継続番組>
  ① 「ニューディスクナビ」/②「ウィークエンドスペシャル」/
  ③「WORLD LIVE SELECTION」/④「トッパンホール・トライアングル」
 <7月末終了予定番組>
  ① オーディオファイルのためのディスクガイド」 
   雑誌「ステレオサウンド」との連動は6月放送分まで。7月は「TOKYO FM 伝説のクラシック・ライヴ」をお送りします。
  ② 宮本文昭のNEXTAGE」
   4月~7月は番組開始以来の貴重なアーカイブのアンコール放送となります。
     なお、4月よりコミュニティチャンネル(SPACE DiVA126ch)で宮本文昭さん出演の新番組「宮本文昭の音楽、雑学、人生楽」を放送中。
 
 ■THE JAZZ (PCM8ch/SPACE DiVA122ch)
 <SPACE DiVA122chでの主な継続番組>
  ① 「Brand-New CD」/ ②「Special Works」/③「PCMジャズ喫茶」※タイトル変更予定 /
  ④「JAZZ Weekend Special」/ ⑤「大橋美加のNice ‘N’ Easyタイム」/⑥「プロファウンドリー・ブルー」
 <7月末終了予定番組>
 ① 「Standard Time」 /②「MOONKSTYLE」

 ■cross culture (PCM11-1ch/SPACE DiVA124ch)
 <SPACE DiVA124chでの主な継続番組>
  ① 「トランスワールドミュージックウェイズ」/②「アーティスト・コレクション」/③「天国を聴くラジオ」
 <7月末終了予定番組>
  ① 望星高校通信教育講座」/②「Standard Time」/
  ③「谷村有美それなりに+」/④「アフタヌーンパラダイス」(※③④はSPACE DiVA126chのみで放送)

 ■歌謡演歌 (PCM9-2ch/SPACE DiVA123ch)
 ■J-HITS (PCM10-2ch/SPACE DiVA 108ch)
 ■KLASSE (PCM12-1ch/SPACE DiVA 117ch)
 ■EASY LISTENING (PCM12-2ch/SPACE DiVA 116ch)
  ※上記4チャンネルは現在のところ変更ございません。

 ■ROCK (PCM10-1ch)
 ■GROOVE (PCM11-2ch)
  ※上記2チャンネルのSPACE DiVAでの放送はありません。
  SPACE DiVA 104ch・105ch・206ch~215ch等の各チャンネルでお楽しみください。(SPACE DiVAチャンネル表参照

【2011年8月以降のプログラムガイド誌について】 (2011年3月更新)

 永年ご購読いただきましたプログラムガイド誌につきまして、大変申し訳ございませんが、
 ご購読者様の減少による大幅な収支赤字が見込まれる為、7月号をもってやむを得ず廃刊とさせていただきます。
 各チャンネルともソングリストにつきましては、無償で閲覧いただける当社ホームページでご覧頂きますようお願いいたします。
  なお、やむを得ずホームページをご覧いただけないご契約者様には、曲目表を実費(1チャンネル当たり1,000円程度)
 でお届けすることも検討しております。決定次第、ホームページにて発表いたします。
 また、年間購読のご契約者様には差額を振込にて返金させていただきます。
 私のようなJAZZ8ヘビーリスナーには非常に残念な結果だがSpace Divaから
 新しいチューナーが届いているのでそろそろセットしなくては。
 
 
 
 
 
2011年4月へ 2011年6月へ