2011年5月へ 2011年7月へ
過去帳へ
 
 
 2003  1月  2月 3 月  4月  5月  6月  7月  8月  9月  10月  11月  12月
 2004  1-3      4-6      7-9      10-12    
 2005  1-3      4-6      7-9      10-12    
 2006  1-3     4-6       7-9      10-12    
 2007  1-4       5-9           10  11-12  
 2008  1-3      4-5    6  7  8  9  10-1 10-2  11  12
 2009  1-1  1-2  2-1  2-1  3  4-1 4-3 5-1   5-2 6-1  6-2  7-1 7-2 8-1 8-2  10-1 10-2  11  12-1 12-2
4-2  5-3 6-3  6-4
 2010  1  2  3  4-1 4-2  5-1 5-2  6  7  8  9  10  11-1 11-2  12
 2011  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11-1 11-2  12
 2012  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11-1 11-2  12-1 12-2
 2013  1-1 1-2  2-1 2-2  3  4  5  6 7-1 7-2  8  9  10  11-1 11-2  12-1 12-2
 2014  1  2  3  4  5  6  7-1 7-2  8  9  10-1 10-2  11  
                         
                                                     2011.6~
 
11/06/30 (木)
 先日のJAZZコンサートで購入したMAYA/Limited EditionをJALの部屋で聴く。
 幸せな気分。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 11/06/27 (月)
 あっという間の4時間だった。
 自画自賛で申し訳ないが本当に楽しい時間を提供出来たと思っている。
 
 当日の演奏曲

◆志賀聡美・三好千江子Quartet With 水野直子

 St. Luis Blues (Piano solo)

 Alfonsina

 Have You Met Miss Jones

 Kennedy Rose

 Triste

 Lost of Love (Sun flower)

 My Conception

 

GYPSY VAGAVONZ

 ジャンゴロジー

 Fly Me To The Moon

 アマポーラ

 Night Day

 There Will Never Be Another You

 いとしのエリー

 I love Paris

 

Lin Li With 松尾明&Tempus Fugit

 Mr. Wonderful

 A Girl From Ipanema

 Chinese Song ( Flower in Night)

 I Could Write a Book

 

MAYA With 松尾明&Tempus Fugit

 Boom Boom

 稲村ジェーン

 I Put a Spell

 夢は夜開く~トレスパラ

 港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ

 朝日のあたる家

◆JAM
 ルート16(66)


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 11/06/26 (日)
 今日はいよいよ横須賀ジャズ・クルージングvol.1 ~ジャズ・フロム・ライブハウス~
 の本番。
 朝から劇場のリハーサルに同席。
 ミュージッシャンの凄さを知った。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
横須賀ジャズ・クルージング vol.1
 ~ジャズ・フロム・ライブハウス~
6月26日(日)14:00開演 約4時間の公演
《出演》
GYPSY VAGABONZ ゲスト:北床宗太郎(vn) 
Hideko(vo&fi)、大西孝旺(g)、浜脇康平(g)、渡部拓実(b)、

志賀聡美(tb)・三好千江子(p)Quartet With 水野直子(vo)
横山 裕(b)、佐々木豊(ds)

MAYA(vo) With 松尾明(ds)&Tempus Fugit ゲスト:Lin Li(vo)
山本玲子(vib)、皆川太一(g)、遠藤征志(p)、小美濃悠太(b)
@
北口幹二彦(mc)
 
 横須賀芸術劇場インターネット販売空席状況
 
 
 11/06/24 (金)
 震災以来電源を落としていたJBL4350Evo.システムを鳴らす。
 暫くぐずっていたが何とか鳴ってくれた。
 Memphi Blues/Cyndi LauperよりHow Blue Can You Get?を聴く。

 
 
 
 
 
 

 11/06/22 (木)
 昨日よりVOIGT DOMESTIC HORNが落ち着いてきた。
 Quad22+Ⅱ(KT66pp)←Garrard Model 301 
 ←Deccaアーム←DeccaカートでThe Rockin' Chair Lady /Mildred Baileyを再生

 
 
 
 
 

 
 11/06/22 (水)
 久しぶりにVOIGT DOMESTIC HORN {1934年}を鳴らす。
 少し鳴らし続けないと本来の調子に戻らない。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


 
11/06/20 (月)
 ノイマンカッティングレース、ロンドン・ウエストレックス、クラングフィルムで
 ローランド・カークを聴く

 この部屋では久しぶりのアナログ再生
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 11/06/19 (日)
 先日ヤフーオークションで入手したPX25が使えるパワーアンプ。
 配線の変更をして鳴らしてみる。
 オーディオはこれで良いのだと思わせる音。

 
 
 
 ヤフーオークションから
≫”鳴る真空管試験機?”です ドライバーはEF37,WE348A等 パワー管はUF4Pならば
色々な真空管が楽しめる様に試作しました 
内容はパワー管のフィラメントは定電圧約4~6V+α可変直流点火 
+Bは6080の定電圧約350V~420V可変 整流管整流 GZ-34,GZ37、5U4GB等
バイアスは1KΩ~1.5KΩ可変 Rpは3.5K+2.5k 2次側切り替え可変 
LUX OY-15-3.5HS PTはLUX5A-68 CTは定電圧電源の為省略 
試した真空管は DA-30,PX-25,PX-4etc.です 
部品等はジャンク箱にあったものを利用、部品の定数等は鳴らしながらカット&トライで
決めました 鳴り、動作しますが ジャンクとします≪

注意点 ①真空管差し込んでください但し整流管を抜いて置いてください 
①フィラメントの電圧をチェックしてください 
②パワー管を抜き 整流管を取付 +B電圧をパワー管の希望電圧にしてください
③バイアス用レオスタットを最大1.5kΩ(最低は500Ωになっております) 
+B・フィラメント電圧セットできましたら 全て真空管を差込 
パワー管の規定電圧・バイアスを調整してください 
・バイアス抵抗調整はレオスタット(パワー間の左後) フィラメント電圧調整は
シャーシー上部右の(3個ある両端がフィラメント電圧調整・真中が+B電圧調整です)
2P=AC電源100V 3P=入力 4P=出力(4・8・16Ω・com) 
5P=E・-C・+B・±フィラメント電圧となっております
 
 
 
 
 
 
 
 
 


 
 11/06/18 (土)
 午後1時よりPCM放送ミュージックバード「行方均のプロファインドリーブルー」
 私がゲストで3週目の登場です。

 オリジナル・アナログLPから落としたCDRの音が良く聞こえるのは何故なんだろう。

 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 11/06/16 (木)
 寺島靖国プレゼンツ『オール・アバウト・ベサメ・ムーチョ』
 面白い企画のCDだ。
 ただジャケットがいただけない。

 わたしならこうするのだが。

 
 
 
 オリジナル


 
 11/06/12 (日)
 志賀聡美さんの新譜CDMy Way My Conception」
 アヴァンギャルドとジェンセンで聞き比べ。
 マイクがスピーカーに近すぎて音割れが酷いが離れると消える。

 
 
 
 
 11/06/11 (土)
 午後1時からのミュージックバード「行方均のプロファンドリーブルー」
 ゲスト2週目の放送。

 今回はラウンドミッドナイト特集。
 ピンキーもジャンも気持ちよさそうに熟睡。
 
 
 
 
 マツシタHiFi、松下社長のトロンボーンの先生志賀聡美さんの新譜CDを聴く。
 
 
11/06/10 (金)
 午前中は刑務所でお勤め。
 午後より東京へ。
 品川で降り、昨日のTV「ゴチになります」で紹介されていたシンガポールレストラン
 「 シーフードリパブリック」 でスチームクラブとふかひれ姿煮などを食べる。
 もう一度来たい料理ではなかった。

 その後高田馬場「Blue Drag」へジプシーバガボンズを聴きに。
 
 さらにイントロでJAZZの香りを。。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 2011/06/09 (木)
 いよいよRCA Radioboxに入れたJENSEN G-610B TriaxiaにWE86Aを繋いで鳴らす。
 また違う世界で面白い。

 
 
 
 
 
 
 
 

 
 2011/06/08 (水)
 JENSEN G-610B TriaxiaをRCAのラジオボックスに何とか着ける。
 これは我が家で一番聴かないスピーカーなので期待が持てる。

 巧い具合にヴォリューム、選局のダイアルの穴にネットワークのアッテネーターが付いた。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 2011/06/07 (火)
 ELTASさん製作のWE49プリ、電源がバッテリーで点火しているのだが拘って
 スズキエレクトリックさんに頼んでいたタンガー電源が出来上がってきた。

 再生音の粒立ち、円やかさが際立つ。
 ただの電源なのだが。
 この時代からすでに考えられていたのだろう。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


 
 2011/06/06 (月)
 約40年前に購入したJENSEN G-610B Triaxial
 1本はコーンが変形、ヴォイスコイルもダンパーも破壊していた。
 1本は埃まみれだったが何とか使えそうだ。
 コーン紙を爪弾くと乾いた良い音がする。
 試しに裸のユニットをアンプに繋いでみる。

 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 2011/06/04 (土)
 夕方よりアヴァンギャルドの周辺機器のアース線を整理。

 何十年の歴史でこれだけアース線が貯まっていた。
 これでもアバンギャルド側だけだ。

 全部外して再構築。
 アバンギャルドのバスホーンのアンプからループハムが出るのでプリとアースを繋ぐ。

 
 
 
 
 
 
 2011/06/04 (土)
 先月録音されたPCM放送ミュージックバード「行方均プロファインドリーブルー」
 午後1時より放送された。

 自分の声を聴くのは恥ずかしい。
 
 
 
 

 2011/06/04 (土)
 昨夜の音の彷徨。
 誰にも教えたくない隠れ家。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 2011/06/03 (金)
 今日の午後はロンドン・ウェストレックスのシステムのアースチェック。

 アース1本の取り付け取り外しでハムが激減する。

 カッティングレースのモーターは大きいので如何してもハムが出やすい。
 現代アナログオーディオのようにモーターを小さくすればS/Nは良くなるのだが
 レコードをカッティングするターンテーブルで再生するのだから文句は無いでしょう。
 昔、日本のレコードメーカーはレーリックのモーターよりS/Nが良いと東芝製や
 テクニクス製のモーターに変えてレコードをカッティングした時の音のひ弱さを考えると
 私の拘りが理解できるでしょう。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 2011/06/02 (木)
 昨日のフォノ系のハムを解決。
 フォノイコライザーのアースを外しただけ。
 アースには何時も悩まされる。

 再構築のついでにラインを変えてみる。
 プレーヤーからWEのMCトランス→真空管フォノイコ→WE49プリ→WE86C
 CDプレーヤーからWECDトランスでモノ化→WE49プリ→WE86Cでハム・ノイズが激減。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 2011/06/01 (水)
 昨日の続きで音出し。
 プレーヤーの傍にフォノイコを於いた為モーターを回転させるとハムが増大。
 大きなモーターの欠点が顕わになる。

 音が良い物は取り扱いが大変だ。
 現代のプレーヤは小さなモーターが主流だが音味な関しては余り感心しない。
 
 
 
 
 
 
  2011/06/01 (水)
 いよいよ『横須賀ジャズ・クルージング vol.1』が今月26日に開演。
 中国からLinLiさんも来れそうでホッとしている。

 ただ大震災後の開演にて空調の計画停電への配慮もあり演奏時間が縮小された。.

 休憩時間を2回入れ飲食(アルコール有り)しての約4時間、
 協賛が(株)ヤチヨさんなので楽しい催しになりそうだ。
 
 
 
横須賀ジャズ・クルージング vol.1
 ~ジャズ・フロム・ライブハウス~
6月26日(日)14:00開演 約4時間の公演
《出演》
GYPSY VAGABONZ ゲスト:北床宗太郎(vn) 
Hideko(vo&fi)、大西孝旺(g)、浜脇康平(g)、渡部拓実(b)、

志賀聡美(tb)・三好千江子(p)Quartet With 水野直子(vo)
横山 裕(b)、佐々木豊(ds)

MAYA(vo) With 松尾明(ds)&Tempus Fugit ゲスト:Lin Li(vo)
山本玲子(vib)、皆川太一(g)、遠藤征志(p)、小美濃悠太(b)
@
北口幹二彦(mc)
 
 
 
 横須賀芸術劇場インターネット販売空席状況
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 水野直子さんのCD「Sweet Sings」
 
 
 
 志賀聡美さんの新譜CD「My Way My Conception」
 
 
 
 
 Gypsy VagabonzさんのCD「GYPSY VAGABONZ」
 
 
 ジャズ批評No.157より
 
 
 
 
 MAYAさんの最新CD「MAYA She's Something」
 
 
 
 MAYAさんのリニューアル復刻CD「Why Try To Change Me Now?」
 
 
 
Lin LiさんのCD「Jasmine」
 
 
 
 
2011年5月  2011年7月へ