2011年8月へ  2011年10月へ
過去帳へ
 
 
 2003  1月  2月 3 月  4月  5月  6月  7月  8月  9月  10月  11月  12月
 2004  1-3      4-6      7-9      10-12    
 2005  1-3      4-6      7-9      10-12    
 2006  1-3     4-6       7-9      10-12    
 2007  1-4       5-9           10  11-12  
 2008  1-3      4-5    6  7  8  9  10-1 10-2  11  12
 2009  1-1  1-2  2-1  2-1  3  4-1 4-3 5-1   5-2 6-1  6-2  7-1 7-2 8-1 8-2  10-1 10-2  11  12-1 12-2
4-2  5-3 6-3  6-4
 2010  1  2  3  4-1 4-2  5-1 5-2  6  7  8  9  10  11-1 11-2  12
 2011  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11-1 11-2  12
 2012  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11-1 11-2  12-1 12-2
 2013  1-1 1-2  2-1 2-2  3  4  5  6 7-1 7-2  8  9  10  11-1 11-2  12-1 12-2
 2014  1  2  3  4  5  6  7-1 7-2  8  9  10-1 10-2  11  
                         
                                                      20119.1~
 11/09/29 (木)
 JBL SG520がトラブル。
 音は出るのだが両チャンネルボソボソと小音量しか出ない。
 2階のMcIntosh C-26を代替に使う。

 又違う世界が聴ける。

 
 
 
 
 
 
 

 
 11/09/28 (水)
 真空管オーディオフェアが開催されます。

 

第17回真空管オーディオ・フェア

●10月9日(日)

(講演1)
11:00~12:30
・題目:真空管アンプで聴く LPレコードの秘密
・講演者:柳沢正史
・企画:真空管オーディオ協議会

(講演2)
13:00~14:30
・題目:「最新デジタル録音機の紹介と、高音質手作り生録サウンドを楽しむ」
DSD録音、ハイレゾ録音、そしてマイク方式の聴き比べ!BR>
・講演者:石田善之、岩井喬・企画:『オーディオアクセサリー』音元出版社

(講演3)
15:00~16:30
・題目:ジャズ奏者vsプロエンジニア,生ロクの厳しさと楽しさ
・講演者:加藤しげき+友情出演:クラリネット/サックス奏者 笠井義正
・企画:『ラジオ技術』アイエー出版社

(講演4)
17:00~18:30
・題目:励磁型による最新スピーカーシステムの魅力を聴く
・講演者:新 忠篤
・企画:『管球王国』ステレオサウンド社


●10月10日(月・祭)

(講演5)
11:00~12:30
・題目:「アナログレコードから最新配信オーディオまで」
・講演者:小谷野 進司(日本オーディオ協会)
・企画:日本オーディオ協会(※交換講演)

(講演6)
13:00~15:00
・題目:最新真空管アンプ試聴会
・講演者:松並希活,佐藤進,征矢進,岩村保雄
・企画:『無線と実験』誠文堂新光社

(講演7)
15:30~17:00
・題目:ロクハン以下・1m以下」で競う! 
月刊『ステレオ』筆者による自作スピーカー試聴会
・講演者:石田善之・浅生昉・遠藤正奥・小澤隆久・村井裕弥
・企画:『ステレオ』音楽之友社


●『オーディオ&ホームシアター展』にて、真空管オーディオ協議会企画による講演

・主旨:『オーディオ&ホームシアター展』(日本オーディオ協会)とは、
これまで別々に開催してきましたが、お互いに協力することで“オーディオの輪”を
少しでも広げたいと願い、〈講演5〉で日本オーディオ協会様の企画で、
下記の予定で真空管オーディオ協議会の企画で交換講演を行います。

・日時:10月22日(土)10;30~12:00
・場所:富士ソフトアキハバラ 7Fプレゼンルーム
・題目:DSDダイレクト録音を真空管アンプで聴く
・講演者:新 忠篤

 

2011年 第17回
出展メーカーからのお知らせ

サン・オーディオ
 南房総・館山でレストランを営むかたわら、30年以上にわたり誠文堂新光社刊「MJ無線
と実験」誌上に自作真空管アンプを発表しつづけてきた佐久間駿氏が3年間のブランクを経
てフェアに再降臨!初日の10月9日(日)にタムラ製作所とサン・オーディオの共同ブース
(4階奥)にて新作アンプ、他のヒアリング会を開催(計4ステージを予定)いたします!
なお、当日は混雑が予想されるため開場後ブースにて入場整理券を配布する予定です。


SUM-TECH
 SUM-TECHでは自作に適した真空管アンプ組み立てキットをラインナップしております。
今回はその中より、6P1やEL34を用いたエントリーモデルから300Bを用いたハイエンドモデ
ルまで皆様に十分に楽しんでいただけるキットを、SUM-TECH自慢のコンビネーション・ホー
ン・スピーカー CH-200で聴き比べていただけるコーナーを設けさせていただきます。
また、部材販売のブースでは選りすぐりの真空管アンプ部材をお買い得価格でお求めいた
だけます。皆様のお立ち寄りを心よりお待ち申し上げております。


日本オルガン株式会社(サルヴェ・レジーナ)
 当社ではクラシック型電子(パイプ)オルガンの製造販売を行っており、音の感動感や魅力
感を追及し続けています。オリジナルブランド“Salve Regina”のオーディオ製品も同じ問題
意識で開発されています。今回は、新作のブックシェルフ型スピーカー“Artist”とパワーアン
プを出展します。生演奏の音の感動感や空間の心地よさをデモ演奏でお伝え出来ればと思
います。
当日はご来場者様だけの特別価格販売もあります。


ミクセル
 優れた音場感とスムースな出音で好評のCBスピーカーキットの新機種CB250を出品いたし
ます。CBシリーズで最大の14リットル容量で、13cmクラスのフルレンジに対応できるキット
です。マークオーディオのAlapir10v2を装着し音出しを行う予定です。
グッディーズ
 本年よりこれまでのCD-Rに加えて、理想の音質とも言えるDSDディスクの販売を 開始いた
しました。会場では特別にDSDディスクのサンプラーを販売予定です。 (DSDディスクの再生
は通常のCDプレーヤでは行なえません。SONYのSCD-XE800などの対応機器が必要です)
SolutionLabo-R
 自社開発アシストウーファーは、既存技術では不可能な音楽再生を実現。あらゆるスピー
カの音に溶け込む低音再生装着のアシストウーファーを加える2.1ch再生をお薦めします。
それだけで歴然と違う再生音が得られます。聴こえなかった音が聴こえ、小型~中型スピー
カは豊かさと厚みが加わり、大型スピーカは、更に雄大なスケール感と自然な響きに変貌し
感動なさるでしょう。特殊構造BOX8cmフルレンジシステムも発表します。


音株式会社
 出展品
1.ON-47 :LCD表示のスイッチャー(セレクター)入力、アンプ、スピーカーの切替をタッチパ
ネルで行う。特許申請中。
2.ON-38 :50、2A3、300Bの出力管がコンパチブルで使用できるメインアンプ。
真空管は310A、349A、274B、インターステージトランス使用回路、モノラル構成。
特許申請中。
3.バックロードフォンスピーカーシステム、大型バッフルで重量75kg
ご質問等ありましたら、時間予約下さい。


GTKオーディオ
Leakアンプの修理、販売を中心にWharfedale,Goodmans等の英国オーディオ機器の販売
をおこなっております。特にLeakアンプのメンテナンスにおいては、部品一つひとつにこだ
わり、常によりよい音を求めて日々研究努力しております。昨年の出店時には、多くの人々
から興味を持っていただきましたが、この1年間の研究の成果を皆様にお示しできるものと、
本年度の出店を楽しみにしております。ぜひGTKオーディオにもお立ち寄りいただき、
メンテナンスの行き届いたLeakの音をお楽しみください。 


高槻電器工業(株)
 オーディオ用ST型直熱3極真空管
TA-300B 参考価格 ¥102,900(ペア 税込)

昨年11月に、国産製品としては35年振りにオーディオ用3極出力管を匠の技で復活し、
ご好評を頂いております。
オーディオの主流はアナログからデジタルへ、真空管から半導体へと移行しましたが、真空
管アンプが奏でる艶のある音質には今も根強い人気があります。
フィラメントの淡い灯りと、しっとりとした音空間に包まれてゆったりと流れる時間をお楽しみ
下さい。
フェア当日は、ALTEC A7、パラレルシングルアンプにて演奏予定です。
【仕様】
フィラメント電圧:AC/DC 5V
プレート電圧:450V(最大)
プレート電流:100mA(最大)
プレート損失:40W(以内)」

和光テクニカル
 今年は新しい出展社の増加に伴い私たちの試聴、展示は一括2Fエントランス会場に集約
する事になりましたが幸いにも音出しは可能である為弊社ハイテク300BアンプとCharioスピ
ーカーの音はお確かめ頂けます。尚栃木事業所では3月の大地震でスピーカーのダンボー
ル箱のみが油で汚れたプレミアム2000 2セットシルバレット200 2セットとプレミアム2000タ
ワー 1セットを特価販売とさせて頂きます。申し込み順にお渡し致しますので興味のある方
はお早めにお電話下さい。


(株)ドリームクリエーション
PARC Audioは弊社独自のウッドコーンをはじめ、各種オリジナルスピーカー関連商品を開
発・販売しています。
フェアでは開発中のハイエンドユニット(PARC-L11, PARC-T11)のデモや、会場特価での
各種販売も行います。両モデルとも大型アルニコマグネット、オール切削磁気回路を採用。

PARC-L11は弊社独自の完全シンメトリー・デュアルダンパー構造の17cm極上ノンプレスコ
ーンウーファー、PARC-T11はクラス最軽量20μボイスコイル一体型構造1インチアルミドー
ムです。  


(有)春日無線変圧器
リーズナブルな価格で、納得いただける音質を目指し開発したオリジナル真空管アンプ・
キットを中心に、各種オリジナルトランスの取り扱いを行っております。
弊社店舗は手狭な環境で、多くの皆様に試聴していただくことが困難なため、出展させて頂
きました。
 6V6GT 五結MLFシングルアンプ・キット KA-19SH MkⅡ
 PCL82(16A8) スーパーKNF シングルアンプ キット KA-23SE
 新製品 真空管式リップルフィルター内臓 ライン・コントロール・アンプ
KA-25RK
 その他、合計7~8機種を出展予定 


(株)長谷弘工業
 MMバックロードホーンスピーカー自作シリーズは、板を 積み重ねるだけで簡単に完成する
自作キットです。管楽器みたいに滑らかなホーンを持つ、高音質バックロードホーンが、どな
たでも簡単に作れます。
今 回は、その完成モデルのPMP-151SやコンクリートホーンスピーカーWCW-F200Aなどを
試聴して頂きます。
エクスポネンシャルホーン独自の開放的で生々しい音質をお楽しみ下さい。
 
 

2011年 第17回 出展メーカー

社名 ホームページ 住所 電話番号
株式会社 アイエー出版 101-0063 東京都千代田区神田淡路町2-1 03-3251-1321
赤坂工芸音研 107-0052 東京都港区赤坂9-4-7 03-3401-8226
アストロ電子企画 302-0034 茨城県取手市戸頭7-7-17-102 0297-78-8682
アムトランス(株) 101-0063 東京都千代田区神田淡路町2-10-14
ばんだいビル1F
03-5294-0301
WEC5 516-0041 三重県伊勢市常磐町3-9-5 0596-22-2038
音株式会社 101-0021 東京都千代田区外神田3-5-5-305 03-3252-1755
カインラボラトリージャパン 101-0022 東京都千代田区神田錬塀町49 03-5298-7735
(有)春日無線変圧器 101-0021 東京都千代田区外神田1-6-10
ニュー秋葉原センター
03-3257-0337
グッディーズ 189-0013 東京都東村山市栄町2-21-26-301 042-397-1105
(有)五麟貿易 101-0031 東京都千代田区東神田2-9-162
畠山ビル1F
03-5809-2476
(株)サムテック 399-8301 長野県安曇野市穂高有明1815-5 0263-83-1053
三栄電波(株) 101-0021 東京都千代田区外神田1-14-2
 ラジオセンター内
03-3253-1525
(株)サン・オーディオ 101-0045 東京都千代田区神田須田町2-23-9
 大和ビル3F
03-5296-0271
(株)サンバレー 448-0844 愛知県刈谷市広小路4-201 0566-24-6881
GTKオーディオ 135-0045 東京都江東区古石場1-1-10
 新栄ビル3F
03-6411-5115
(株)ステレオサウンド 106-8661 東京都港区元麻布3-8-4 03-5412-7887
(株)誠文堂新光社 113-0033 東京都文京区本郷3-3-11 03-5800-5795
ソリューションLABO・R 937-0045 富山県魚津市相木995-1 0765-22-1137
高槻電器工業(株) 613-0034 京都府久世郡久御山町佐山中道41-1 0774-43-2111
(株)タムラ製作所 350-0214 埼玉県坂戸市千代田5-5-30 049-284-5711
(株)テクソル 435-0016 浜松市東区和田町514 053-468-1201
(株)ドリームクリエイション
 (パークオーディオ)
274-0073 千葉県船橋市喜野井2-22-8 047-491-7550
(株)日本オーディオ 164-0011 東京都中野区中央5-4-24
 第5小河原ビル501
03-5340-3020
日本オルガン(株)
 (Salve Regina)
192-0011 東京都八王子市滝山町1-584-2 041-691-8111
橋本電気(株) 124-0021 東京都葛飾区立石2-17-11 03-3691-4173
(株)長谷弘工業 955-0845 新潟県三条市西本成寺2-6-11 0256-34-8890
(株)ファル 101-0021 東京都千代田区神田須田町2-23-11 03-5298-2221
ハットオーディオラボ 300-0821 茨城県土浦市蓮河原新町1-30-205
 トーシンリバーサイドハイツ
029-826-9272
バンテック
 エレクトロニクス
693-0511 島根県出雲市佐田町八幡原495-1 0853-85-8215
(株)マックトン 167-0021 東京都杉並区井草4-21-6 03-3394-0131
(有)ミクセル 662-0953 西宮市堀切町8-38-502 0798-34-2238
山越木工房 321-2521 栃木県日光市藤泉1269 0288-77-1368
山本音響工芸(株) 675-1323 兵庫県小野市榊町726 0794-62-5655
(有)六本木工学研究所 106-0032 東京都港区六本木4-4-11
 第1六本木ビレッジビル2F
03-3402-5567
(有)ワイエスティ 231-0014 神奈川県横浜市中区常盤町4-39 045-664-0744
和光テクニカル(株) 157-0067 東京都世田谷区喜多見9-15-7 03-3480-3681
Copyright (C) 真空管オーディオ協議会 All Rights Reserved
 
 
 
 11/09/27 (火)
 マツシタHiFi関西支部 オーディオ巡礼 Vol.1 の続き
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 11/09/25 (日)
 Benny Goodman Orchestra
 指揮:ケン・ペプロウスキー/スペシャルゲスト:キャロル・ウェルスマンを
 よこすか芸術劇場で聴きに行く。

 音合わせでよこすか芸術劇場の響きのよさに、ベニー・グッドマン・オーケストラが
 カーネギー・ホールで初めてのジャズ演奏をした時を再現したいと
 ケン・ペプロウスキーさんの要望があり急遽反射板を設定したとのこと。
 
 クラリネットとボーカル、その他がソロを演るとき以外はマイクを通さず
 ジャズ・オーケストラの響きの美しさを愉しむ。
 
 それとキャロル・ウェルスマンの背の高さにびっくり。
 ケン・ペプロウスキーが大きいと思っていたが更に10cmは高いのではないかな。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 11/09/25 (日)
 昨日は2件のオーディオライヴ。
 午後2時よりアムトランスでの新忠篤さんのミニコンサート。
 
 ≫今回は2A3シングル、パラレルフィード・アンプ(ラジオ技術10月号掲載)を鳴らします。
 交流点火の単段アンプです。前回好評だったファインメットコアのトランス式アッテネータと
 チョークを組み合わせた3ウェイネットワークでGIPシステムを鳴らします。
 ソフトはLPから自家録音したDSDディスクです。
 Westrex 10A Reproducer によるトランスファーです。≪

 以前Westrex10Aを聞いたことがあるがボディの響きが乗り過ぎて感心しなかったが
 今回の10Aの音はDSDに落としているとは関係なく涙ものの感動だった。
 新さんの音はますますダイレクトに心に響く。
  
 午後7時(メグのサイトでは6時と書かれていたが)より
 ≫18:00~ メグ・ジャズ・オーディオ愛好会
 47研究所のサウンド 徹底探求
 GUEST:47研究所代表・木村準二さん オーディオ評論家・林正儀さん
 ①基本システムでのCD試聴
 ・アンプ:4706-50,CDトランスポート:4704,D/Aコンバーター:4705、
 ・スピーカー:4722アルニコバージョン(10月発売予定)、スピーカーケーブル:4719 or 4720
 ・以上の構成で、CD音源 3種(ヒ゜アノトリオ、ホ゛ーカル、管楽器)を試聴
 ・47研の音造りに対するコンセプト、特徴、苦労談など簡単なトーク、
  質問に対する対応(47研究所代表・木村準二氏)
 ②機器入換え試聴 
 ・キット プリアンプ:0247、パワーアンプ:0347、パッシブアッテネーター:0447
     パッシブアッテネーター:USB DACつき0547(ここまで10月発売予定)
     CDプレーヤー:0647(11月発売予定)外装未処理の最終試作
 ③アナログレコード試聴
 ・レコードプレーヤー:4724、フォノイコライザー:4712、カートリッジ:4723、47
 ④アクセサリー試聴
 ・それぞれの電源、信楽ボード、鹿革インシュレーター:4729
 ⑤その他 
 ※あなたが「これは音がいい」と思うジャズCDやアナログレコードをお持ちください。
 みんなで聴いて感想を語り合いましょう。 ≪

 魅力的なアナログプレーヤーModel 4724とトーンアームModel 4726
 それと新製品のCDプレーヤーを全員で高評価で5台の予約が入った。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 Westrex10Aで落としたジョー・スタフォード
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


 
 11/09/23 (金)
 オークションで落札したJAZZ SPレコード6枚を洗浄する
 数十年分の汚れが気持ちよく取れる

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 11/09/22 (木)
 マツシタHiFi関西支部 オーディオ巡礼 Vol.1 の続き
 いよいよ佳境です。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


 
 11/09/22 (木)
 今日送られてきた『BLUE NOTE CLUB Vol.85』サンプル

 私も投稿した第4回「ジャズ名盤ベスト&モア999」期待度&おススメ・ランキング
 の結果が載っている。
 
 
 
 
 
 
 
 
 


 
 11/09/21 (水)
 いよいよオーディオ誌も電子書籍の時代になるようだ。
 我が家も探検された『ジャズ・オーディオ探検隊』 田中伊佐資/山本博道・著
 が発売される。
 
 
「ジャズ本」専門の電子書籍出版・販売の「ジャズ・イーブック・ドット・ジェイピー」です。

新刊のお知らせ
お待たせしました!
『ジャズ・オーディオ探検隊』 田中伊佐資/山本博道・著がついに発売です。

人気オーディオ評論家の田中伊佐資とオーディオ写真家の「巨匠」こと山本博道。

この二人のオーディオ番組と月刊「STEREO」(音楽之友社)の連載が連動した大好評企画
「PCMオーディオ探検隊」が、『ジャズ・オーディオ探検隊』とタイトルを変え、
電子書籍で集大成されました。
登場オーディオ製品57機種、登場CD・LP194タイトル(すべてカラー写真付き)の紹介を含む、
総ページ数は855。オーディオの書籍としては世界でも類をみない情報量になっています。

《SIDE-B》オープン!
SIDE-Bはジャズ・イーブック・ドット・ジェイピーもうひとつの電子書籍シリーズです。
こちらはジャズに限らない、広いテーマでリリースしていきます。
第一弾は『トップシェフ10人がにぎる すごい おにぎり』と『発想をお仕事にする人の
発想術~活躍する70年代生まれの12人のクリエーターたち』。 面白いですよ。

《好評発売中!》『バート・ゴールドブラット・アルバム・カヴァー・デザイン』(BLP1508)
ベツレヘム、ジュビリー、ルースト、サヴォイ、ストーリーヴィル、ヴァーヴ、インパルスなどの
名門ジャズ・レーベルのジャケット・デザインを手がけたバート・ゴールドブラットの作品集。
選りすぐりの210点余りの作品を収録しました。カラー表示のできるデバイスでご覧ください。

「ジャズ・イーブック・ドット・ジェイピー」は新作から絶版復刻、評論からコミックまで幅広く
「読むジャズ」を提供してまいります。お楽しみに。

*「ジャズ・イーブック・ドット・ジェイピー」の電子書籍はApple iPad、Amazon kindle、
パソコンなどPDFファイルが閲覧できるデバイスでお読みいただけます。



 
 11/09/20 (火)
 昨夜の海ロマンJAZZライブ 三好千江子(P) With 平子健介(Ts) 天笠克己(b)
 
 
 
 


 
 11/09/19 (月)
 今日はBluesを聴きたくなる。
 最近のCDはブルース感が少ないように思える。
 
 
 
 
 
 
 
 
 


 
 11/09/17 (土)
 マツシタHiFi関西支部 オーディオ巡礼 Vol.1
 の続き

 
 
 
 
 
 
 
 
 


 
 11/09/16 (金)
 過去のSTEREO誌別冊「特選篇Stereo試聴室 話題の新製品を聴く '06-'10」
 を見ていて異常を感じる。

 曰く、「話題の新製品を聴く」の取材方法はジャンルごとに4名の担当テスターが試聴を
 行ない評価しています。3人が四ッ星[★★★★]以上、かつ1人が三ツ星半以上を
 付けた時のみ[特選]マークが付きます。また、評価はすべて価格を考慮した対価格の
 音質面の総合評価方式で、デザイン面は含みません。・・・・・とある。

 試聴総製品数341
 うち★★★★(優れている製品)は308、★★★★☆(非常に優れている製品)は33。
 ★★★☆(水準以上の製品)はゼロ、★★★(水準の製品)はゼロ。

 評論家は石田善之/須藤一郎/福田雅光/山之内 正/貝山知弘/神崎一雄/
       斉藤宏嗣/藤岡 誠 の諸氏です。

 皆さんはどう感じますか。

 このような評論家、批評家が趣味のオーディオを砂漠化しているのではないでしょうか。

 ちなみに★★★★☆を取ったメーカーは
 アキュフェーズ 7
 マランツ 2 
 TAD 2
 ピエガ 4
 ラックマン 3
 デノン 3
 フォーカル 1
 ソニー 1
 CEC 1
 アコースティックアーツ 1
 フォーカル 1
 ジンガリ 1
 ヴィエナ・アコースティック 1
 エソテリック 1
 オルフェウス 1
 タクト 1
 フェーズテック 1
 バークレイ 1
 
 


 
 11/09/16 (金)
 今日話題にした田中伊佐資さんミュージックバード
 「田中伊佐資のジャズ・サウンド大爆発!オレのはらわたをエグっておくれ」
 が午後8時より放送された。
 これも面白い。
 
 
 


 
 11/09/16 (金)
 先日のSTEREO誌 田中伊佐資さんの取材

 STEREO誌4月号よりスタートした『音の見える部屋~オーディオと在る人』

 田中さんのオーディオのスタンスが以下のごとく面白い。

 「ロマン・ジコマン・タイマンの3マン」

 
 
 
 
 
 
 
 
 11/09/14 (水)
 先日のマツシタHiFi関西支部 オーディオ巡礼 Vol.1
 
 面白い

 趣味の仲間は素晴らしい!!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 11/09/12 (月)
 いよいよデアゴスティーニより『BLUE NOTE best jazz collection』が
 隔週火曜日発売される。

 私のBlue Noteコレクションより写真提供しています。
 
 次号は9月20日のHerbie Hancock

 JAZZベテランからBlue Note初心者まで楽しめると思います。

 CDの選曲がツボを得ています。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 11/09/10 (土)
 今年4月オーディオ訪問を受けた関西酔っ払いオーディオおやじ軍団の総括本が
 発起人の西宮パラゴンおたくさんから送られてきた。

 その内容はこれまで受けてきた取材本を遥かに超えた濃厚且つ面白い本。
 全部をいっぺんに紹介するのは勿体ので小出しでお見せします。

 
 
 
 
 11/09/10 (土)
 よこすか芸術劇場
 『ベニー・グッドマン・オーケストラ/ケン・ペプロウスキーwithキャロル・ウェルスマン』
 が9月25日2時より開演

 キャロル・ウェルスマンを是非聴きたい
 
 
 
 
 
 
 11/09/09 (金)
 昨夜はステレオ・アナログ盤の再確認

 オリジナルはモノラールのほうが音が良いという諸説

 例外は意外と多い
 
 
 
 
 
 
 
 
 


 
 11/09/06 (火)
 またまたの大きな天災
 今夜の新譜CDはクラングフィルム・オイロダインで静かに

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 『Private/Joop von Deuren Trio/Alone Together』
 
 
 『...And You've Been Waiting?/Chris Lomheim Trio/And You've Been Waiting』
 
 11/09/04 (日)
 昨夜の新譜CD

 スピーカーを変えるとCDの評価も変わる
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 『Lee Konitz・Brad Mehldaw・Charlie Haden・Paul Motian Live AtBirdland』
 
 『Let Me Love You/Lisa』
 
 『Common Ground/The New Gary Burton Quartet』
 
 『Tangent/Trish Clowes』
 
 11/09/02 (金)
 今日の新譜CD

 JAZZは女性が燃えている
 
 『When You Grow Up/Priscilla Ahn』
 
 『Under A Painted Sky/Judy Wexler』
 
 
 
 
 
 『Dida Pelled Plays And Sings』
 
 
 
 
 
 
 
 『Unscripted/Cindy Bradley』
 
 
 
2011年8月へ   2011年10月へ