2012年9月へ  2012年10月27日へ
過去帳へ
 
 
 2003  1月  2月 3 月  4月  5月  6月  7月  8月  9月  10月  11月  12月
 2004  1-3      4-6      7-9      10-12    
 2005  1-3      4-6      7-9      10-12    
 2006  1-3     4-6       7-9      10-12    
 2007  1-4       5-9           10  11-12  
 2008  1-3      4-5    6  7  8  9  10-1 10-2  11  12
 2009  1-1  1-2  2-1  2-1  3  4-1 4-3 5-1   5-2 6-1  6-2  7-1 7-2 8-1 8-2  10-1 10-2  11  12-1 12-2
4-2  5-3 6-3  6-4
 2010  1  2  3  4-1 4-2  5-1 5-2  6  7  8  9  10  11-1 11-2  12
 2011  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11-1 11-2  12
 2012  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11-1 11-2  12-1 12-2
 2013  1-1 1-2  2-1 2-2  3  4  5  6 7-1 7-2  8  9  10  11-1 11-2  12-1 12-2
 2014  1  2  3  4  5  6  7-1 7-2  8  9  10-1 10-2  11  
                         

2012/10/25
 
 2012/10/25 (木)
 昨日のWE205Dシングルアンプ、何処のスピーカーで鳴らすか。

 先ずはRCAモニタースピーカーに繋ぐ。

 ぴったりだ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 2012/10/24 (水)
 午後から横浜刑務所横須賀支所の運動会に招待され観戦。

 赤、白、青組みに分かれての熱戦に思わず興奮。
 私も参加しての球入れ赤組は最下位。くやしい!

 夕方から松下信也さんのオーディオ タイム。

 Ampex Model 351アンプのチェック、持ち帰りの修理となる。

 WE205のチェック用パワーアンプが完成し我が家のWE205を全部測定してもらう。

 
 
 今朝は秋晴れ、絶好の運動会日和
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 アカペラ イオンツイーターのプラズマ発振用真空管の交換
 
SIEMENS PL519 
 
好い音だな~
 
美味い焼酎だな~ 
 

 2012/10/23 (火)
 宮崎良三朗さんが1年以上掛けて調整した6C33C OTLパワーアンプ。
 彼の大好きなクラッシックが鳴ると思えるTelefunken 085aモニタースピーカーに繋ぐ。

 OTLアンプ独特の美弱音の美しさ、低音の軽い響きが絶妙。

 また一つのセットが完成した。
 

 
 宮崎良三朗さんの匠
 
 
 
 今夜の1杯
 
 
 
 

 2012/10/22 (月)
 一昨日宮崎良三朗さんのところから長期調整終了後帰ってきた宮崎式OTLアンプ。

 スピーカーケーブルをゾノトーンで作りテストにシーメンスコアキシャルを鳴らす。

 気分良く一杯。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 2012/10/21 (日)
 アヴァンギャルド ヌーベルヴァーグを、一関ベーシー マスター菅原さんなら
 この爆音で鳴らすのではとトライ。

 気持ち良い。
 
 
 
 
 2012/10/21 (日)
 如何に自分のオーディオに時間を掛けるか。

 今朝のAvant-Garde Nouvelle Vague Speaker:は最終章に入った感じだ。

 昨日修理を終え動くように成ったAmpev Model 300はこれからだ。
 
 
 
 
 
 
 

 2012/10/20 (土)
 昨夜はAmpev#300修理後Acapellaイオンツイーターのメンテ

 深夜まで掛かったが最後にアヴァンギャルド・ヌーベルヴァーグの f特を測定。

 GEMの位相が反対なのに気がつく。

 GEMは逆相で作られいるようだ。

 
 
 
 
 
 
 

 
 2012/10/19 (金)
 午後から松下信也さんがAmpex #300の修理。

 eBayで落とした部品取り用#300からのパーツを活用。
  
 1950年代の銘品が復活するか駄目かこのワクワク感が堪らない。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 長い作業に居眠り
 
 
 
 良くやるわ!
 
 
 
 作業に感動
 
 
 
 
 
 早送りO.K.
 
 巻き戻しO.K.
 
 「38」 動いた
 
 
 
 #351のチェック
 
 少々の手が入っている
 
 でも音は出た
 

 2012/10/19 (金)
 眠れない夜中

 エイフル製作 WE212Sアンプの電源を入れ眺める。

 ソフトをかけなくても音楽が聴こえてくる。

 
 
 そして我が家のステレオJAZZオリジナル盤棚も見ているだけで嬉しくなる
 
 
 
 
 
 

 2012/10/18 (木)
 散々トラぶったSONY NEX-7に対し
 SONYより
 
 [My Sony]デジタル一眼カメラ「α77/α65」「α57/α37」「NEX-7」をご愛用のお客様へ
 ファームウェアアップデートのお知らせ

 ≫対象製品】
 デジタル一眼カメラ「NEX-7」

 【アップデート内容】
 [1] MOVIE(動画)ボタン有効/無効設定機能の追加
 [2] 連続ブラケットモード設定の段数追加(1.0EV、2.0EV、3.0EV)
 [3] オートレビューが表示されるまでのレスポンス向上
 [4] 広角レンズ使用時の画質改善
 [5] フレキシブルスポット設定の表示改善    ≪

 なるお知らせ。

 早速アップデート。
  
 今は迅速にお客のクレームに対処できる時代になったと感心するとともに
 発売前にもっとモニターテストをやれと言いたい。
 
 
 
 問題の誤動作しやすいムービースイッチの位置、NEX-5と比べると判る
 
 2012/10/17 (水)
 今朝着いた電源ケーブル挟み物。

 電源ケーブルで音が変わるのは迷信か思い込みと言う方も多い。
 確かに発電所から自宅壁コンセントへの長~い様々な要因を考えたら
 たった1mのケーブルで音が良くなるはずがないと思うのも当然。

 私も昔はそう思っていたがテーブルタップ1つ交換し偶然にも音が良くなったのを経験
 してからさんざんケーブル遊びをしてきた。

 今回は最近オーディオ訪問した斑目さんと渋谷さんが共通にこれで低音が良くなったと
 いう電源ACスタビライザーを注文。

 期待半分、不安半分でパワーアンプBravoに繋いでみた。

 結果は・・・・・・・・

 
 
 
 
 
 
 
  しかしつくづく思うのだが高級アンプメーカーは何故そのアンプに合ったケーブルを
 つけないのだろう。
 自社の音はこれが基準ですと堂々と決めれば良いと思うのだが。

 
 

 2012/10/16 (火)
 今夜のアヴァンギャルド・ヌーベルヴァーグの音。

 明日楽しみなオーディオ・チューニング器が来るので音の記録。
 
 
 Without A Song-This Is Aiways/Eden Atwood/This is Alwaya(Groove Note)
 
 
 
 2012/10/16 (火)
 松下信也さんに改造してもらった真空管LCRイコライザーの匠の技を紹介。

 
 
 シンプル イズ ベストの配線から
オリジナル回路構成、
入力→12AX7 SRPP→ECC99 SRPP→600Ω LCR-
EQ→負荷抵抗切替スイッチ→出力 


この状態で改善点
1、出力にアンプが無いため、後に接続される機器によって負荷抵抗を
適切な値に切り替えねばならない。
2、600Ωという低インピーダンス負荷であるLCRイコライザー回路を
SRPPでドライブする場合どうしても、出力電圧がとれずに
ヘッドマージンが下がってしまう。
3、[2]の理由の為に初段でゲインが稼げない為か、全体のゲインが不足気味。
4、前段にもSRPPが使われている。SRPPという回路は出力インピーダンスも低く、
出力もとれるため、非常に便利な回路であるが聴感上平面的な音になりやすい。
5、信号回路の抵抗がすべて1/2W以下の金属皮膜またはカーボン皮膜が使われて
音質の良い物を使いたい。
6、コンデンサー類も一般的な国産品が使われて国産の物が全て悪い訳では
ないがカップリングコンデンサーには気を使いたい。
 
 音を良くするにはの配線
 

 
 真空管も足された
 
改造内容
改造後の回路構成は、入力→EF86 三結→7044 SRPP→600Ω LCR-
EQ→12AU7→12AU7カソードフォロアー→出力

LCR-EQ回路の後にバッファーアンプを入れるた事で、EQカーブが後に接続される機器に左右されない。
また、初段のゲインを減らせるためSRPP段の動作が楽になりヘッドマージンに余裕ができる。

真空管で600Ω負荷をトランスレスでドライブすることには、 実際かなり無理がありシャーシースペースの
関係上出力トランスを載せられない。そのためゲイン配分を見直し、少しでも無理がかからないよう考慮。

全体のアースラインも見直し、トラブルの少ないスターアースを採用。
元々付いていたRCA入力端子がLch-RchのCold側が共通のため入力のL-Rでループが出来るため、独立した物に交換。

使用パーツにも気を使い抵抗類は精度が求められる箇所以外は音の良いUSA製のカーボンコンポジット抵抗を使用。
ケミコンでもかなり音質が変わるので、SPRAGUE、RIFAとROEのものを。
信号が直に通るカプリングコンデンサーにはmarantzやMcIntoshにも使われているSPRAGUE Black Beautyや、
セラミックディスク、ROEのケミコンなど、過去に使用してよかった物を使用。

部品にあわせて、真空管もビンテージのオリジナル球。








2012/10/15 (月) 
 LCR真空管フォノEQを充分暖めEMT OldとOrtofon Oldを聞き比べる。

 低音の出方が別世界だ。

 レコードを聴いて最近感じるのはアナログ再生の動きがおかしな方向に向かっている。

 超長高額なアナログプレーヤーやアーム、カートリッジ更にレコードクリーナーから
 復刻レコードからレコード内袋まで。

 確かにアナログレコードはエライけどもっと気楽にアバウトに聴けば良いんじゃないのかな。

 とうじのレコードはこんなにお金をかけて再生するなど製作側は考えていないと思いますよ。
 
 
 

 
 2012/10/15 (月)
 昨日は娘のヴァイオリン発表会。
 前の方の組曲演奏が長く時間切れで退館。

 横須賀線北鎌倉の手前で緊急停車もあり集合時間に15分程遅れ到着。

 「ミュージックバードジャズ喫茶特番:岩浪洋三さん追悼番組」に参加。

 岩浪さんの偉大さ、好きな事、弱いところなど笑いを誘いながらの会話となった。

 
 
 
 人妻Aさんは旦那にバレルといけないので入っていません
 
       岩浪さん不在の録音
 痛快ジャズトーク!寺島靖国のラジオが聴けるのはここだけ!ジャズ喫茶「メグ」の店主、
そしてジャズのスーパー・エッセイスト寺島靖国氏出演の人気番組。
ジャズ評論家の岩浪洋三と繰り広げる辛口トークと、センスが光るマニアックな選曲が魅力です。

【訃報】ジャズ評論家 岩浪洋三氏 
 10月5日(金)20時15分、ジャズ評論家の岩浪洋三さん(79歳)が心不全のため亡くなりました。
謹んで、ご冥福をお祈りいたします。
 岩浪さんは、1933年愛媛県松山市生まれ。「スイング・ジャーナル」編集長を経て、1965年より
ジャズ評論家として多くの雑誌・新聞等で執筆活動をされてきました。
ミュージックバードでは、THE JAZZチャンネル「ジャズ喫茶『MUSIC BIRD』」にレギュラー出演、
幅広い知識と語り口で人気番組を支えてくれました。
 葬儀は近親者のみで行い、後日「偲ぶ会」を行います。

 「岩浪洋三氏を偲ぶ会」
 日時:11月12日(月)午後19:00開始(開場18:30)
 会場:TOKYO FMホール(東京・半蔵門)
 会費:10,000円
 (一般の方も受け付けます。)
 

 

 2012/10/14 (日)
 松下真也さんに再構築をお願いしていたLCR真空管イコライザーアンプが出来上がった。

 それまで使っていたFMアコースティックのFM122と聞き比べる。

 電源を入れた直後で温まっていないので未だ音が硬いが有望だ。

 
 
 
 
 
 
 
 

2012/10/13 (土) 
 Amberさんから小林悟朗さんの追悼会の書き込み。

 亡くなったことも知らなかった私。

 大分昔に横須賀芸術劇場で歌謡番組の収録で来たついでにオーディオを聴かせて
 くれますかと来宅。
 深夜まで我が家で2人きりで音楽を聴き感動してWE555を一発プレゼントしました。

 それ以来のオーディオ仲間として心の友人でした。

 自身がピアノもヴァイオリンも弾く豊かな感性は音楽ディレクターとして他にみない
 才能と尊敬していました。

 早すぎる死、思い出を大切にします。

 
 
 
 
 
 
 
 

2012/10/11 (木) 
 先日の新 忠篤さんの試聴会でWE205DとWE205Fの使い分けに刺激され
 我が家のWE42アンプも初段はWE205Fにしてみようと205を探してみると出るは
 出るは。
 ただWE205Fは現在使用中以外では1ペアしか無かった。

 
 
 新忠篤さん製作WE205F-WE205D-WE300Bアンプ
 
 現在使用中のWE205F
 
 現在使用中のWE205D
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 WE212SアンプのWE205Fを外し
 
 WE205Dに変え
 
 WE42にWE205Fを付ける
 
 ついでにWE205Dのペアリングを採る
 
 

 
 
2012/10/09 (火) 
 獄道音響道中膝栗毛東京偏
 7日、8日とオーディオ三昧。
 第18回 真空管オーディオフェア~ハイエンドショウトウキョウ2012
 ~吉祥寺メグ~町田渋谷邸訪問とこれまた充実した2日間。

 
 
 柳沢正史さんの「銘球直熱三極管の系譜 45,2A3,50,300B 聴き比べ
Sylvania 45 2.5Wより
 
 スピーカーはMaxonic TW 1300 (励磁型)
 
 RCA 171A(ナス管)・トランス出力 Line Amp
+MC Head Amp付き・WE396A CR型 EQ Amo/RIAA,,GOLUMBIA,DECCA ffrr
 
 
 
 
 
 RAC 2A3 3.5W を聴く
 
 励磁電源
 
 音飛びの良いMaxonic TW 1300
3~4Wの出力アンプでも楽々会場をカバー
 
 
 RAC 50 6.6W を聴く
 
 
 
 
 
 WE300B 10W を聴く
 
 
 
 
 
 
 
 一方のハイエンドショーはお客さんがパラパラ
 
 
 
Zonotone新製品紹介する林正儀さん
 
 
 
 
 
 EARのD/Aコンバーターを紹介する小原由夫さん
此処の音は酷かった
評論家が音をセットしているわけでは無いがこの音を薦めていると誤解を招く
 

再び真空管オーディオフェア会場へ 
 
 新忠篤さんの『管球王国』実験工房の再現ブース
 
 
 
 
 
 
 205F - 205D - 300B シングル・アンプ (新忠篤製作)
AKTC-1 (3A3×2) (小林サウンド工房)
SONY SACD-XE800-ES SACDプレーヤー
 
 
 
  スピーカーの紹介(GIPラボラトリー)
 
 第1部:300B聴き比べ
40年代WE製刻印
WE再生産品
高槻電気製
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  第2部:PHILIPS 24bit マスタリングの秘密を明かす
元日本フォノグラム録音エンジニア、常磐 清氏賛助出演
 
 
 
 第3部: DSD生再生の実験
Mytek Digital社製 Digital 192 を使用し、DSD音源のダイレクト再生実験
藤吉 清氏賛助出演
 
       DSD生再生の実験
 
    DSD生再生の実験 SPレコード クレモナのヴァイオリン作り 
       イエノ・フバイ(vi) オット・ヘルツー(p)
 
 
 
 
 


 
 岩浪洋三さんを偲んでのレコードオークション
 
 
 
 
 
 吞みすぎた翌日は常識的に過ごしたいとオーディオ訪問
 
 森林浴を楽しむ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
さあ記念写真で終わり
 
 と思ったらとんでもない、もっと阿呆な渋谷システム
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 此処にも
 
 
 
 
 
 
 
 さらに此処にも
私が如何にノーマルか
 

 
 2012/10/06 (土)
 以前購入したハットオーディオの真空管LCRフォノイコライザーが音が死んでいて
 使い物にならず放置してあったが勿体ないので改造をお願いした。

 ≫オリジナルより6dBゲインが大きいです。
 また、EQ回路の後に出力アンプを入れましたので、
 後につながるラインアンプの入力インピーダンスを気にしなくて大丈夫です。
 裏のスイッチは無効になっています。

 出力アンプが現在12AU7(ECC82)ですが、もしゲインがまだ足りないようでしたら、
 12AT7にかえますともう少し上がります。

 LCRイコライザー素子以外ほとんど作り直しました。
 残っているのは先生がつけられた入出力のケーブルくらいです。≪

 との説明、さあ使って如何か楽しみだ。

 
 
 


 
 2012/10/06 (土)
 昨日、闘病入院中でした岩浪洋三さんが午後8:15分永眠されました。

 葬儀は、近親者のみにて行われるそうです。

 11月12日(月)午後7時より、TOKYO FMホールにて、しのぶ会が行われるます。
 
 当日は会費制となり多くのジャズ関係者が集まり演奏もあるようです。

 メグで初めてお会いして話すことも恐縮でいた私に気軽の声を掛けて頂きその後は
 FM東京「ミュージックバード・ジャズ喫茶」、ジャズ批評誌のジャズ・オーディオ大賞選考
 委員会、色々なライブでご一緒させてもらい沢山の思い出を残してくれました。

 ご冥福をお祈りします。
 
 
 2004/725 吉祥寺 メグ岩浪洋三さんのジャズ評論家育成講座
 
 
 
 
 
 2004/12/29 Jazz喫茶メグ岩浪洋三さん『ジャズ・ワンダーランド』
 
 
 
 
 
 2005/5/17 テレビ東京『開運!なんでも鑑定団』
 
 
 
 2006/4/16 吉祥寺『メグ』での緊急同時割込開催】★岩浪洋三☆寺島靖国★サイン会 & コール・ポーターを聴く 
 
 
 
 
 
 
 
 2008/5/30 秋葉原のハイエンド・オーディオ・ショップ、 石丸電気レフィーノ&アネーロで
「PCMジャズ喫茶」公開録音が寺島靖国さん、岩浪洋三さん、長澤祥さん、それと私で開催された
 
 
 
 2008/7/9 『ジャズ批評』ジャズ・オーディオ対談 岩浪洋三さん、松坂妃呂子さん、
 松坂ゆう子さんを迎え我が家でおこなわれた。
 
 2009/05/17 日本ジャズ界の歩く世界遺産的存在の岩浪洋三先生が、本業のジャズ評論分野で著した
   『これがジャズ史だ~その嘘と真実~』(朔北社刊)で第21回ミュージック・ペンクラブ賞受賞祝賀会
 
 
 
 
 
2011/4/17 ミュージックバードジャズ喫茶収録
 
 
 
 
 
 2011/05/22  松尾明さん真由美さんの赤坂バードランドでの結婚披露パーティー
 
 2011/07/10 『岩浪洋三・綾子リユニオン ライブ』松尾明トリオ
 
 
 
  2011/12/11 「ジャズ喫茶ミュージックバード」
 
 
 
 
 
 2012/01/08 ジャズ批評誌の2011年ジャズ・オーディオ大賞の選考委員会
 
 
 
 2012/5/30 吉祥寺メグで3夜連続「岩浪洋三さんを励ます会」
 

 2012/10/05 (金)
 結局『エイフル』でWE211Eを2本購入。

 WE43アンプに付けてみる。

 
 
 ロイが呆れている
 
 
 
 
 
 これまで使っていた『アンペレックス242Cと交換 
 
 
 
 
 
 ついでに整流管のRCA211をAmperex262と交換
 
 以前よりウエスターンの音になった
 
 
 
 露出を変えて写す
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 WE49用タンガーバルブ電源
 
 WE43用タンガーバルブ電源
 
 WE555用タンガーバルブ電源
 
今夜の焼酎
 

 2012/10/04 (木)
 アヴァンギャルド・ヌーベルバーグの欠点。
 再生事故が起こるポインタが沢山ある。

 何せ暴力犬が歩き回るので再生の度ににチェックをしないといけない。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2012年9月へ   2012年10月27日へ