2012年11月15日へ 2012年12月へ
過去帳へ
 
 
 2003  1月  2月 3 月  4月  5月  6月  7月  8月  9月  10月  11月  12月
 2004  1-3      4-6      7-9      10-12    
 2005  1-3      4-6      7-9      10-12    
 2006  1-3     4-6       7-9      10-12    
 2007  1-4       5-9           10  11-12  
 2008  1-3      4-5    6  7  8  9  10-1 10-2  11  12
 2009  1-1  1-2  2-1  2-1  3  4-1 4-3 5-1   5-2 6-1  6-2  7-1 7-2 8-1 8-2  10-1 10-2  11  12-1 12-2
4-2  5-3 6-3  6-4
 2010  1  2  3  4-1 4-2  5-1 5-2  6  7  8  9  10  11-1 11-2  12
 2011  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11-1 11-2  12
 2012  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11-1 11-2  12-1 12-2
 2013  1-1 1-2  2-1 2-2  3  4  5  6 7-1 7-2  8  9  10  11-1 11-2  12-1 12-2
 2014  1  2  3  4  5  6  7-1 7-2  8  9  10-1 10-2  11  
                         

2012/11/15
 
 2012/11/30 (金)
 久しぶりに最愛のクラングフィルム・オイロダインに灯を入れる。
 使うプリはWE25Bコンソール、メインはウエストレックスA11.

 1970年代後半の録音を如何再生するか。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 2012/11/30 (金)
 一昨日ジョナサンさんにプレゼントされたRCA MI 10235アンプ
 RACの迷路型モニタースピーカーに繋ぐと良い感じ。
 
 
 
 
 
 置き方を考えないと
 
 2012/11/28 (水)
 午後から横浜Hall Tone Cityを訪ねる。
 休日にもかかわらず丁重に美味しい珈琲を飲みながらの商談。

 何を買うかは納品までお楽しみに。
 実は先日の青森訪問が影響していますが。

 同行してくれたジョナサンさんから早いけれども素晴らしいクリスマスプレゼントをもらう。
 昔、池田 圭さんのお宅を訪問した時に聴かせて頂いた6V6アンプが忘れられなく
 何時かは手に入れようと思っていたパワーアンプ。

 しかもRCAの録音スタジオで使われていた珍品。
 これでRCAのモニタースピーカーを鳴らしたらとワクワクしている。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 型番TYPE PA-137 RCA MI 10235
 
 
2012/11/26 (月)
 獄道音響道中膝栗毛 青森偏
 
 この仔細はJazz Audioライター田中伊佐資さんが月刊STEREO誌に数号にわたり
 紹介してくれます。
 12/11/23
 
 全行程お世話になった石村さんの車
 
 新青森に着く早々昼食
 
 
 
 
 
 鰊蕎麦を注文
 
 
 
 最初の訪問先 五所川原市:秋元さんの愛犬が歓迎
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
音に満腹、お腹も満腹、お酒にも酔ったので安方のJazz & Bar「PIA」へ移動
 
 
 
 
 
普通の音を出しているパラゴン(これが難しい) 
 
 
 
 テキーラを1杯だけ
 
 早速マスター長内さんに取材交渉の田中さん
 
 オーディオを達観しているマスターの手さばき
 
 
 
 テキーラ1杯のつもりがこんな差し入れが
 
 撮影の為お客さんは移動
 
 高橋カメラマンの活躍

 
12/11/24 
 
 二日酔いにもならずにワシントンホテルの朝食はこんなもの
 
 
 
 翌朝8時30分出発で西田沢宇沖津のWestern Soundを聞く会会長小鹿さん宅へ
 
 この10年程でウエスタンの目覚めた小鹿さん、止まりません
 
 
 
 
 
 
 
 自作の金属製プレーヤーケース
 
 下のインシュレーターが凄い
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 続いて五所川原市中央の写真マニアの鈴木さん宅へ
 
 
 
昼食は600円のラーメン組みと1000円の洋食ランチに分かれて 
私はハイソサエティーにAmiの地元魚コースを
 
と隣のハンバーグコースの写真を撮って自分のを忘れた 
 
JBL4350一筋30年 
 
 
 
 大爆音にびくりともしない部屋は17畳を上下左右前後16畳の部屋を入れた構造
部屋だけでアヴァンギャルドMEZZOが買える 
 
 
 
 
 
 ウーファー用にアキュフェーズを
 
 この音量で再生、気持ちいい!!快感
 
 
 
 
 
 
 
 何だ、オリジナルのインシュレーターを使っていないじゃないか
 
 いえいえ医療用電子顕微鏡用のエアフローインシュレーターを使って完璧
 
 音量にぶっ飛んで大空腹だがしらふでは食べられそうに無い
 
 地モノを肴に地の酒を
 
 
 
 
 
昨夜と同じ『田酒(デイシュ)』を 
 
 
 
まずはホヤを 
 
 
 
 
 
チャンコ鍋風、美味かった 
 
 
 
この後鱈の白子、豚の角煮、牛スジ煮込み、鯛のカマ焼き、ブリのカマ焼き
などなど食べたのだが少々酔っ払って写真どころではない 

 
 
 
 酔った勢いで今回の世話役 石村さん宅襲撃
STEREO誌取材対象でなかった為寒々した部屋でしばらくコートを着たままで聴く
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 肩を張らない粋をテーマにしたようなオーディオ構成
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 A-7の部屋に
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 最後にダリの部屋に
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 ここもインシュレーターに拘っている
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

12/11/25
 
 
 
全員すっきりの朝食
 
 
 
 
 
 空の色が違う
 
 
 
 わさおくん出勤前の小屋

 
 
 鯵ヶ沢町の松浦さん宅訪問、地図で見るとえらく遠い
これが奥さんが料理教室の時楽しむ彼女のオーディオ 
 
 その腕前で作ったケーキ、実に美味しかった
 
 
 
 そしてメインのオーディオを
 
 
 
 
 
 寒い国の対策
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  なんとアンプの台がティールのスピーカー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 理想的な和室のオーディオルーム
低音が外に逃げ、高音は適当にライブ
 
 
 
 外の環境が素晴らしい
文句を言う人はいなそう
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 サブシステム
 
 
 撮影中に奥様の音を聴かせていただく
 
 
 
 
 
 
 
 奥様の手料理をご馳走になる
 
 
 
 
 
 いちごめし(うにとあわび入り)
 
 
 
 
 
 イチジクのワイン煮
 
 
 
 器に気付きましたか
 
 仕事場のオーディオへ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 奥様の寝室を覗かせてもらった
 
 
 
 
 噂のわさおくんにようやく逢えたがお疲れのようで熟睡中
 
 
 
 
 
 きくや商店で買った焼きイカを食べながら
 
 一路新青森駅へ
 
 
 
 
 
 途中、今回全ての面でお世話になった石村さんの奥さんが開いている「珈琲いしむら」
残念ながら今回は寄れなかったが次回は青森一美味しいカレーを是非食べたい。
此処ではAXIOM 80 が鳴っているそうです
 

 
 2012/11/22 (木)
 今日はChet Bakerが絶不調時のレコードをJBL C31で再生。
 
 
 
 
 
 
 Chet Baker-The Blue Dove/Double Shot(World Pacific WP 1852)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 2012/11/22 (木)
 昨日のChet Bakerは1970年代をJAL4350エボレーションで再生
 
 
 
 
 
 
 
 

 2012/11/21 (水)
 昨日よりマイイベントとしてChet Bakerを集中して聴く。

 
 
 
 
 

 
 2012/11/20 (火)
 以前WE15BホーンシステムでYouTubeにUPしたモニカ・ルイスの16"Transcriputionを
 WE25Bホーンシステムで再録。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 2012/11/18 (日)
 今日もRoyの面倒で1日中家の中。

 呼吸もだいぶ良くなり音楽を聴く気分となった。

 16"Transcriptionをのんびり楽しむ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 2012/11/17 (土)
 久しぶりに松下信也さんが来宅。
 以前よりの宿題だったWE25-B Speech Input Equipmentコンソールから取り出した
 WE131-A(349p.p)Monitor Ampのケーシング。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 2012/11/16 (金)
 我が家のアヴァンギャルド・ヌーヴェルヴァーグの音が極まった。

 VIOLA BRAVOのケーブル病が治まったからだ。

 完治後のBRAVOの背中はこんなもの。

 
 
 
 
 
 2012/11/16 (金)
 CD Journalより
 ≫神奈川・横須賀芸術劇場で、CDを最高級のオーディオ・システムで堪能する
 〈レコードコンサート〉。
 今年1月に大好評を博した第1弾に続き、第2弾が2013年1月19日(土)14時より、
 横須賀芸術劇場の小劇場(ヨコスカ・ベイサイド・ポケット)にて開催されることになりました。
 
 〈レコードコンサートvol.2~英国製スピーカー新旧2台の名器を聴く至福の時~〉と題された
 今回のコンサートは、CDの名盤を新旧の名スピーカーで堪能します。用意されたスピーカーは、
 1960年代の英国製スピーカー、タンノイ社オートグラフと、現代の英国製スピーカー、
 B&W社800 Diamond。
 
 この2つの名スピーカーで、カラヤン指揮ベルリン・フィルによる『オペラ間奏曲集』、 
  ベーム指揮ベルリン・フィルによる『ブラームス:交響曲第1番』などのCDを鑑賞する予定。
 ナビゲーターは音楽評論家の諸石幸生氏です。
 
 入場料たったの500円、贅沢な音響空間で音楽を味わえる〈レコードコンサート〉、
 ぜひ足をお運びください。≪
  
 今年の大ホールでの第1回レコードコンサートの反省を込めて小ホールでの開催。
 前もって音出しをして万全の体制で頑張るそうで今回も参加予定。

 ちなみに第1回時、私は大ホールでブーイングしました。
 
 
 
 2012/11/15 (木)
 ディスクユニオン株式会社発売『JAZZ PERSPECTIVE』vol.5が来月発売される。

 先日取材を受けた「Report From JAZZ ARchive 第4回コレクターの肖像」の校正文が
 昨日届いた。

 今まで沢山の取材を受けたがベスト10に入る素晴らしいページ構成。

 是非皆さんも購入して見てください。
 発行部数が少ないので注意してください。
 
            JAZZ PERSPECTIVE vol.2
 
 JAZZ ARCHIVE 第2回
 
            JAZZ PERSPECTIVE vol.3
 
  JAZZ ARCHIVE 第3回
 
           JAZZ PERSPECTIVE vol.4
 
  JAZZ ARCHIVE 第4回
 
  JAZZ ARCHIVE 第5回
 

 
 
 
 2012/11/15 (木)
 MAYAさんのクリスマスライブが内幸町ホールで12月25日(火)開演。

 なんと『MAYA昭和歌謡と舶来流行歌を歌う』と大変身でおおいに愉しみ。

 
 
 

2012年11月15日へ 2012年へ