2012年7月へ  2012年9月へ
過去帳へ
 
 
 2003  1月  2月 3 月  4月  5月  6月  7月  8月  9月  10月  11月  12月
 2004  1-3      4-6      7-9      10-12    
 2005  1-3      4-6      7-9      10-12    
 2006  1-3     4-6       7-9      10-12    
 2007  1-4       5-9           10  11-12  
 2008  1-3      4-5    6  7  8  9  10-1 10-2  11  12
 2009  1-1  1-2  2-1  2-1  3  4-1 4-3 5-1   5-2 6-1  6-2  7-1 7-2 8-1 8-2  10-1 10-2  11  12-1 12-2
4-2  5-3 6-3  6-4
 2010  1  2  3  4-1 4-2  5-1 5-2  6  7  8  9  10  11-1 11-2  12
 2011  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11-1 11-2  12
 2012  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11-1 11-2  12-1 12-2
 2013  1-1 1-2  2-1 2-2  3  4  5  6 7-1 7-2  8  9  10  11-1 11-2  12-1 12-2
 2014  1  2  3  4  5  6  7-1 7-2  8  9  10-1 10-2  11  
                         

2012/06/24
 
2012/08/30 (木)2012/08/30 (木) 
 いよいよ明日から寺島靖国さんとメグの仲間で徳島にオーディオ訪問。

 別世界に行ってきます。

 私もだがオーディオをやっている人は自分の音がベストと思っています。

 メーカーや販売店にしたら死活に係わるので自分のところで扱っているいるモノが
 最高と言います。

 新しいモノが古いモノより良くなっていると錯覚を起こさせるメディア。

 本当に素晴らしい新しいモノをもっと知りたいです。
 
そして今日の名盤
 
 

 2012/08/29 (水)
 今日はオーディオとライヴの2本立て。

 どちらも気持ちの良いJAZZ
 
 
 
 
 
 マッキントッシュ C-8の電源
 
 C-8のラインアウトを600Ωに変換
 
 Davenのアッテネーターをメインアンプとの間に入れ
アルテックのメインアンプの美味しいボリュームと
 
 プリアンプの美味しいボリュームにし
 
 
 
 
 
 

  Tully's Coffee横須賀中央店F2

   JazzTrioLive♪

  三好千江子(p) With 新井光子(cello) 横山裕(b)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2012/08/28 (火)
 今日もレコード掃除。
 BGMで16"Transcription再生。

 注意深く聞いてもらうとガラスクリーナのエアスプレーの音、ティッシュで擦る音が聞こえ
 更にロイ達の息遣いが聞こえるはずです。

 オーディオも楽しみたいがそれ以上にもっともっと音楽再生を楽しみたい。

 
 
 
 
 
 
 
 最近ストレートアームが注目されているが外周と内周の位置に注意してください。
 アーム実行長が33.5cmで許容範囲のトレーシング位置だと思います。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


 
 2012/08/27 (月)
 この所楽しんでいる16"Transcription
 私自身何なんだとそれ程詳しくは知らない。


 eBay Guidesを参考にしてください。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 2012/08/25 (土)
 昨夜は久しぶりにハイエンドオーディオを聴く。
 D/Aコンバータからプリまでのオーディオケーブルのランクの違いを聞き比べる。

 MIT MAGNUM M1(バランス)、MIT ORACLE V2.1(RCA)

 バランスとアンバラの違いで5dbほどの出力差があるためヴォリュームは弄っている。

 ロイがどちらを選ぶか息遣いで判断。
 
 
 
 
 
 
 
 
 


 
 2012/08/23 (木)
 1977年FM Fan別冊No.13を読み直して当時この記事がアナログレコード再生の
 原点となったことを思い出した。

 皆さんにも知って欲しい内容なのでUPしてみる。
 
 
 
 
 
 
 

 
 2012/08/22 (水)
 Guest Bookに書き込まれた南部さんのご依頼の1977年のFMFan 別冊の記事をUPする。

 何と35年前の本をよくも探し出したものだ。

 私のオーディオルームが紹介されている。

 記事の内容も興味ある箇所がある。

 
 当時の私のオーディオルーム
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


 
 2012/08/20 (月)
 オーディオの愉しみ
 もちろん音楽を楽しむ為の手段だがそれぞれ色々な愉しみ方をしている。

 機械好きの人はオーディオ機器に懲り、拘りソフトを軽んじてしまう。
 
 音楽好きでソフトに拘る人は再生する手段としてオーディオを必要とするが妥協が早い。

 オーディオにもソフトにもまあまあ拘り尚且つ他所様の音を聞くことを楽しむ方。

 自分の世界に没頭し他所様に音を聞かせない方。

 もっと凄いのは世界的なオーディオをもちながら表に出たがらない方。

 私が一番好きなのは余りお金をかけず生活の一部として音楽を楽しんでいる人だ。

 それぞれの愉しみ方が在るからオーディオは愉しい。

 今私が嵌っているのはレコードジャケットの掃除とTranscriptionをシリーズ別に 
 You TubeにUPする事。
 ラジオ放送用音源なので演奏者の話し声が聴けるのが面白い。
 
 常に自分が知らない世界を追求できるのがオーディオ道だと思うの。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


 
 2012/08/20 (月)
 昨日も1日レコードクリーニング。
 先日超音波レコードクリーナーのメリットを記したがデメリットもある。

 洗浄後乾燥するまで暫く聴けない。

 20枚程洗浄後水を入れ替える為水の処分が大変で私は台所の流しにセットしている。

 洗浄後乾かすスペースがいる。

 20枚洗浄する間、立ったままで処理しなければいけない。

 まあ毎日20枚を洗浄する人はまず居ないだろうが

 それにしてもこのような大変な事はする必要の無いNet Audioをやってみようとは思わない。

 昨日のBGM・・・・・
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 2012/08/18 (土)
 12"女性ヴォーカルLPの掃除をしながらのBGM.

 ラジオを聴いている感覚で能率が上がる。

 20枚のLP超音波クリーニングが30分強。

 ジャケットのクリーニングが30枚を1時間。

 乾いたレコードをビニール内袋、紙内袋に入れるのに15分。
 
 乾いたジャケットをシールド付きレコードジャケットに入れるのに15分。

 最後にビニール外袋に入れるのに20分(ジャケットと内容の確認に時間がかかる)。

 本当にレコード屋さんになった気分。
 時間給幾らになるのだろう。

 
 朝からこんな酒を飲みながらのHP更新
 
 
 
 
 
 
 
 どうコップに注いだら良いのか判らない
 
 ワイン用の注入器を使って無事吞めた。美味い!!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 この時代からMicrogrooveの表示
2ミルの針は使えなくなり片面2回放送分で30分
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


 
 2012/08/18 (土)
 昨日午後はゾノトーン前園俊彦さんの来宅。

  今までヴィンテージ物には現代ケーブルを繋ぐ気にはならなかったが今回は少し違い
 一番安い6NPS-1100 Meisterを15BホーンWE555に繋いでみた。
 今風の変わり方が私の好みの範囲なので少し使ってみようかと思い注文。
 メーター950円もする高価品(笑)。

 その後開発中の新製品を我が家のアヴァンギャルド・ヌーベルヴァーグのサブウーファー
 に繋いでみる。
 永年悩んでいた低音の締まりの無さに希望が出てきた。

 これを更に調整して製品化するそうで音の良いケーブルが出来そう。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 2012/08/15 (水)
 今日の午後から夏休み。

 長期休暇で旅行を楽しむ方が多いが私は引き篭り症候群になり1歩も外に出ない。

 レコードの手入れと音楽漬の毎日になりそうだ。

 1泊ぐらいして福島のエイフルさんに行こうかと思った途端「差し歯」が取れてしまった。
 仕事はマスクをして出来たが人前で食事も出来ない状態。

 まあ一人と三匹で獄道を尽くそうと思う。

 そんなことで16"Transcriptionを聴き出したところ”Let's go Town"シリーズが20枚も
 集まっている。

 先にYouTubeにUPしたレコードもあるが休み中に再録してUPし直してみる。
 これも楽しみだ。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 2012/08/12 (日)
 日曜日1日オーディオとレコード。

 JBLハーツフィールドのプリをマッキンC8からDavenの測定用アッテネーターに変えてみる。

 慣れるまで暫く聴き込んでみる。

 LPの超音波洗浄を写真で紹介する。

 このメリットは
 ①水道水(メーカーは精製水を推薦)なので頻回に交換できる事
   私は20枚程で交換している。
 ②中性洗剤を少量落すことで洗浄能力が増す。
 ③一枚最小1分で済む。
 ④台所で使えば水道水で最終的に流せる。
 ⑤レーベルを適度に湿った日本手ぬぐいで拭ける。
 ⑥集中すれば1時間弱で20枚クリーニング出来る。
 ⑦故障が私のところでは起こらない。(単純構造でアフターの心配が無い)

 今日のBGMは16"Transcriptionで最も欲しかったMonica Luice
 それもMonica Luiceの一部サイン入りのPersonal盤10枚。

 ヴィンテージオーディオの真髄が味わえる。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 2012/08/11 (土)
 LPレコードのクリーニング。
 大分慣れてきて処理枚数が増えた。
 手順を紹介する。

 
 
 
 古いビニール外袋を外す
 
 
 
 中袋を出す
 
 紙内袋からビニール内袋とレコードを出す
 
 
 
 
 
 ガラスクリーナーを軽くかける
 
 ティッシュで軽く汚れを拭き取る
 
 裏ジャケットにも軽くガラスクリーナーをかける
 
 ティッシュで軽く擦る
 
 古いレコード立てが役立つ
 
 こんなにカビたジャケットも
 
 こんなに綺麗に
 
 こんなにカビたウォーターダメージも
 
 ガラスクリーナーで軽く拭き
 
 こんな物をティシュに拭きつけ
 
 
 
 軽く塗りこむ
 
 
 
 乾燥
 
 次の段階の超音波レコードクリーニング

 

 2012/08/10 (金)
 柳沢正史 さんの「第11回 真空管アンプで音楽を聴く会」のお知らせ

≫ 「MJ無線と実験」誌に発表した真空管アンプで、Jazz,Classic & etc.のCDとレコードを
 聴いて頂く会です。
 ジャズの生演奏、お楽しみ抽選会もあります。
 最近のCDから1950年代の珠玉のヴォーカルのレコード、ジャズ、クラシック、
 歌謡曲まで映画の話を交えて聴いて頂きます。
 ホール一杯に鳴り響く真空管アンプならではの芳醇なサウンドをお楽しみ頂ければ
 幸いです。

 今年は下記の日程で行いますのでご都合宜しければごぜひ来場ください。

 先着10名様にSylvaia 6080WCをプレゼント。 

[第一部] CD、LPを聴いて頂きます。
 英・仏真空管で構成
  「RTC 2E22F プッシュプル・アンプ(17W)」(MJ 2012.07)
  「45/2A3 コンパチ・シングルアンプ(2.5/3.5W)」(MJ 2012.03)
  「RCA 171A(ナス管) トランス出力・ラインアンプ 」(MJ 2010.01) 

 [第二部] Jazz生演奏:“Gypsy Vagabonz”(魅惑の女性ヴォーカル)

 [第三部] 「真空管アンプによる2WAYマルチ再生」CD、LPを聴いて頂きます。
 中・高音用:「RTC 2E22F プッシュプル・アンプ」
 低音用  :「STC 4212Eトランスドライブ・シングルアンプ(38W)」(MJ誌2002.08,09)

 [第四部] お楽しみ抽選会(ISO出力トランス、真空管多数、フィルムコン、メーター、
 CD,LPなど豪華商品多数)

●日時:9月16日(日)入場無料 12:30(開演)~16:45
●会場:「コール田無」(定員182名) 西東京市田無町3-7-2 (0424-69-5006)
●交通
 JR高田馬場駅 西武新宿線乗換え 田無駅下車(急行15分)徒歩7分
 (西武バス)「吉祥寺駅」~「花小金井駅」行「田無三丁目」下車1分
 (関東バス)「三鷹駅」~「田無橋場」行「田無三丁目」下車1分
●懇親会:17:30~ ご希望の方は予約をお願い致します。 (\5,000)
●連絡先:042-488-0731(Tel/Fax) 柳沢
 yanadere@mxp.mesh.ne.jp    ≪

 今年は日曜日なので私も参加します。
 
 昨年の写真です
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 今日から12in女性ヴォーカル

 
 
 
 今日のBGM
 

 
 2012/08/09 (木)
 事故!
 16inTranscriptionの洗浄が済みBlue Note7020の内袋を変えようとアルバムを持ったまま
 隣の部屋に踏み入った瞬間、暗い足元に横たわっていたジャンに蹴つまずき朽木が倒
 れるように転倒した。
 左手に持った10inLPアルバムが真っ二つに折れた。

 LPレコードを割ったのは長い人生で始めて。
 ファーストプレスの赤ジャケット盤、探さなければ。

 不幸中の幸いに床がクッション性のあるフローティングだったので怪我は無かった。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 申し訳なさそうなジャン
 

 2012/08/09 (木)
 10inLPアルバムのクリーニングも今日で終了。
 1ヶ月間よく頑張った。

 この間溜った16inTranscriptionの洗浄を始めるが超音波洗浄機には入らないので
 手洗いでしなければいけない。

 
 
 
 
 
 

 
 2012/08/07 (火)
 LPのクリーニング、だいぶ能率よく出来るようになった。

 いよいよ10inの終盤近くなった。
 
 
 
 
 
 
 2012/08/06 (月)
 今日も10"LPのクリーニング。
 一枚いちまいの思い出が蘇る。

 岩浪洋三さんは「本当のコレクターは売らなくては駄目だ」のお言葉。

 でも1枚のレコードとの出会い。買ったレコードショップでの会話。
 ディービーズ、トニーレコード、ユニオン、ジャロ、コレクターズ、ヴィンテージマイン、
 レコードファインダー、ラストチャンスレコード、トプス。

 今と違い情報が少ないなか、レコードショップの店長に教えを請う。
 ワクワクする良い時代だった。

 超音波洗浄機も大活躍し汚れてきたので洗浄。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 2012/08/05 (日)
 日曜日も1歩も出ないでレコードクリーニング。

 
 
 
 
 
 
 今日のBGMの一部
 
 
 
 
 
 明日のノルマ
 

 2012/08/04 (土)
 午後のレコードクリーニング。

 ノルマを多くして頑張る。

 途中「よこすか開国祭花火大会」を屋上から見る。

 レコード一枚一枚が宝物。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 作業中のBGM
 
 
 
 

 2012/08/03 (金)
 昨日クリーニングした10"Debut レコードのレーベルの違い。

 今晩は刑務所仲間と納涼会。
 獄道が過ぎて刑務所勤めが1年を越えました。
 
 酔いながらのレコード弄りはトラブル危険があるので今日は休憩。

 
 務所仲間
 
 同じく姐御と牢屋主、もう一人は懲罰中、
 
 
 
 
 昔、横浜の超高級中古オリジナル・レコードショップ”ディービーズ”で購入したKenny Dorham
 
DLP-2の Columbia Recodに似たレーベル
 
 DLP-9のレーベルのみ違う
 
 裏ジャケの違い、これのみ違う
 
 どちらがオリジナルか私にはわからないが、 Debut Records)は1952年に
ベーシストのチャールズ・ミンガス、彼の妻セリア・ミンガス、ドラマーのマックス・ローチ
によって設立されたジャズレコード会社。なのでDLP-9ではないかと想像する。
 
 2012/08/03 (金)
 今日の分
 
 

 2012/08/02 (木)
 今日の追加分
 
 
 
 
 

2012/08/01 (水)
 このところレコードショップのおやじになっている。

 これが昨日クリーニング及び内袋、外袋を交換した10"LP。
 次が今日の終了分
 
 そして明日の分
 
 
2012年7月へ   2012年9月へ