2013年12月10日へ 2014年1月へ
 
過去帳へ
 
 
 2003  1月  2月 3 月  4月  5月  6月  7月  8月  9月  10月  11月  12月
 2004  1-3      4-6      7-9      10-12    
 2005  1-3      4-6      7-9      10-12    
 2006  1-3     4-6       7-9      10-12    
 2007  1-4       5-9           10  11-12  
 2008  1-3      4-5    6  7  8  9  10-1 10-2  11  12
 2009  1-1  1-2  2-1  2-1  3  4-1 4-3 5-1   5-2 6-1  6-2  7-1 7-2 8-1 8-2  10-1 10-2  11  12-1 12-2
4-2  5-3 6-3  6-4
 2010  1  2  3  4-1 4-2  5-1 5-2  6  7  8  9  10  11-1 11-2  12
 2011  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11-1 11-2  12
 2012  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11-1 11-2  12-1 12-2
 2013  1-1 1-2  2-1 2-2  3  4  5  6 7-1 7-2  8  9  10  11-1 11-2  12-1 12-2
 2014  1  2  3  4  5  6  7-1 7-2  8  9  10-1 10-2  11  
                         

2013/12/11

2013/12/29 (日) 
寺島靖国ジャズ喫茶ミュージックバードにお茶を飲みに繁藤さんと寄る。
5時半からの収録のお蔭でニギリメシ2個ゴチになる。
放送は来年1月後半の予定。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 2013/12/28 (土)
寺島靖国ジャズ喫茶ミュージックバード にジャズボーカリスト小林真理さんと
明石千秋さんがゲスト出演。

明日は私も収録に呼ばれている。

 
 
寺島靖国ジャズ喫茶ミュージックバード 2013/12/28-1  
 
 
 寺島靖国ジャズ喫茶ミュージックバード 2013/12/28-2
 
 
寺島靖国ジャズ喫茶ミュージックバード 2013/12/28-3  
 
 
 寺島靖国ジャズ喫茶ミュージックバード 2013/12/28-4
 
寺島靖国ジャズ喫茶ミュージックバード 2013/12/28-5  
 
寺島靖国ジャズ喫茶ミュージックバード 2013/12/28-6 
 
寺島靖国ジャズ喫茶ミュージックバード 2013/12/28-7  
 
2013/12/27 (金) 
我が家のアヴァンギャルドの隠し味。
アカペラ イオンツイーター用の真空管アンプ。
私の耳には真空管が合っているようで殆どのセットに真空管を使っている。

 
 
 
 
 2013/12/26 (木)
新譜のLP『Early Chet Chet Baker In Germany 1955-1959 Lost Tapes』をプレゼントされた。
早速聴くと聴き慣れたCaterina ValenteとのDuoが入っている。
音源はBrunswick EP盤で発売されている。
聴き比べをして楽しめる。
 
 
 
 
 
 
 
 
 Chet Baker & Caterina Valente/Every Time We Say Goodbye (Brunswick M45 12063B)
 
 
 
 Chet Baker & Caterina Valente/Every Time We Say Goodbye (Jazz Haus 101 728)
 
 
 
Chet Baker & Caterina Valente/I'll Remember April (Brunswick M45 12063A) 
 
 
 
Chet Baker & Caterina Valente/I'll Remember April (Jazz Haus 101 728) 
 
 

2013/12/23 (月)
夕方は家族と「ベルネージュ」でクリスマスディナー。

 ワインを持ち込んで美食に酔う。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2013/12/23 (月)
今朝10時からオーディオ訪問。
朝から吞みました、聴きました、楽しかった。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2013/12/22 (日)
昨日の午後は半日メグデイ
3時からのリアルジャズリスナーズクラブで館野さんのアーチー・シェップ特集
6時からはメグの会で11時まで楽しい仲間の集い。
 メグの会の平井さんが製作したCD山本真理子さんの「Her's to You/MARIKO」
が12月24日の発売前にお披露目。
「大人の聴くジャズヴォーカルお届けします。」
部屋を暗くしてコーヒーでも飲みながら楽しんでください。
私のYoutubeが全国初音出しと思われます。

 
 
 The Good Life-山本真理子:Here's toYou/MARIKO [doLuck Jazz DLC-1]
 
 
Pennie from Heaven-山本真理子:Here's toYou/MARIKO [doLuck Jazz DLC-1] 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
メグの会 
 
 
 


 
 
2013/12/20 (金)
結局アヴァンギャルドは元へ戻しAvant-Garde Nouvelle Varue Quintet へ

明日はメグでのリアルジャズリスナーズクラブに参加
パトリシアン600使いの館野さんがアーチー・シェップ特番を披露します。
午後3時開演です。 
 
 
 
 
 
 
 
 Medley From Cinema Paradiso/Roberta Gambarini
 
 
 2013/12/18 (水)
 
今日は午後から時間があったのでアヴァンギャルド・ヌーベルヴァーグ・セックステット
 の構成変更。

 どうしても温度感が弱く納得できない。

 バスホーンに付いているアンプが大した製品でないのではないかと疑い出す。
 
 そこで90Hz~30Hzまでのバスホーンにはブラボからのスピーカー出力を繋ぎ
 50Hz以下をdbxからのXLRを繋ぐハイブリットとした。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 midは繋げていない
 
 
 
 

 2013/12/17 (火)
 
今日よりバスホーンをサブウーファーとスーパーウーファー、GEMツイーターを
 スーパーツイーターへ変更したしたので6Wayとなったので
 Avant-Garde Nouvelle Vague Quintet Speakerから
 Avant-Garde Nouvelle Vague Sextet Speakerに名称変更。

 Sextet、好い響きでしょう。
 
 
 
 GEM純正スピーカーケーブルをノードストと交換と同時に入力をダイレクトにする。
1q 2q31A
 
 
 
 
 
 
 
 
 今夜はちょっとオーバーにしてMarcus Miller Freeを
 
 
 
 

 2013/12/16 (月)
 
一昨日の続きでレファレンスCDで音楽を聴きながらの調整。

 こんな状態でまあまあになりました。

 と言うより弄る前を越した音になりました。
 
 
 
 
 
 
 
 

 2013/12/16 (月)
 Neville Kapadiaさんからほのぼのしたメールが来た。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 2013/12/16 (月)
 昨日は杉並区のS田邸オーディオ訪問。

 誰もやっていない奇抜な方法で素晴らしい音を出していました。

 仔細はStereo誌3月号の田中伊佐資さんの記事を見てください。

 
なにせセンスが素晴らしい
 
 
 
 
 獄道音響道中膝栗毛 杉並 S田邸 1
 
 製造番号8のパラゴン
 
 
獄道音響道中膝栗毛 杉並 S田邸 2
 
 
 獄道音響道中膝栗毛 杉並 S田邸 3
 
 
 獄道音響道中膝栗毛 杉並 S田邸 4
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 2013/12/15 (日)
 
今日もデジタル使用の悩み。

 どうしても失うものが大きい。

 結局バスホーンの2WAy化に使うことにした。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 2Wayで使用。
 高音部は使っていない。

 2013/12/14 (土)
 デジタル機器を挟んで失敗したかなと青くなったが今日TAMURAのAudio Distribution Amp
 をサブウーファーの間に入れたらたちまち音が気持ちよく落ち着いた。

 
デビルJyajyaoさんの経験アドバイスが実証された。
 
 
 2013/12/13 (金)
 
マイスター松下君が来たのでとりあえずdbxを繋いで音出しをしてみようとスタート。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 一応3Wayで使用。

低音はアバンギャルドバスホーンのアンプをパラでつなぎ中低音と中高音をブラヴォで
ツイーターはチューブテクノロジーでスーパーツイーターはジェフローランドで鳴らす。

それぞれの出力が違うので耳で調整。
 

 2013/12/12 (木)
 
今夜の焼酎とCD

 
 2013/12/12 (木)
 アヴァンギャルドのマルチ化を思案中だがこの際GEMリボンツーターを外して
 4wayに戻しGEMをJBL31のスーパーツイータとして使おうかと思いついた。
 
 
 
 2013/12/11 (水)
 昨夜注文してもう夕方には来ました。

 
 
 2013/12/11 (水)
 
我が家のアヴァンギャルドをマルチ化する準備に入った。

 何処までマルチにするか考案中。

 せめてバスホーン装着メインアンプをスピーカー出力で動作させるのではなく
 プリからのXLR出力を繋ぎたい。

 と気がついたのはバスホーンにはXLR入力端子が1個しかついておらず
 2段使用時のXLR接続はどうすれば良いかだ。

 早速Esotericお客様相談室に電話したところ調べますのでと30分後に返答。

 「スプリッター」を使ってください。

 「そういう使い方をしている人はいるんですか」と聴くと

 「アヴァンギャルド」ではプリからの使い方は推薦していません」と

 「?」

 下にアヴァンギャルドのHPの説明と取り扱い説明書を転記。

 
 EsotericのHPより
 trio Ω G2 classico + 6 basshorn
『basshorn G2』は、18~250Hzを再生するアクティブバスホーン・システムで、各モジュール
には内蔵のパワーアンプで駆動される12インチドライバー×2を搭載。 ドライバーユニットに
は磁束密度の高いネオジウムマグネットを新たに採用しています。55インチ(1,400mm)の
ロング・エクスポ・スフェリカルホーンでホーンロードがかけられ、単体で約83㎠、6モジュール
合計で約5m²という巨大な開口部から再生される圧倒的な低域のスケール感とスピード感は、
まさにオールホーン・システムならではの醍醐味です。 500W(250W×2)のパワーアンプ
は120,000μFの大型整流コンデンサーを搭載して電源がさらに強化され、avantgarde独自
のADRIC回路(※1)を搭載。ホーンのカットオフ周波数以下の低域のリニアリティーを改善
することにより、低域用ホーンの常識を覆す18Hzまでフラットな特性を獲得しています。
スピーカーターミナル/XLRの入力切り替えをはじめ、クロスオーバー周波数、音量レベル、
サブソニックフィルターの周波数設定など細かな音質調整が可能です。 ・55インチ・ロング・
エクスポ・スフェリカル・ホーン
・83㎠ ホーン開口部
・2×12インチ・ネオジウム駆動サブウーファー・ドライバー
・ADRIC・アクティブ回路(※1)
・500W(250W×2)アンプモジュール/ 大容量120,000μFコンデンサー (※1)
ADRIC (Adaptive Radiation Impedance Control)テクノロジー
ホーンで発生する周波数特性上のピークやディップ(ホーン鳴き)などにより、ユニットの
インピーダンスは大きく変化します。これを感知し、アンプの出力電圧をリアルタイム補正
してフラットな周波数レスポンスを実現。カットオフ周波数以下の低域リニアリティーを大幅
に改善し、ホーン開口部が1m²以下程度の小型でも18Hzまでの低域レスポンスを可能にす
る特許技術。世界でも類を見ない小型バスホーンの設計に貢献しています。
G2のアップグレード内容に関してはこちら
avantgardeのテクノロジーはこちら
 
 
 
 

 2013/12/11 (水)
 
オーディオの友 大分の諸富さんから彼の作品ガーベラとバラが送られてきた。

 趣味の友は有り難いです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2013年12月10日へ 2014年1月へ