2013年7月14日 2013年9月
過去帳へ
 
 
 2003  1月  2月 3 月  4月  5月  6月  7月  8月  9月  10月  11月  12月
 2004  1-3      4-6      7-9      10-12    
 2005  1-3      4-6      7-9      10-12    
 2006  1-3     4-6       7-9      10-12    
 2007  1-4       5-9           10  11-12  
 2008  1-3      4-5    6  7  8  9  10-1 10-2  11  12
 2009  1-1  1-2  2-1  2-1  3  4-1 4-3 5-1   5-2 6-1  6-2  7-1 7-2 8-1 8-2  10-1 10-2  11  12-1 12-2
4-2  5-3 6-3  6-4
 2010  1  2  3  4-1 4-2  5-1 5-2  6  7  8  9  10  11-1 11-2  12
 2011  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11-1 11-2  12
 2012  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11-1 11-2  12-1 12-2
 2013  1-1 1-2  2-1 2-2  3  4  5  6 7-1 7-2  8  9  10  11-1 11-2  12-1 12-2
 2014  1  2  3  4  5  6  7-1 7-2  8  9  10-1 10-2  11  
                         

2013/08
 2013/08/31 (土)
 あばらかべっそん伊藤喜多男の身の上相談

 
 
 
 
 
 
 
 
 2013/08/30 (金)
 ステレオ誌9月号の
 ヴィニジャン~アナログの壺~狂気! 大阪16インチの会:前編の巻(田中伊佐資)
 を見て我が家の自作砲金プレーヤを回す。

 残念ながら14.5inしかありませんが38kgと重いしデンオンの38テープレコーダー用の
 トルクの在るモーターなので音はそれなりです。

 今日も伊藤喜多男さんの語録を紹介します。

 私が言っているのではありません。

≫ 『戯言(たわごと)』
●「さすがに、お宅のシステムは素晴らしいですな」と、無暗に誉める人がいる。
 こんな人は他の家を訪ねても 同じことを言っているものだ。
 山海の珍味を出す家ほど、こういう訪問者が多い。

●4.5畳の部屋で6.5吋のスピーカーを自作の筐に入れてラーメンを啜りながらステレオを
 楽しんでいる人がいる。 
 バランスがとれているから、もっとよいシステムを買えとは言えない。
 引越をさせるにはシステム以上に金がかかるから。

●わたしはこういう人たちが好きだが豪華なシステムを持っている人も好きだ。
 自分がそれを買えないからきかせもらうために。
 ただしその音をきいている最中に金もうけの話を持ち出されると途端に帰りたくなる。

●カートリッジ、アンプリファイア、スピーカーを所狭しと並べて取換、引換聞かせてくれる
 人がいる。
 わたしにはその動作が目まぐるしくて音楽を聞く雰囲気に浸れない。

●豪華なシステムを持っている人が市販のステレオを評して「あんな音は聞けないよ」という。
 消えものということを認識していない証拠だ。

●厳しい原価計算と利潤の追求で生産されるのが商品である。
 商品価値は音の良さだけで成り立たない。
 それが証拠には、価格に比べて素晴らしくよい音の出るものが必ず売れているとは限らない。

●ステレオの機械は音を出すのが目的であるのに見せる方に努力しているものが多い。
 走るクルマと同じように。

●クルマは走行中の事故に命がかかっているが、ステレオはどうやら直接生命とは関わりがない。
 それだけに余計困る。
    



 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 2013/08/30 (金)
 伊藤喜多男さん語録が載った1981年のSound Doyが出てきましたので紹介します。

 
 
 
 
 
 
 
 

 
平々凡々
 
 
 
 
 
 
 
 2013/08/29 (木)
 今日の伊藤喜多男さん語録。


 ●新しいものが目まぐるしく出廻って応接に遑(ひま)がなくなってきたのか、古いものを

 漁る人が増えてきた。 

 既に市場に出切ってしまったものだから、もっと良いものが出るという期待も不安も伴わず、

 「よくいままで達者でいたな」という憐愍の情と、若い頃の記憶を甦らせる絆として座右に

 置きたくなるらしい。
 (中略)

 骨董趣味だけで手に入れたところでオリジナルを知らないからノブが異なっていようが、

 新しいスピーカーと変えてあろうが解る筈がない。

 長期間にわたって働いたものだから無故障でいるわけがないから、当然幾度か修理されている。

 取り敢えず音が出ればという形で直され原形は逸うに失って見るも無惨なものの方が多い。
                                       (86年MJ誌5月号より)

●何とかして音を出してやるのがアンプへの愛情であるし当然あるべき形であれば、

 音が出ないまま埃だらけのアンプを商品として取り扱う愚かを敢えてするものはない。

 応急手当でも手抜き仕事も止むに止まれぬことである。

 完全に修復した処で納得する人、つまり原形を見たことがない人には、それこそ豚に真珠の

 諺通り無駄なことだが、それにしても応急手当を施された銘器ほど惨めなものはない。

 今後再び世に出ない逸品の骨董的価値を傷つける無謀は赦せるものではない。
                                       (86年MJ誌6月号より)

 
 ボイト・ドメスティックホーンは川崎のヴィンテージショップに電話して
音が出ない状態と言われたが現物を見ないで購入。

 エレクトロボイスはヤフオクで10万円で落札
文句のは一切無し。

JBLは素人さんから特別安値で購入、極上品でした。

 
 20年程前に代々木の「西洋墨屋」で購入したWE41,42,43は手抜き修理された
酷いもので回復にそれこそ20年近くかかりました。
 


 2013/08/28 (水)
 今日も伊藤喜多男さんの語録。

 自作アンプ派へのお言葉。

●私は既製品以外はなるべく使用しないことにして、それに対応した回路と球を選ぶことにし

 ている。

 技術的でなく企業として、メーカーでは不可能なアンプを作るのが、プロではない読者の

 楽しみであり苦しみであるが、凝り過ぎると被害者が蔓延する畏れがある。

 他人(ひと)に迷惑をかけずに生きていられる人は、絶対に存在しないが、それにしてもである。

                                        (86年MJ誌2月号より)


 ●管球アンプが未だに作られている。相当な製品もあるが、中には目を覆うほどの駄作もある。

 見るに耐えないものは聴くに堪えない以前の作品である。

 自作して良い音を探求するのはよいが、試作以前の試作で、思いつきで無闇に球を並べ、

 トランスを特注して結合させ“俺でなくては作れない”式の特殊別誂えのアンプを作るのは

 結構だが、他人の目に晒すのは困る。

 御自分一人で精々楽しんで頂きたい。

 その理由の如何を問わず“お前だから作れるんだ”という顰蹙をかうのを露知らず、

 敬意と錯覚してるには老生の過去の経験でも明らかである。

                                          (86年MJ誌10月号より)

●管球式回路は新しい球が出現しない限り既存のものから選ぶより他はない。

 その球は既に先師により使い熟され最早弄りようのないほどに究めつくされているのに

 無理やり何とかもう一工夫とばかりマニュアルを読んで回路を選ぶならよいが、

 想天外な回路を思考する輩が増えてきた。

 当人が良結果を得たと納得しているのだから傍からとやかく言うことはないが・・・・・・・・

                                       (86年MJ誌11月号より)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 2013/08/27 (火)
 
伊藤喜多男さん語録の続きです。

 ≫●オイロダイン(西独)だのWE(米)の35や40型のようなスピーカー

 (製造中止だから宣伝にならない)を使っている人の内、何人が本当に鳴らしていることだろう。

 「何だってこんな音源を叩き込むんだ」と髀肉の嘆きを洩らしているのはスピーカー、

 「如何にしたら良い音が出るんだ」と疑心暗鬼を生じているのが所有者、

 果ては「とんでもねえものを掴んだ」と人を怨んで自分の未熟を棚に上げる始末、

 結果は「ご希望の方に高価で譲ります」の途を辿るのである。

 スピーカーが馬だったらそこでほっと胸を撫でおろすかも知れないが、馬は伯楽のような

 目効に邂逅すれば幸せを得るが馬の方から伯楽を探すわけには行くまい。

 人と人、人と物、物と物には生き物の邂逅がある。

 会ってよかったと思えるのはお互いの良さを摑み得る努力の結果であって、

 一方だけでは成立しはしない。≪
                                       (86年MJ誌9月より)


 
 
 
 

 2013/08/26 (月)
 久しぶりのオーディオ話です。

 この所、短編時代劇小説を読んでいるのですがBGMで聴いているアバンギャルドが
 どのCDをかけても好い音で聴けるんです。

 多分もうこのセットにお金を掛けることは無いと思います。

 私ぐらいの経験があると変な売り込み、横槍も入らず義理で製品を買うこともありません。

 オーディオの付き合いは大歓迎ですがそこに商売の臭いが少しでも感じるとはっきり拒絶します。
 また購入能力が無いと知れると鼻にもかけないでしょう。

 オーディオは偶然性が一番で金額計算や測定で良い結果は出ません。
 新しい性能の品物が素晴らしい音楽を聴かせてくれるとも限らないんです。

 オーディオは何を弄っても良くなったような錯覚を抱かせることを忘れてはいけません。

 ここにわが師、伊藤喜多男さんの言葉を再度記します。

≫●一つのものを選んで何時迄経っても飽きない、という人がいたら大嘘。

 飽きるのは当然ですが、取り替えた処で大した違いがあるものでなし、という諦めが自ずと

 沸いて来るのが男女関係(おとことおんなのつきあい)の常(さだめ)。

 世の中にはもっとよい女性(ひと)がいて自分と暮らしてくれるだろう、なんて自分(てめえ)

 の至らなさを棚に上げてほざいている処に、貴君(おまえ)の間抜けさがあるのです。

 アンプは飽きても放って置けばよいのですが、女性(おんな)と別れるのには大層(たいへん)

 な手間(じかん)と金(てぎれきん)がかかります。

 貴君(あんた)には選ぶ権利はあっても資格はまるでないという矛盾があります。

 自分を磨き上げないで、相手にだけ難癖をつけて、自己過信と自信を履き違えている

 輩(やから)が沢山(うようよ)います。

 「俺はどんなものだって満足できないほど贅沢なんだ」と大通をふり廻す族(おおみえをきって

 いきがるやろう)、それが貴君(てめえ)だということをよく認識して下さい。

  尤も今更言って直るくらいなら、疾(と)うに直っている筈です。

 おそらく不治の病(ばかはしななきゃなおらない)という処でしょう。 

 御同情申し上げます。貴君(あんた)にではなく、御親族一同様にです。

 どのような一流品でも飽きてしまうということでしたが、一流品とは貴君(おまえ)が評価する

 ことなのに拘わらず貴君(おまえ)には一流品の標準(きじゅん)が皆無(まるでなし)ですから、

 話になりません。

 つまり、一流品(どんなもの)を見ても二流、三流と蔑むことが美徳と心得(はきちがえ)る

 人(ひとでなし)になってしまった、手のつけられない貴君(てめえ)こそ自称一流品で、

 実は世間から見れば極めて劣悪な人種(すくいようのないどあほう)だということになっている

 わけです。

 しかし、落語の「酢豆腐」に出てくる若旦那(ばかだんな)的存在価値だけは認めます。

                                      (81年サウンドボーイ9月号より)

 ≪

 
 
 
 
 
 
 

 2013/08/26 (月)
 今日の顔
 
 
 
 
 
 
 
 
 2013/08/22 (木)
 先日オーストラリアからオーディオ訪問頂いたアバンギャルド使いのNeville Kapadisさんから

 訪問時感動して聴いたCD、My Latin Heart/Jose Carboが送られてきた。

 同時に氏がお勧めのCome In Spinner/Vince Jones & Grace KnightのCDも。

 素晴らしい内容で皆さんにお勧めだが入手出来るかどうか。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 2013/08/21 (水)
 今日も悩んでいます。

 この他の候補は以下です。

 smart Fortwo coupe mhd edition cityflame
 
 
 2013/08/20 (火)
 こんな自動車を買おうかなと悩んでいます。

 
 smart fortwo coupe turbo edition sharpred
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 2013/08/19 (月)
 ランプの付け替え後、また雰囲気が変わる。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 2013/08/15 (木)
 今日のDSDディスク。

 GoodiesとSpectrum Sound 2社の音の違い

 2社ともオリジナルアナログからのデジタルダウン。

 音源の芸術性を失うことなく録音されている。

 
 
 
 
 
 
 
 

 2013/08/14 (水)
 今日午前の仕事を終えて夏休み。

 何処に行きたいでもない、今まで創って来たオーディオ環境でどっぷり音楽を聴ける幸せ。

 と言うことでWE15BをWE41.42.43.49アンプでGoodiesDSDディスクを再生すると音割れがする。

 WE555の調整が必要か、オーディオは休ませてくれない。


 
 

 2013/08/11 (日)
 夕方ヤマトらくらく引越し宅急便がヤフオクで落札した水屋ダンスを届けてくれた。

 これで収納家具の設置が終わり来週からゆっくりオーディオを再開できそう。

 
 

 
 2013/08/11 (日)
 この獄暑の中ケズメリクガメの亀吉とカメが温室に穴を掘り出した。

 この所愛情行動を毎日のように取っているので産卵かもしれない。

 ロイのちょっかいに立ち向かって追い払う。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 亀吉にちょっかいを出すRoy
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 亀吉に撃退されるRoy
 

 2013/08/11 (日)
 獄暑の中でJBLブルーのドアに合わせて傘立てをペンキ塗り。

 色も熱い茜色。


 
 
 
 

 2013/08/10 (土)
 私が目を傷めた原因の収納家具が一部設置できた。

 ついでに玄関のペンキ塗り。JBLブルーに模様替え。

 夕方マイスター松下さんがRCA MI 10235を修理に来宅。

 電源を入れて温まりだすと大量のノイズを手際よく修理。

 流石だ。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


 2013/08/09 (金)
 今日の話題は現在ヤフーオークションで出品されているプリアンプ。

 このMk2をJBLブルーの部屋で4350用に使っている。

 
 
 
 
 
 

入札、ウォッチリスト登録

ウォッチリストに追加

Burmester Pre-Amp 808 Mk5

即決価格
: 

2,000,000 円

残り時間 :  2 日 詳細な残り時間
入札件数 :  0 入札履歴

個数
:  1
開始時の価格 :  2,000,000 円
最高額入札者 :  なし
開始日時 :  8月 5日 14時 27分
終了日時 :  8月 11日 22時 26分
カレンダーに追加 カレンダーに追加
入札者評価制限 :  あり (評価の合計がマイナスの方は入札できません)
早期終了 :  なし
自動延長 :  なし
オークションID :  g127182325
商品の状態 :  中古
返品の可否 :  返品不可 (ノークレーム・ノーリターン)
     
 
 
 
 
 
 そのJBL4350も出品されている
 
 


 2013/08/08 (木)
 JBLブルー部屋の照明追加が終了。

 音楽を聴く環境がリニューアル。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 2013/08/07 (水)
 事故です、4日《日)に収納家具を入れ替える為電気ノコギリを使ったところ右目に木屑が入り
 その痛さに月曜日の眼科受診までの苦しみ。

 今日ようやく眼帯が取れ不自由ながら両目で仕事が出来た。

 午後から気分転換に三浦までドライブに乗せてもらい三浦で美味しい海鮮料理『海わ屋』へ。

 野比海岸で金、土、日しか開業していないアロハシャツ専門店『Gallery Tohdo's』に寄り道して
 1枚購入。

 そして隣のオープンまもないオートレースウエア店『Piloa Moto』でコーヒーを。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 我が家のブーゲンビリア
 


 
 2013/08/03 (土)
 午後7時15分より横須賀開国祭 開国花火大会。

 30分間に5000発の集中打上げ。

 豪快です。

 
 
 我が家からの2013横須賀開国祭花火大会-1
 
 
 我が家からの2013横須賀開国祭花火大会-2
 

 
 2013/08/03 (土)
 今昼の横須賀安浦の美味しいお店は我が家から歩いて2分の和風ラーメン『和らく』
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 特製つけ麺
 
 
 
 
 
 完食
 
 塩ラーメン
 
 味噌ラーメン
 
 
 2013/08/01 (木)
 昨日はBlueNote EP盤をJBL  Hartsfield Exclusive で再生。
 
 12in盤とは違った音の飛び方が楽しめる。

 オーディオをやっていてつくづく思うのだがオーディオは飽きる。

 ソフトがあってこそ永遠に楽しむことが出来る。


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 2013/07/30 (火)
 引き篭りのお蔭で持っているソフトを聴く時間ができる。

 今日もBlue Note EP盤をElectro Voice The Georgian Ⅳ Legendで再生。

 
 
 
 
 
 
 


 
 2013/07/30 (火)
 この所の暑さでは慢性引き篭りがさらに一歩も外に出たくない。

 一日中部屋にいると何か弄りたくなる。

 と言うことでこの所照明を入れ替えたり新しく購入したりするマイイベント。

 来月にはフランスからアンティーク照明器具が届く予定。

 これ等で2部屋の雰囲気を変えるつもり。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


 
  2013/07/29 (月)

今日の工作。

 古い燭台を電気スタンドに作り変え。

 昔買った貴重な細い絹巻き線もこれて終わり。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 穴を太く
 
 
 
 
 
 
 
 夜が楽しみ
 
 
 
 
 
 2013/07/29 (月)
 昨日の鮒寿司作業の途中で横須賀安浦の新しいお店「ステーキハウス 
ブル」へ

 日曜しかやっていないランチタイムサービスにようやく行けた。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 2013/07/28 (日)
 今日は朝から鮒寿司の飯漬け作業。

 初めての鮒寿司を作るのにインターネットで調べ前もって購入した塩切り鮒を

 たわしとワイヤーブラシで鱗を取り、キッチンペーパーで水分を取り3時間程干す。
 
 鰓蓋からご飯を入れ込み桶にご飯を敷きしめフナを並べ更にご飯をかぶせて繰り返す。

 最後にビニール袋を閉じ15kgの重石を乗せて午前中日が当たる場所に置いて今日の作業終了。

 1週間後の重石を15kg追加。

 結果は半年後。


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 2013/07/27 (土)
 午後からYokosuka Jazz Dreams 2013へ

 午後4時より8時までの4時間、第1部の寺井尚子グループとマリーンがPAが酷く
 ヴァイオリンの音とは思えない辛い大音量で耳を片方づつ塞いで何とか耐えた。

 第2部の川嶋哲郎グループと阿川泰子の演奏、心から拍手を送ったのは2曲目の
 川嶋哲郎 Quartet & ヨコスカセッションズの演奏だけ。

 第3部が圧巻で「宮間利之とニューハード」「見砂和照と東京キューバンボーイズ」の競演

 吹っ飛ぶビックバンドサウンドで爽快に聴き終えられた。

 
 
 
 
 
 
 

 2013/07/27 (土)
 今日はロイの2歳の誕生日祝い。

 17日はジャンの11歳(還暦)の誕生日を兼ねて美味しいケーキをプレゼント。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 2013/07/27 (土)
 今日の横須賀安浦美味しいお店はテレビなどで何回も紹介されている中華『末広』

 週1回昼食を出前で注文しています。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
2013/07/27 (土)
 昨夜の横須賀安浦美味しいお店は韓国焼肉料理老舗
『釜山館』

 有煙ですが必ず感動する料理が出ます。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 2013/07/26 (金)
 自動炊飯器を3000円で買うため行ったリサイクルショップ。

 何と真空管が20本ほどあるではないか。

 一緒に行った松下信也君に見て貰った所1本だけ興味ある球が1000円。

 早速帰宅後真空管チェッカーでチェック。

 元気もありWE86CアンプのWE274Aナス管の変わりに付け替える。

 中国製プスバン300Bと日本製マツダKX5Z3とでバッチリ。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 2013/07/25 (木)
 ロイのハイタッチ

 
 
 Roy's high-five
 

 
 2013/07/24 (水)
 午後の我が家の水槽。

 そして横須賀安浦の美味しいお店での昼食。

 和食の『魚長』で蒲焼を!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 玄関の120cm水槽、電気ウナギ
 
 1階玄関の水槽、120cm×2、150cm+濾過槽×2
ピラニアナッテリー、スッポンモドキ、新種ピラニア、ダトニオイデス、タライロンなど
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  デンティクラータオレンジフィンか?
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  待合室の60cm、180cm×2、120cm×2
アジアアロワナ×3、ポリプ×20、アルビノ・ヨーロッパオオナマズなど
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 Yasuura Aquarium 2013.7.25-2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 第2待合室、180cm×2
肺魚×3、ブラックゴースト、グラスキャットなど
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 Yasuura Aquarium 2013.7.25-1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 我が家で一番小さい水槽40cm
南米淡水フグ
 
 
 
 

2013年7月14日 2013年9月