2014年9月へ 2014年10月12日へ
過去帳へ
 
 
 2003  1月  2月 3 月  4月  5月  6月  7月  8月  9月  10月  11月  12月
 2004  1-3      4-6      7-9      10-12    
 2005  1-3      4-6      7-9      10-12    
 2006  1-3     4-6       7-9      10-12    
 2007  1-4       5-9           10  11-12  
 2008  1-3      4-5    6  7  8  9  10-1 10-2  11  12
 2009  1-1  1-2  2-1  2-1  3  4-1 4-3 5-1   5-2 6-1  6-2  7-1 7-2 8-1 8-2  10-1 10-2  11  12-1 12-2
4-2  5-3 6-3  6-4
 2010  1  2  3  4-1 4-2  5-1 5-2  6  7  8  9  10  11-1 11-2  12
 2011  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11-1 11-2  12
 2012  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11-1 11-2  12-1 12-2
 2013  1-1 1-2  2-1 2-2  3  4  5  6 7-1 7-2  8  9  10  11-1 11-2  12-1 12-2
 2014  1  2  3  4  5  6  7-1 7-2  8  9  10-1 10-2  11  
                         
 
2014/10
 
2014/10/11 (土) 
滋賀県音の市の矢野さんご一行のオーディオ訪問。

話が通じる趣味人とのひと時、最高だ。

我が家の音楽再生機を11機種聞いていただいた。

まさに「音の市」
 
 
 2014/10/10 (金)

United Research Corporation Stage Speaker Unit Type 604-A

Jensen Reproducer は絶品だ。

多分殆どのオーディオ人は存在さえ知らないと思う。

その為私が先日気付くまで売れ残っていた。

所謂 名高い名器では無くすぐれた名器だ。

これを聴くと今までのオーディオ巡礼の終点に到着した感。

池田圭『音の夕映え』に
「我々は余りにも単純にウッチェルロの西洋画風のパースペクティヴに
対して透視図的な面だけを音響的に変換してその影響を受け過ぎて
いるように思われる。僕は加藤氏のモノラル装置を聞くと、その片鱗
は洋画では有名な「モナ・リザ」の背景に覗えるが、東洋画法の高遠、
平遠、深遠感を窮めようとする在り方に思いを馳せざるを得ない」

「その音には深味と落着きがある。勿論WEスピーカーで聞き直すが
全く似通っている。動きは無いが、何より先ず音楽がある。演奏が
真に迫って聞こえる。不動の姿勢を取らなくてよい。この姿勢が
ステレオの場合どれ程煩わしいかは改めて言うまでもない。」

「そして畏友上野明氏がステレオを聞くとレコードの一枚を最後まで
じっくりと聞けない。何故か途中でレコードを取換え度くなる衝動に
駆られる。と言われるのがよく判る気がする。
現在の二チャンネル装置では、左・右の広がりに限界がある。
モノラルを聞いていると、特にそれが加藤氏の装置では、
与えられいる広がり以上のものを感じる。と同時に奥行きを感じ
深さ高さも感じる。これは物理的にはあり得ないかもしれないが、
心理的にはそう感じる。そう感じるということは、そう聞こえる訳である。」

「僕は長い間オーディオ一辺倒であるべく努力した跡は過去の随筆を
読んで戴けばよく判る筈である。けれどもここ数年来、いい音で
音楽を楽しむ重大な要素はそのプログラム・ソースの音楽性の如何か
であり、最近はいよいよそれを尊しとするようになってきた。
名曲の名演奏、そしてその上音を忠実に伝えようとするレコードに
接すると、装置の如何に係わらずいい音に聞こえる。
そうであっては成らないと厳然として冷酷な態度で臨もうとしてもその
ソースの良さには参らざるを得ない。そういう心境になってきたこと
に就いては自ら深く考えざるを得なくなってきた。
特に今日の音録りの在り方に就いては賛成できない点が多い。
僕は日夜相当のレコードを聞く。最新録音と称する物が多いが、
自分で購める盤の中にはモノラル或いはSP復刻盤が多い。」

「最近のように技術的には進歩しているかも知れないが、どうすれば
このような悪い音になるのかと思われる装置もあるが、
名曲の名演奏で気に入った音楽の再生音はやはりいい音に聞こえる。」

と。

我が家のWE12A、WE13A、WE15B、
クラングフィルム・オイロッパ・ジュニア、
ヴォイト・ドメスティックホーン
ランシング・シャラーホーン

は名作と呼んで良いと思う。
 
 
 
 
 

 
 
2014/10/09 (木) 
リレックの験聴用プレーヤにつけたオルトフォンのダイナミック型アームのお尻が下がりだした。

だいぶ前に修理したがゴムが劣化してきたようなので再度修理依頼。

遊んでいたノイマンSZ4トーン・アームとカートリッジDZTを装着。

格好は良い
 
 
 
 
 
 
 
 
 2014/10/08 (水)
今日の昼めしはワンコイン。

アサヒチョークボードペイントを塗り裏板に吸音材を打ちつける。

材料は落とし紙。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 ここで心の師 池田 圭先生の随筆『音の夕映え』から抜粋を記す

『僕は幼くしてレコード音楽に戯れ、七十歳に垂なんとすると雖も
猶倦まない。やや長じて暫くは絵を眺め、或いは詩文を読んで陶然
としていた一時期もあった。歓を求めて銀座街に通うことを日課
としていたのは二十代を少し過ぎた頃からであった。人々はこの様な
僕を放蕩無為の徒として嘲笑した。その中にあって僕を人並みに扱
って呉れたのは淪落の女達であり、由それが上面だけであろうと
利に聡い商人達であった。
こういう生き方を人生の裏街道を行くと呼ぶかどうか知らな
いが、敢えて職を求めたことは無く、従って何の地位も名誉も権力
をも得ようとはしなかった。この歳に成って不図も、死を思い、
自らを顧み、或いは行く末を思う時がある。けれども聊の悔も無
い。人はこういう処で「こう書けば嘘になるが」と但し書きを付
けるが僕は全くそれが無い』中略
『来歴は件の如しであるが、如何なる遊芸にも況して僕を魅了し
たのはレコード音楽であり、その再生装置の仕組であった。この
世界には何の派閥も無く、徒党を組む必要も無く唯音を聞いて楽
しめばよかったからであろう。昔平円盤・蓄音器、今ステレオ・
オーディオ装置の遊びである。
元々レコード音楽はこれを専ら独り楽しむのがそに極である。
家人もそれを心得ていて誰一人としてこれを妨げ煩わす者は居
ない。その上隣人に迷惑を掛けない様に、又外から洩れる騒音に
悩まされないためにも、防音・遮音のやや完璧に近い別棟のスタ
ジオを戦後になって建てた。以来深夜と雖も何の遠慮会釈も無く
平然として楽しむことができる。』
 
 夕方マスター松下君登場
 
 フィールド電源を私の持っている物で調整
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 2014/10/08 (水)

昨夜インターネットサーフィンした結果
 

MINT Jensen Imperial Reproducer
C-1300 & Q horn Tweeter

4-6-10 Update: I was just told the following info why the speakers don't sound
very loud, and I quote" The little box is a 500 ohm input transformer.
That is not an 8 ohm speaker so it should sound terrible on a standard stereo.".
(He is right the speakers are 16 Ohm, so he may be right as to why
it is not very loud, thank you.).

4-5-10 Update: I was told this model was from 1939 with all original speakers,
see first question and my text addition at bottom of page.Yes, This Mint- speaker
system is complete and includes the impossibly Rare Model Q field coil Horn Tweeter,
it is in MINT condition, and it works!! I heard it. I have read this tweeter alone sells for
over $6,000. To have it working, in mint condition, and in the original Cabinet with it's
original components (transducer/ transformer, pots, chicken head knobs, etc) may be a
once in a lifetime find!!!Added 4-10-10: I started this at $14,000. I was told this price
was a little high (by the guy who made an offer on the first day.) So I lowered the asking
price to $9,500. The more I have read, learned & been told, I think this a very fair price,
but I will accept a good offer, as I have recently incurred an unexpected expense.
PICK-UP IS AN OPTION. I WILL SHIP THIS, BUT IT WILL BE EXPENSIVE,
due to it's weight and size. USA Shipping is actual cost, plus $200 handling for the USA,
and $200 handling for overseas plus the Freight forwarding (shipping) cost. ( and I ship /
export worldwide). This speaker is very heavy.First: The actual item looks a little better
than my photos, for example the brown "wrinkle" enamel on the tweete, transducer
crossover is 100%, Rich, thick and luxurious.Second: What is the value of a one of a kind
functioning 1940’s (actually as I have recently found out a 1939 model) Electronic Work
of Art. $14K? We will find out in the coming days. You will be getting a Rare gem from the
Golden Age of Electronics, and that’s a Fact. Directly from the great Peter L. Jensen
himself, the inventor of the modern loudspeaker.Third: This speaker system WORKS!!!!
More details later…..Fourth: If anyone cares to talk to me , email me your phone number,
and I’ll send you mine.....FIFTH :Shipping is actual cost, plus $200 handling for the USA,
and $200 for overseas shipping ( and I ship /export worldwide). This is a monsterously
heavy beast.SIXTH: If any one has any info on this speaker, I will post it; and make the
appropriate adjustments.I am fairly sure that the model C-1300 has never been offered
for sale on ebay’s, and most likely anyw else.I could find no reference to this gem on the
Net; nor the speaker’s model #’s, nor the system model number.This may be the only
surviving example of this beauty, most likely the best condition and totally complete
example, at least!!This speaker system is identified as follows :Jensen Imperial Reproducer
Model C-1300.The original instructions on the back of the speaker state: “Introducing
Bass Reflex and Peri-dynamic Principles”.The System serial number printed on the
bakelite faceplate is A-4124. The faceplate says it is a Model C.It appears to be a 2
way system. This is an extremely well made system, the construction, fit, and finish are
superb. T is a look of“state of the art” quality in every detail.The woofer is a15”, and it
looks New, no tears no rips, the paper cone is perfect, PERFECT. The woofer is model
A15-PM, the “serial” # is B-2786. Printed on the rim of the frame is “A15-PM B-2785”
The round Tweeter / horn is about 4 inches in Diameter. It’s “serial” # is B- 2786. Yes,
the numbers are sequential.This cabinet includes a large Jensen Transducer, and another
electronic box that I am not sure what it is. This system is All original. Appears to be
unmodified, all the wire solders look to be original and unaltered.
The cabinet and all electronic components are ve..
.
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 Jensen Field Coil Model Q Tweeter Horn speaker driver  
Jensen Field Coil Auditorium Speaker
Model M-10 V-10 L-10 M-20 V-20 L-20 HF-18 L-18
 
 
 
 2014/10/07 (火)
1930年代のジェンセン ステージ用スピーカー

スピーカーユニットを見ているだけで幸せ

資料が無いが後ろのビス穴を見ると蓋は存在していたと思う

早速ホームセンターに行きオリジナルの3.5cm厚の板を探すが見つからない。

3.0cm厚の集合板で我慢

明日はいよいよ塗装なのでマスキングをする

 
 
 
 
 
 
 
 配線は単線
 
 

2014/10/06 (月) 
滋賀県音の市から土曜日発送のジェンセン スピーカーシステムがこの嵐の中到着

今日は外面を確認するだけ

如何塗装するか思案

資料が皆無なのでマイスター松下君の腕の見せ所

松下君がいるお陰で色々な古物に手を出してしまう

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
2014/10/05 (日) 
2011年2月以来のスピーカー購入を決めた。

ず~と欲しかったジェンセン モデルQが付いたステージ用スピーカー一発

1930年代のフィールド型だ

置くスペースも無いのに、またまた音を聞かずに注文

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2014/10/05 (日) 
雨の日曜日
朝からダイレクト・トランスファー CD-RをWE12A、13Aシステムで聴き続ける。

貴重な音源ソフトを最適な再生装置でDSDディスクに記録、まるでSP及びLPを
目の前で最高の状態で再生しているような錯覚で聴ける。

丁度2014年「第20回真空管オーディオ・フェア」を10月12日(日)・13日(月・祝)に開催する。
場所は昨年と同じ秋葉原/損保会館で購入できる。

ただ普通のCD及びSACDプレーヤでは再生できず
【オーディオ&ビジュアルの専門店アバック】SCD-XE800 SONY(ソニー) SACDプレーヤー
価格:28,600円(税込、送料込)が必要です。

真空管オーディオフェアはインターナショナルオーディオフェアと違って冷やかしではなく
現金10~30万円を持って熱心な真空管愛好者が目的を持って来場します。

今年の販売店は私のお世話になっている常連の
アムトランス(株)、バンティックエレクトロニクス、WEC5、グッディーズ、をはじめ
3年ぶりの音の市が参加します。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 昨日のマイスター松下君の仕事
コンデンサーをオリジナルに近いものと交換するも容量不足で×
 
 昼からワンショットだけ吞んで音楽鑑賞
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 それぞれワンショットだけ
 

2014/10/04 (土) 
10月3日はピンキー8歳の誕生日。
皆でお祝いのケーキを食べました。

誕生日万歳です!

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2014/10/03 (金) 
今日は午後から時間があったのでJBL4350システムのアナログプレーヤーのチェック。

 
 
 
 
 
SMEアームの水平とオーバーハングの調整 
 
 
 
 
 
久しぶりにEMT997を使う 
 
 
 
 インピーダンスを合わせる
 
 
 
 
 
 アームコネクターのクリーニング
 
 ゴムダンパーが硬くなりトレースが悪くオーディオファブ古屋さん行き
 
カートリッジを交換、 これでまともに聴けるようになる
 
 
 
 『Urban Bushmen/The Art Ensemble Of Chicago』
 
『Live Inside Your Love/George Benson』 
 
『Easy As Pie/Gary Burton Quartet』 
 
 
 
 
 
 『Lionheart/Kate Bush』
 
 
 
 
 2014/10/02 (木)
今日のレコード
 
 『The Bosses-Joe Turner/Count Basie』
 
『Ann Burton Sings For Lovers And Other Strangers』 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 オリジナル・ステレオ盤の一部です
 
 『Thelonious Monk Quartet With John Coltrane At Carnegie Hall』
 
 今夜は25Bコンソールが時々駄々をこねる
 
 『Blues Pour Flirter Vol.2/Sonny Criss』
 
 『When The Feeling Hits You !/Sammy Davis Meets Sam Butera And the Witnesses』
 
 
2014/10/01 (水) 
今月のマイブーム

持っているレコードを聴きまくるつもり

オーディオは一音聴いた時に「あーいい音だなー」「堪んないなー」
と笑いが出れば良いんです。
 
 
 
 『Everything I Play Is Funky・Lou Donaldson』
Over The Rainbowがたまらない
 
 
 
 『McCoyTyner/Expansions』
Visionを聴きたまえ
 
 
 
 
2014年9月へ 2014年10月12日へ