2014年8月へ 2014年10月へ
過去帳へ
 
 
 2003  1月  2月 3 月  4月  5月  6月  7月  8月  9月  10月  11月  12月
 2004  1-3      4-6      7-9      10-12    
 2005  1-3      4-6      7-9      10-12    
 2006  1-3     4-6       7-9      10-12    
 2007  1-4       5-9           10  11-12  
 2008  1-3      4-5    6  7  8  9  10-1 10-2  11  12
 2009  1-1  1-2  2-1  2-1  3  4-1 4-3 5-1   5-2 6-1  6-2  7-1 7-2 8-1 8-2  10-1 10-2  11  12-1 12-2
4-2  5-3 6-3  6-4
 2010  1  2  3  4-1 4-2  5-1 5-2  6  7  8  9  10  11-1 11-2  12
 2011  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11-1 11-2  12
 2012  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11-1 11-2  12-1 12-2
 2013  1-1 1-2  2-1 2-2  3  4  5  6 7-1 7-2  8  9  10  11-1 11-2  12-1 12-2
 2014  1  2  3  4  5  6  7-1 7-2  8  9  10-1 10-2  11  
                         
 
 2014.9
 
2014/09/30 (火) 
今夜の一枚

『Zoot Sims Last Tapes Baden BarenーJune 23,1958』

新譜なので購入したが特にお勧め盤ではない

クラングフィル・オイロダインを聴いていてつくづく思う

個性を味わう完璧でない再生音の魅力

伊藤喜多男先生の謂う歌舞伎の女形の世界だ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 そして『Ben Webster Last Concert Live Recorded At The
”Twee Spieghels”Leiden,Holland On September 6.1973』
2枚組みを
 
 粋に『Green Street/Grant Green』
 
 
 
 ラストの一枚『Another Story/Stanley Turentine』
 

 2014/09/30 (火)
来月12,13,14日北海道:北見/樋口先生をジャズオーディオ訪問がてら、
寺島靖国さん「ジャズ喫茶ミュージックバード」出演者イヤ~ン旅行に出かけます。

寺島さん、ジャズキャブ藤田さん、人妻Aさん、大橋祐子さんと私の5人。

どんな珍道中になるかお楽しみ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2014/09/29 (月) 
今日の一枚でビル・エヴァンスConsecration完聴。
 
 
 
 

 2014/09/28 (日)
9月15,16日の札幌オーディオ紀行でJAMAICAでの第一音。

ビル・エヴァンスのワルツ・フォー・デビー

オーディオを意識しないで名演奏に聞き惚れた。

エヴァンス1980年9月15日の命日を意識してマダムがお掛けになったのか
昨日気付いた。

と言うことで昨日からAlfa盤
『Consecration The Last Complete Collection』8枚組みを
各装置で聴き続けている。

テープヒスがあろうが生々しく涙が出る。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 2014/09/28 (日)
オーディオファブ古屋さんに頼んであった最後の
オルトフォンMONOカートリッジが出来上がってきた。

9ヶ月前8個のオルトフォンカートリッジのチェックを月1個のペースで以来。
出来上がったカートリッジを1ヶ月間使い次のカートリッジに変え楽しむため。
いっぺんに出来上がるとどれを使うか迷うのと
ゴムダンパーが同時に劣化すると考えた為だ。
古い物はお金が掛かる。
 
 
 
 
2014/09/27 (土) 
昨夕は『第1回ブラジル音楽フェスティバル』を楽しみに五反田ゆうぽうとホールへ

盛り沢山の規格構成が災いして音楽教室の発表会のようで
演奏者も観客も全然のれず、ブーイングをしそうになり遠慮して途中
自己退席、ロビーでコーヒーを飲みながらのモニター鑑賞が良かった。

まあ30人もの踊り子さんが出てくれたので不満もチャラ。

盗撮しました、踊り子さんに触れました。

すいません
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
2014/09/26 (金) 

待ちに待った本が発刊された。

『山中敬三著作集 真のオーディオ・コニサー』ステレオサウンドだ。

頁を開くワクワク感が久しぶり。
 
 
 
 
 
 読むにつれてはっとさせられる文章に出会う。
幾つか紹介する。

山中敬三氏を評してSS誌は
『数多くの名器を友として、いたずらに新奇さを追うことのない
したたかな日常感覚の裡で、音楽美の世界に遊ぶ真のエピキュアリアン』
と表現。

『つい先日、ハンガロトンというレーベルの数枚のLPを手にした。ハンガリィの
クォリトン録音で、バルトークの全作品を数年間にわたって出版する膨大な
計画の第一回エディションの音に私は最近になく心ひかれるなにかを感じた。
決して人を驚かすようなすごい録音というのではないが、いかにもはったりのない
素朴で自然な音が、人工的な臭みをやたらと感じさせるいわゆる録音優秀と称し
たレコードの多い中で、ただ無性に好ましく思えたのである。
再生装置も同じこと、やたら欲張って細工をろうすればするほど、音は音として勝
手に鳴りだし、音楽から遠く離れていってしまうように思えて、ハイ・フィディリティだ
原音再生だと真正面から気負いこんでかまえている装置を見ると、妙におぞましさ
を感じてしまうのは私だけであろうか。』

『製品に備わった格調と資質の高さが真の一流品の条件といえるだろう』

 

2014/09/25 (木) 
JBLの間で2枚のベーシストリーダーのLP
 
 
 
 
 
 Avishai Cohen Trio/Gently Disturbed
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 Esperanza Spalding/Junjo
 
 
 
 
 
 

2014/09/24 (水) 
昨日の東京インターナショナルオーディオショウ
レコード販売部 ディスクユニオンで発見

田中伊佐資さんの新刊『オーディオ風土記』が先行販売されていた

私を含む33人のオーディオ人が紹介されています
 
 
 
 
 
2014/09/24 (水) 
午後からマツシタHiFiで杉田さんと待ち合わせ。

松下さんの自宅のタンノイ オートグラフ モニターレッドを聴きに。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 2014/09/24 (水)
23日惣野さんに誘われて良い音を求めて東京インターナショナルオーディオショウへ。

聞いたブースで1箇所も感動させてくれる音楽が無いばかりか悪音を堂々と出している
プレミアム機種輸入業者が多かった。
それとも私の耳が機能的にも判断力も悪いのかもしれない。

今日、明日までやっているのでどんな音を出しているか行くのも面白いですよ。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 昨年もそうだったが出音までのもたもたが酷い
 
 
 
 
 
 
見掛け倒しのダゴスティーニ 
 
 見掛け倒しのウイルソン
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
田中伊佐資さんインターナショナルショー デビュー 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 2014/09/22 (月)
今夜聴いたアルバム

北海道膝栗毛の思ひ出

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 2014/09/21 (日)
昨日イギリスeBayから届いたプリアンプ。

クラッシックのアナログを聴く為に探していて偶然発見。

英国のスタジオで使うためLeak Stereoを改造した世界にも2個と無い(私感)アンプ。

早速テレフンケン・モニタースピーカーに繋いで大成功。
 

≫ Leak Varislope Stereo Valve Tube Based 4U Rack Mount Size Pre Amplifier.

It is in superb used condition throughout & full working order.

We removed it from a Working Studio when they were having a Mega Bucks Refit.

These pictures were taken of it this morning.

As you can clearly see this Valve Pre Amplifier has been built to a very high standard indeed.

The Studio where it came from were very reluctant to let it go.

They only parted with it as it would not fit in in anyway with their new units.

Look very carefully at all of the Close Up Pictures, you can see the wiring has all

been done very well.

Check the close up of the Back Panel to see all of the Connection Options.

All Valves are Mullards.

This really is a One Off Piece, I would not like to think what it would cost you to get

something like this made for you, far more than I am asking for it for sure!

The Sound Quality is something to be heard, you will of course need excellent quality

Speakers & Power Amplifier Etc to get anywhere near the best that this can offer from it.

Collection from Manchester area is possible, cash on collection only

if you wish to collect it from us please.


UK Sale only, NO overseas shipping.

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 2014/09/20 (土)
北の信者邸を訪問して思い出した

以前感動した大きなオーディオ空間のお宅。
 
 リベロ邸
 
 
 
 江夏邸
 
 
 
 
 
 桃原邸
 
 
 
 杉田邸
 
 
 
 

 2014/09/19 (金)

朝から音楽鑑賞。

アヴァンギャルドで聴く45rpmアナログ。

現代録音と現代オーディオの醍醐味。

このところレコード屋のおやじから中古オーディオ屋のおやじと変職してきたが
今日から札幌Jamaicaの影響でジャズ喫茶の親爺に徹するつもり。

 
 
 
 
 
 
 
 こちらは音も演奏も良くない
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 私、引き出しが多いので色々な音楽を聴きますが
和物は殆ど聞きません。
 
今日の夕食は横須賀『neiro』 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
サバのリエット 
 
 
 
 サンマと横須賀イチジクのマリネ
 
 ベール・ラバ・ブラン
 
 鳥レバーのソテー バルサミコ・ジンジャーソース
 
ラム肉のミートボール 
 
 
 
 今夜のサボテンの花
 
 

 
 
2014/09/18 (木) 
eBayよりShure SEK-2 Phono Stylus Evaluation Microscopeが届いた。

古いシュアー・カートリッジの針先チェック用、何とか改造して持っている針をチェックしてみる。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
今日の水槽 
ky 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2014/09/17 (水) 
獄道音響道中膝栗毛 札幌
15、16日1泊2日でジャズオーディオライター田中伊佐資さん、
キューバン写真家高橋慎一さんと北海道へ。

実に内容の濃い成果ある旅行だった。

詳しくはステレオ誌、ジャズ批評誌を購入して読んでください。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 獄道音響道中膝栗毛 札幌 1
 
 
 
 
 
 
 獄道音響道中膝栗毛 札幌 2
 
 
 
 
 
 
獄道音響道中膝栗毛 札幌 3  
 
 
 獄道音響道中膝栗毛 札幌 4
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
獄道音響道中膝栗毛 札幌 5  
 
 
獄道音響道中膝栗毛 札幌 6 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
2014/09/14 (日) 
長年購読していた朝日新聞を止め産経新聞に変えます。

これが私の意志です。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 2014/09/14 (日)
今日のLP

横須賀米が浜道り江戸前「鮨誠」で夕食後
ランシング・シャラーホーンシステムでポール・マッカートニー
「Memory Almost Full」を流してお茶
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2014/09/13 (土) 
仕事を終えマイスター松下君にRCA電蓄のピックアップのチェックを頼む。

やはりダンパーが劣化しているので修理を依頼。

今日の昼食はやはり始めての横須賀中央のタイ料理のお店「Thai Erawan」へ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
この揚げ鯛のスパイシーあんかけが美味かった 
 
 
 
 
 
 

 2014/09/12 (金)
たまには他の部屋を鳴らさないと不満がでる。
JBL4350でアナログを聴こうとスイッチを入れると音がおかしい。
2440用のFMアコースティックにショートの赤サインが出ている。
先日繋げたノードストがショートしているではないか。
挟み物を咬ませてクリア。

スタンリー・クラークを深夜110dbの爆音で聴く快感。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 2014/09/11 (木)

音が出た!!

8月22日に思い立って紆余曲折

先ずはクライスラーの機械吹き込みSP

 
 
 
 
 
 
 
 
 
Victrola 
 
His Master's Voice 
 
RCA (Roy Cooking Audio)
 
Victor 
 
 
 2014/09/10 (水)
昨日は管球(kyukyu)の日
本棚を見ていたら懐かしい本に再会
佐久間駿氏著『真空管アンプの世界・失われた音を求めて』だ

千葉コンコルドを何回か訪れて佐久間氏の「破壊から創造」
「古き名演奏家の真髄を探るアンプ作り」の真価が私は理解できずその後訪問していない。

約15年歳をとり散々色々なオーディオの音を経験すると佐久間さんのフルトヴェングラー、
デクスター・ゴードン、カザルス、、ビリー・ホリデイ、クリフォード・ブラウンの音が懐かしい。

この所懐古オーディオを楽しんでいるが先日のRCA電気蓄音機のコブラアームがeBayから届いた。
修理組み合わせの為に念の為2本落札。

面白いことに皆少しづつ違う。
私の手持ちのアームが鉄板が厚く軸部分も鋳物で出来ている。
今回来た物はブリキのように薄く1個にはニッパーが着いていない。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 ウエイトの大きさも違う
 
 
 
 
 
 
 
と言うところで横須賀大滝町の始めてのフランスレストランで昼食
 
 「花野家」 
 
 このベルギー・ビールが美味かった
 
 
 
 
 
この自家製パンも美味かった 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 そしてイギリスeBayより2つのオモチャが
 
 
 
 
 
 

2014/09/09 (火) 
今日のお薦め新譜LP
『Ahmad Jamal/Blue Moon』

The New York Session
(JV 33570040.41)
 
 
 
 
 
 

2014/09/09 (火)
深夜聴いたLP
『Toni Braxton:I Dont' Want To/I Love Me Some Him』

04年6月12日(土) 
 ダブル・ウーファーズの紫音♪さんのお宅にジャズオーディオライターの田中伊佐資さんと
 紫ならぬブラックの音を聴きに行きToni Braxton のCD 「SECRETS」の色気に惨敗。
お土産にそのCDをしっかり持って帰った。
 


その色気を我が家のアヴァンギャルド・ヌーベルヴァーグが再現。
途中止めることができず2枚組みを聴き終えたのが2時。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2014/09/08 (月) 
昨日の我が家のホームオーディオ

JBL-L300にマランツが似合います。
 
 
 
 
2014/09/08 (月) 
60Hz使用のアルテックパワーアンプのトランスが振動鳴りがあるので
実験に60Hz変換機に繋いでみようと思い立ち
ヤフオクでヤマビシAC-ACコンバーターを落札。
早速アンプを繋いでスイッチを入れると無振動。

アルテックパワーアンプの電源を入れると結構大きな音でジー音が出る。
説明文と違うのでこれから交渉。

どうなるか

ヤマビシAC-ACコンバーター1KVA ② 完動品【3ヶ月保証 】

即決価格 Yahoo!かんたん決済


商品の情報

ヤマビシAC-ACコンバーター1KVA ② 完動品【3ヶ月保証 】_画像1  
 ヤマビシAC-ACコンバーター1KVA ② 完動品【3ヶ月保証 】_画像2
ヤマビシAC-ACコンバーター1KVA ② 完動品【3ヶ月保証 】_画像3  
 
 
ヤマビシAC-ACコンバーター1KVA ②
ヤマビシAC-ACコンバーター1KVA(SW1000
 フアンも付いていませんし内部のトランス等の騒音もありません

当方が今まで使用したり出品した電源で性能と使いやすさは1番です
 無負荷でも電流流れますので放熱に気をつけてください出来たら 軽い負荷でなく

300~800VA位で、お使いください特にパワーアンプは60Hzで使うのがお勧めです
 
周波数の変換は、50-50、50-60、60-60、60-50Hzです
 OUTは10A取れますのでパワーアンプも全てこの1台で間に合います出力電圧100Vです
出力電圧95から108Vくらいまでは可変して使えます

アンプの電源から入り込むノイズは、全く出なくなります当時400000円位の物です
 この電源そのものが、他にノイズを撒き散らすことは有りませんし これだけの容量があれば

ほとんどの機器をこの電源からとれるのでまったく静かな、再生音になり、結果的に再生時の

ダイナミックレンジも拡張しますので迫力も増します

専門の会社の機器ですのでコンパクトで性能は今まで使用 したものでは 1番です
 良い音とは、静かで迫力のある音で、悪い音は、うるさくて、迫力の無い音です
 
点検・整備・調整済み。

傷、汚れ 有りなので安値です

完全動作品なので、3ヶ月保証します。期間が過ぎた後の修理は要相談。(格安)


 
 
 
 
2014/09/06 (土) 
今日聴いたLP

ナット キングコール全集

ジャケットには6枚組みで書いてあるのに7枚
6枚まで聴き終わった

寝室なのでベットで横になり途中気持ちよくうたた寝

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 オーディオ人に知り合いの製品を奨めるひとが意外と多い
自分の商売物を薦めるのは当然と受け止めるが
自分が買ってもいないモノを奨める輩が意外と多いから気をつけねば

高額なモノを買ってしまって良いモノだと思い込んでいるアホも多い
自己満足でいてくれればいいのに人に奨めて「さあ如何だ」も困る

自分が気に入った製品を勧めるのは良いのだがテレビコマーシャルのように
小さな声で個人の意見ですと注釈していただきたい

私、触らぬ神に祟りなしで過ごしている

現代金満オーディオはお金さへ持っていれば誰にでも出来るが
経験オーディオはちっとやそっとでは追いつけない

 

 2014/09/05 (金)

よき音、よき響き、よき演奏、よき音楽
全て揃ったCD

『賛美 Laudatio』 (Mofto Fine MF27001)
水野信之(Horn & Piccolohorn) 吉野直子(Harp) 室住素子(Organ)
 
 
 
 一部音の割れがあるがそれも記録(私の装置での個人の意見です)
it 
 
 
 
 
2014/09/05 (金) 
今朝の家内の愛犬Chetと娘の愛犬Jilu
 
 
 
 
 2014/09/04 (木)
オーストラリアのネヴィルさんから画像が送られてきた。
 
 
 
 
 
 
 
 
 


 
 2014/09/03 (水)
今日の夕食と今日のLP一枚
 
 
 
 
 
 
 
 
 
見た目はグロだが美味いすっぽん料理 
 
音は悪いが凄いメンバーの熱演 
 
 
 
 そして寝る前の軽いBlueNote
 

 2014/09/02 (火)
先日外したマッキンC-8をクレルに付け替えたところエレクトロボイスの音は美しすぎて
私の耳に合わない。

マランツのModel 3600Bを入手して繋ぐ。

昔のアンプは音作りに個性があり面白い。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
2014/09
2014/09/01 (月) 
今月紹介の銘エッセイ
『StereoSound誌 マランツのすべて』より
我が家の御近所、白岩義賢さん

{城丸悟(シャトウマルゴー)先生のプロフィール 1934年10月生まれ。
神奈川県横須賀市在住中央公論社にて「マリ クレール」「婦人公論」の編集次長を歴任。
1993年フリーとなり現在,作家 エッセイストとして活躍。 読売文化センター他のワイン講座講師。
1995年ワイン文化への功績によりフランス ラングドック地方のワイン協会から
“ジョワイユーズ公爵”の称号を贈られる。
1998年国際的に権威のある“国際ワインジャーナリスト会議”の日本人として
6人目のメンバーの一人に選ばれる。
本名は白岩義賢(しらいわよしかた)。食,オーディオ,音楽,文学など文化全般にわたり造詣が深
く執筆 公演多数。今年春まで中央大学学院講師(人間と文化関係)。 主な著書/「女性とフラン
スワイン」(読売新聞社)「物語るワインたち」(栄光出版)「チーズの事典」(成美堂 共著)「ワイン
の事典」(産調出版 共著)他 }

 
 白岩義賢
           (エッセイスト)

心を癒し感動させてくれるマランツ製品。

そこに真の価値を見出した愛用者たちに

今日も「耳寄り」な音を響かせている。


オーディオ誌の製品評で気になるのは「これこれのアンプは音がいい」などという言葉である。

アンプに限らず、オーディオの各機器はコンポーネントとして接続されて初めて音を出すもの

で、単体でいるうちは音を出すための素材のーつとして沈黙しているのになぜぬけぬけと「この

アンプは音がいい」などと言えるのか。たぶん、この言葉は「コンポーネントを組んで鳴らしたら、

いい音が出たが、それはアンプにこれを使ったからだ」という意味含みなのだろうが、それでもな

お釈然としない。その「いい音」とは誰ことってのいい音なのか、わからないからだ。 たとえば、

あるステレオ・サウンドを素晴らしいとほめちぎった人の両耳が頭の側面に添って貼り付いたよ

うに付いでいれば、その耳には左右の広がりもたっぷりと、低音から高音までバランスよく聴こ

える音が、ぼくのように大きめの耳が頭の両側に直角に近く立ち上がり、左右へ張り出している

者には、中・高音部が甲高<刺激的に聴こえ過ぎて神経が苛立ち、左右の音の広がりはやや狭

く展開して聴こえてしまう。その代り、音の迫力や響きは豊かに、かなり奥行きをもって感じられる。

 音の良し悪しやあり方は、人それぞれの耳の聴こえ方によって判断されているので、五味康祐

さんが「美しい音は、聴覚が持っている。機械が出すのではないのである」と書き、フランスの詩人

・作家、レミ・ドウ・グールモンが「音楽について最も賛嘆すべきものは、美妙極まる人間の聴官と

霊魂である」と言ったのは当を得ている。 ソウル・B.マランツは、このことを誰よりもよく弁えて

いた熱烈なオーディオ愛好家だったに違いない。彼は50年前に、人に聴かせたい音よりも、自分

が聴きたい音に役立つアンプを作ったからである。ばくにはマランツ氏がどんな形の耳を持ち、

どんなレコードプレーヤーとスピーカーの間に彼が作ったアンプを据えて「うむ、これなら」と頷

いたのか知るよしもない。しかし彼の作ったアンプを使ったコンポーネントの音を聴かされた人

々は、耳という生きている精妙な測定器官が「よし」と判断したその澄明な音の中には、機械に

よる無機の物理的データの数字など、まるで浮かんでこないことに気づいたことだろう。

マランン氏は、まさに「耳寄り」の音を響かせてみせたのである。
        *
 ここに一枚の焼け爛れ、汚れ果ててボロボロになったマランツのステレオレシーウァーModel

2270の写真がある。1976年10月号のアメリカ版“PLAYBOY"誌に掲載されたものだ。このレシ

ーウァーを愛用していたのは、アメリカ・ロードアイランド州ニューポートに住んでいたフランシ

スコ・エスピナという男性である。 彼が住んでいたアパートが火事で全焼崩壊し後始末が始ま

ったのは3ヵ月経ってからだった。その作業を眺めていた彼は、パワーシャベルでトラックに投

げ込まれていく瓦磯の中に、チラリと彼のレシーウァーの一部らしいものを見た。彼はすぐさま

工事人に、パワーシャベルの中のものを調べさせてほしいと頼んだ。パワーシャベルは空中で

開かれ、レシーウァーは他の瓦磯とともに地上20メートルの高さから落下してきて、地面へ叩き

つけられた。 焼かれ、水を浴び、瓦礫に埋まって無残な姿に変り果てたレシーヴァーを抱いて

仮住まいに戻ったエスピナは、いたわるようにそっと汚れを拭いて、新しい電源ケーブルをつな

いだレシーヴァーのスイッチを、祈るような気持ちでオンにした。 パッと目を開いたように、パネ

ルに美しいブルーの灯がついた。ヘッドフォンのプラグをジャックにさし込み、FM放送のダイア

ルを回すと、彼の心を癒し、感動させてくれていたまごうことなきマランツの音が耳に流れ込み、

心に染みていった。テープデッキを接続レアナログプレーヤーもつないで、間に合わせに買っ

ておいた安物の小型スピーカーを鳴らしてみた。見事な音が響き出た。 エスピナは、焼け出さ

れて失意の最中にあった自分を、同じく焼かれて傷みきったレシーヴァーに癒され励まされな

がら、涙を流して翌朝まで音楽を聴き続けたという。彼はそのことを一通の手紙に書き、レシー

ヴァーの写真とともにマランジ社へ送ったのだった。このエピソードが明かしているのは、火事

で焼け焦げ、瓦礫に押しひしがれても壊れなかったマランツ製品の頑丈さなどでは無論ない。

形骸化していても、ひょっとしたらあの音がまた聴けるかもしれないと、万にーつの可能性に賭

けてレシーヴァーを持ち帰ったエスピナのような愛用者がいる、ということなのだ。

 マランツの製品は、このような愛用者を作ることができ、その愛用者たちによって常に支えられ

てきた。このことこそが、他に替え難いマランツ製品の真の価値なのである。そうでなければ、

どうして製品競争と浮き沈みが激しいオーディオの世界で、マランツ製品が50年もの間、確たる

地位と実績を保つていられようか。
      *
 残念ながら、今なお現役として働いている例もある往年の銘機Model7、Model9のプリ~パワ

ーアンプをぼくは自宅で使ったことはない。 1958年から60年にかけて売り出されたこれら高価

なアンプは、ぼくの月給では買えなかったからだ。だが、手は出なくても、耳は音を漁れる。

ばくはマランツのModel 7とModel 9を介在させてレコードを聴いている知人、友人の家へ押し

かけ、かなりの数の音を聴いた。 ぼくの耳には聴くに耐えない、ひどい音もあった。しかし、コン

ポーネントの妙を得て、これぞマランツならではのものだと感じ入るほかない精緻で気品あふれ

る音もいくつかあって、それを聴くともう、不快な音を聴かされたことなどたちどころに忘れてしま

うのだ。 マランツのアンプでドライブされ、スピーカーからぼくにとってのいい音が響き出すと、

その一瞬前まで耳の中に沈黙が充ちていたのがわかった。その静寂の小さな空間は、音楽が

流れ込むにつれて広がり、響きのいい演奏会場や聖堂になるかのようだった。
        *
 「聞くうちに蝉は頭蓋の内に居る」。編集者時代に同じ社にいた大先輩の俳人、篠原梵さんの

秀句である。マラソンのアンプで鳴らされた清冽な美音は、かつて何度も聴いたそのままの響

きで、今もぼく頭の中にある。 そして、どうにか暮しのメドがついてから手に入れて、今ぼくの

家にある比較的最近のマランツ製品がもたらす見事な音も、ぼくの頭の中に着々と入りつつあ

るのだ。
 
2014年8月へ 2014年10月へ