表千家を習っていました。茶道具の美を楽しんでください。
茶碗のコレクション
 


高麗雲鶴茶碗
高麗茶碗
高麗時代末期から朝鮮王朝時代にかけて朝鮮半島で焼かれた喫茶用の茶碗の総称。
もともとは雑器として焼かれたものが日本に舶載されて茶の湯の茶碗に見立てられ、侘び茶の広まり
とともに唐物茶碗にかわって用いられという説が一般だが、確証はない。
雲鶴
高麗茶碗の一種。高麗時代後期に作られた古格のあるものを古雲鶴、朝鮮王朝時代中期以降
の注文茶碗を後(のち)雲鶴と呼び分ける。
多くは筒形、総釉の青磁に雲と舞鶴の文様をはじめとして、丸文、亀甲文、牡丹唐草文などが象嵌
されている。古作のうち、丸文の象嵌は狂言師の袴の丸文に見立てて狂言袴と呼ばれる。
または、高麗青磁や三島などに見られる飛雲舞鶴の文様そのものをさす。
 
伊羅保片身替り茶碗
伊羅保茶碗:
高麗茶碗の一種。十七世紀初期に日本からの注文に応じて朝鮮半島で焼かれた。
地肌がざらついていて手ざわりがイライラするところからの呼称といわれている。
やや厚めで、深めで、赤褐色の素地にいわゆる伊羅保釉が掛かる。口縁にベベラ(土切れ)のあ
るのが約束である。黄伊羅保、釘彫伊羅保、片身替伊羅保などに分けられる。
 
仁清立鶴茶碗
立鶴茶碗(たちづる):
高麗御本茶碗の一つ。立鶴の文様が二方に施された筒型の茶碗をいう。
多くは白黒の象嵌文様である。国焼きの写しもある。仁清:仁清は元来、丹波焼の陶工だったが、
京都、瀬戸あたりで修行し、再び京都にもどり金森宋和の知己を得て茶陶を焼いた。
 
古黄瀬戸茶碗
黄瀬戸:
桃山時代以降、美濃で志野、織部とともに焼かれた黄釉の焼き物。
鉄、胆磐、彫文などで加飾し皿、鉢、向付けなどが作られた。ぐいのみ手、菖蒲手(油揚手)、
菊皿手の三種に分けられるが、なかでも菖蒲手は油揚のような肌合いをしていて、銅緑釉と鉄釉の
焦げが美しい。
 
織部馬盥茶碗
織部焼:
桃山時代に美濃国(岐阜)で、茶人の湖だ古田織部の指導で焼かれたやきもの、およびその流れ
を汲むものをいう。
白化粧地に鉄釉による江文様を施し、緑釉を掛け分けた斬新な意匠が中心となる。様式によって、
織部黒、黒織部、青織部、赤織部、鳴海織部、志野織部、唐津織部などに分類される。
馬盥(ばだらい):
縁が切り立った浅い茶碗をいう。馬を洗うときに使う盥に似ているところからの名称。
楽茶碗に多く、長次郎作の黒楽茶碗「馬盥」が知られているが、唐津焼きなどにもある。
 
黒織部沓形茶碗 
黒織部:
織部焼きの様式の一種。鉄釉を施し、焼成後急冷させる引出黒。
黒釉の一部を白く抜いて鉄釉で文様を描いたり、彫り文を施したもので、その上に長石と土灰を混
ぜた白釉を掛けて焼く。そのほとんどが沓形茶碗である。無文で黒一色の織部黒とは別。
 
黒織部茶碗   加藤春岱造 
加藤春岱:
瀬戸赤津焼きの陶工。尾張徳川家御用窯で御深井焼きに従事した。
轆轤形成にすぐれ、御深井、古瀬戸、志野、織部などを手がけた。
 
織部幾何文沓形茶碗
沓形茶碗:
茶碗や鉢などの形の一つ。不規則にゆがんだ楕円形で、あまり深くなく、口縁の下に一段くびれが
あるものが多い。平安貴族の蹴鞠の沓の形に似ているところからの名称である。
特に織部焼、志野焼、唐津焼などに見られる。
 
古織部茶碗
 
青磁茶碗 邏羅作 銘 ”青苔” 
 
古絵志野茶碗
 
古絵志野茶碗
志野焼:
桃山時代に美濃諸窯で焼造され、白釉(長石釉)を厚く掛けた、日本で最初の白いやきもの。
十六世紀初めの穴窯から大窯への転換に伴う釉薬(灰釉)の改良が、結果的に十六世紀半ば
ごろの白天目を生み、次いで灰志野と呼ぶ不透明釉を生んだ。
これらを踏まえて十六世紀末期に長石単味の志野釉が完成した。
艾(もぐさ)土という軟土が使われ、貫入があり、乳白色のところどころにほんのりした火色があらわ
れているのが典型的な作風であるが、鉄釉で描く文様の発色ぐあいなどで種類分される。
無地志野、絵志野、鼠志野、赤志野、紅志野、練上志野などがあり、器種は茶碗をはじめとして、
水指、皿、鉢、香合など茶陶に名器が多い。
 
金海堅手茶碗
金海:
高麗茶碗の一種。朝鮮王朝時代後期に、日本からの注文によって慶尚南道の金海地方で焼かれた。
全体に白磁質の薄作りで口部を桃形、洲浜形、小判形などにし、胴に桧垣状の櫛描きを施し、
高台を四方に切り込んで割高台にしているものが多い。著名なものに「西王母」「藤波」などがある。
堅手:
高麗茶碗の一種。素地がカリッと焼き締まっていて土味がかたい感じのすることからその名がある。
 
海上り茶碗
 
雨漏手茶碗
雨漏
麗茶碗の一種。使用するうちに生じた器面のしみの景色が雨漏りに似ているところからの呼称。
または雨漏りの様子のしみそのものをさしていう。朝鮮王朝時代前期に作られた茶碗で土や釉があ
まり上質でなく、焼成もやわらかいものは、釉面に微細な気泡や罅(ひび)が生じ、そこから液体が
しみ込んで雨漏り現象を呈した。茶人は、このしみを景色に見立てて賞美した。
 
古唐津茶碗
 
朝鮮古唐津茶碗
 
絵唐津茶碗
 
道八茶碗 (写し) 
高橋道八:
元文五年(一七四0)〜文化元年(一八0四)陶工。伊勢亀山藩士の次男に生まれ。
名は高橋周平光重といい、松風亭空中と号す。京に出て陶器の道を選び、粟田口に開窯。
煎茶の盛んに成りつつあった時に活躍する。池大雅、上田秋成、売茶翁ら文人との交際、自らも
趣味人で南画を描き木竹の才もあった。
長男は亡くすが、次男光時は、仁阿弥道八三男光時は尾形周平としての後継者を育てた。
 
井戸茶碗
 
粉引き茶碗
粉引
高麗茶碗の一種。朝鮮王朝時代前期に焼造されたもの。鉄分が多く黒い胎土に内外全面に白
化粧を施し、わずかに青みがかった透明釉を掛けている。あたかも粉を吹き掛けたように白いので、
粉引または粉吹とも呼ばれた。三島や刷毛目と同系である。
火間という、一部釉を掛け残した部分をもつものが珍重される。
 
唐津刷毛目茶碗
刷毛目:
陶器の装飾技法の一つ。白化粧土を刷毛で胎土にさっと塗りつける方法。古刷毛目、筋刷毛目
などがあり、器胎一面に白化粧したものは無地刷毛目と呼ばれる。
白化粧土の節約のために用いられたと思われ、朝鮮王朝の陶器に多く見られる。
 
犬山焼茶碗
犬山焼:
尾張国(愛知県)犬山で焼かれた陶器。宝暦年間(1751-64)に犬山城に近い今井に始まり、
瀬戸風の雑器を焼いた。文化7年(1810)に犬山城の東方の丸山に移り、犬山城主の成瀬公の
保護を受け、乾山風の茶陶を主として作った。丸山焼ともいう。
乾山を模した呉須赤絵風の雲錦模様が特色であり、乾山と犬山の発音が通じることから乾山銘
を用いたものもあり、俗に犬山乾山とも呼ばれる。
 
天目茶碗
 
柿乃蔕茶碗
柿の蔕:
高麗茶碗の一種。朝鮮王朝時代前期に作られ、室町時代以降、日本に請来された。
ざんぐりとした土味で、釉肌は渋く濃い暗褐色を呈し、侘びた趣である。形状は、
口縁はやや端反りぎみで、腰のところでは段になり、比較的平たい。
茶碗を伏せた姿が柿の蔕に見えることからの呼称という。
 
古唐津沓形茶碗
 
独楽文馬上茶碗
馬上盃:
高台部分が高い、腰高の盃。その高台を握って馬上で飲むのに適するからとも、また腰高に姿が
馬上にまたがっているようにみえるからともいわれる。
中国の青磁、染付、釉裏紅、色絵、朝鮮半島の三島手や白磁に多く見られる。
 
古萩茶碗
萩焼:
長門国(山口県)萩城下の松本中の倉(萩市椿東)と大津深川(ふかわ)村三ノ瀬(長門市深川
湯本三津ノ瀬)の両地で焼かれる陶器をいう。
慶長九年(1604)、広島から萩に移封された萩藩初代毛利輝元に従った朝鮮渡来の陶工
李勺光・李敬の兄弟が、萩藩御用窯として松本銃中の倉に開窯したことに始まる。
十三連房(室)から成る朝鮮式登窯が築かれ、もっぱら茶碗が焼かれた。弟の李敬は寛永二年
(1625)、坂高麗左衛門の和名を藩主より受け、以後、坂家は中の倉窯の中心的役割を果たし
ていった。
明暦三年(1657)、中の倉窯の主な陶工たちが三ノ輪に分窯下し、御用窯でありなが「自分焼」
を認められ、やがて元禄六年(1693)には藩直轄から庄屋管轄となり、中心的役割の山村家に
任された。 ここに松本萩と深川萩の二系譜が誕生。
なお松本萩には三輪家と佐伯家が新規お雇い細工士として協力。
三輪家初代休雪は、楽焼を修業して萩の和風化に貢献した。その後、佐伯家は廃絶し、松本萩は
坂家と三輪家の二窯となった。深川家ではのち山村家が断絶し、赤川家、坂倉家が継承している。
製品は茶碗が主力で、井戸手、粉引手など高麗茶碗の影響が強い作風に始まり、大道土という
雅味のある陶土と、貫入のある萩焼独特の茶碗を生み、数々の名碗を伝えている。
種類も井戸、雨漏り、沓形、筆洗形、分銅形、俵形、銅紐などさまざまで、高台も割高台、切高台、
桜高台など、切り込みに特徴のあるものがある。明治期には萩焼系の新興窯、宮野焼が山口に
開窯し、山口萩と呼ばれた。現在は松本萩で坂家、三輪家、深川萩で坂倉家、田原家、坂田家
がそれぞれ伝統を継承している。
 
李朝井戸茶碗
井戸茶碗(いどじゃわん):
高麗茶碗の一種。朝鮮王朝時代初期から中期にかけて作られ、室町時代以降、日本に請来さ
れた高麗茶碗の代表的なもの。大井戸、小井戸、青井戸、井戸脇、小貫入などがあり、それぞれ
に特徴が見られる。井戸の名の由来は、井戸若狭守所持によるもののほかに、産地説などがある。
共通する特色は、井戸釉といわれる枇杷色を呈し、高台畳付以外は総釉であること、地肌に轆轤
目が立っていること、竹の節の削り出し高台であることなどが上げられる。
 
黄伊羅保茶碗
黄伊羅保:
高麗伊羅保茶碗の一種。総体に黄釉(伊羅保釉)が薄く掛けられ、黄色み帯びているため、
この名がある。作行きは、やや端反りで高台は低い。口縁にはベベラ(土切れ)があるのが約束。
 
萩茶碗?
 
片口茶碗 
 
萩茶碗
 
薩摩宋胡茶碗
薩摩焼:
薩摩国(鹿児島)一帯で焼かれた陶磁器の総称。文禄・慶長の役(1592〜98)の際、朝鮮から
連れてきた金海や朴平意など多数の陶工を、薩摩藩主島津義弘が帖佐や苗代川に住まわせ、
築窯したのが始まりという。その後、各地で開窯し、各時代を通じて窯数は約三十を数え、多岐にわ
たる。藩窯系では帖佐宇都、御里、竪野冷水、磯御庭、仙厳、平佐など、民窯系では元立院、
串木野、苗代川、龍門司、平佐皿山、長太郎などが窯煙を上げた。
製品は白物(しろもん)は白薩摩や錦手で藩の御用品、黒物は宋胡録(すんころく)写し、三島写し、
蛇蝎(じゃかつ)釉、三彩釉などの日用品が焼かれた。
明治以降、輸出も盛んになり、現在に至っている。
宋胡録:
タイ国で十四世紀から十六世紀ごろに焼かれたスワンカローク陶が日本に渡来し、「すんころく」と
なまって呼ばれた。スコタイ窯の製品もこれに含まれる。青磁、白釉、褐釉、白釉褐彩、鉄絵で魚
や唐草を描いたものなどがあり、特に鉄絵を施した小さな蓋物を香合に見立て、茶人は珍重した。
 
刷毛目古唐津平茶碗
 
渦文茶碗
 
山茶碗 (+行其焼(福谷出土)
山茶碗:
平安、鎌倉、室町時代にかけて瀬戸や常滑地方で大量に焼成された無釉の日用雑記。行基焼、
藤四郎焼の俗称を持つ

 
越前呉器茶碗
越前焼:
福井県丹生郡織田町と宮崎村を中心に分布する北陸最大の窯業地。鎌倉時代から壺、甕、
擂鉢を主とした無釉の日用雑記を焼く代表的な中世古窯であった。
室町時代にかけて隆盛期を迎え、大壺、甕、水注など生産量もふえて流通圏が広がった。
桃山時代には茶壺や花入も焼かれ、江戸時代以降は鉄釉や灰釉を掛けた甕、擂鉢、お歯黒壺
などが生産された。
呉器:
高麗茶碗の一種。深い椀形で高い撥(ばち)高台が特徴。朝鮮王朝時代前期末に焼造され、
室町時代後期から日本に請来された。大徳寺呉器、紅葉呉器、尼呉器、錐(きり)呉器、番匠
呉器、遊撃呉器、絵呉器、半使(はんす)呉器などに分けられる。
名称の由来は、呉国産の器であるから、また禅寺で使う御器椀に近いから、などの説がある。
 
鳴海織部茶碗
鳴海織部(なるみおりべ):
織部焼きの一種。白土と赤土を継ぎ合わせて成形し、白土の上に銅緑釉を、赤土の部
分には白泥や鉄絵具の線描きで模様をあらわし、釉を掛けたもの。手鉢、角鉢が主で、
ほかに茶碗、振出、香合にも見られる。鮮やかな緑と赤地の対照が美しい。
 
相馬茶碗
 
古絵志野秋草茶碗
古唐津
唐津焼の最古の窯といわれる岸岳(きしだけ)諸窯や、古作の奥高麗茶碗を焼造したと推測される
松浦系の椎(しい)の峰、阿房谷(あぼんだに)、道園、百間(ひゃっけん)などの窯で焼かれた、
初期の唐津焼の古作を古唐津と呼んでいる。
特に米計(よねばかり)、根抜(ねぬけ)、奥高麗をさして言う場合が多い。