作家茶碗の世界
私の鑑定を○×で記します
 
鬼萩平茶碗  田原陶兵衛造  
田原陶兵衛:
大正14年生。昭和31年十二代陶兵衛を襲名。日本工芸会会員。
坂田出泥華、坂倉新兵衛と、深川(ふかわ)萩の御三家。本人評
 
志野茶碗  加藤唐九郎造(一ム)  ×
 
織部茶碗  三代清水六兵衛造  
三代清水六兵衛:
初代・六兵衛(愚斎)が1771年、京都・五条坂の地で作陶を開始して以来、清水(きよみず)家
歴代の作風は各当主たちの創造性に任せらる。彼らは先人の様式や形を継承する事なく、精神
をこそ受け継ぎ、伝統的な京焼の世界に絶えず新しい風を送り続けている。
 
鬼萩茶碗  坂高麗左衛門造  
坂坂高麗左衛門
明治45年生。昭和56年没。下関市出身。帝国美校卒。
のち松本萩の坂家十一代継承。昭和50年山口県無形文化財。文化功労賞。
 
備前茶碗  金重陶弘造  

 
備前茶碗  山本陶秀造  ○
山本陶秀:
明治39年生。本名政雄。大正11年作陶。昭和13年楠部彌弌に師事。
31年岡山県重要無形文化財。62年国の重要無形文化財保持者認定。
ブラッセル万博グランプリ。県文化賞。山陽新聞文化賞。日本工芸会理事。平成6年没。
 
備前唐津茶碗  藤原敬介造  
藤原敬介(きょうすけ):
昭和14年生。藤原啓の次男。東京文化学院、多治見陶試終了。
昭和40年当地に築釜。日本工芸会支部展山陽新聞賞、支部長賞、理事長賞、金重陶陽賞。
美濃と備前を融合。日本工芸会正会員。
 
備前茶碗  金重陶陽造  
金重陶陽:
明治29年備前焼の窯元の長男として生まれる。家業を継ぎ、37歳まで細工人として過ごす。
昭和7年、初めて轆轤による製作を開始し、弟、素山を助手として茶陶を中心としる作陶活動を続ける。
14年、皿などの重ね焼きで、火襷を作ることに成功。31年、人間国宝に認定される。
以後も意欲的に個展を開き、備前焼の技法を高めた。昭和42年没。
 
赤織部茶碗  北大路魯山人造   
北大路魯山人:
明治16年上賀茂神社の社家、北大路家の次男として生まれる。本名房次郎。
生後間もなく養子に出され、生活のために看板書きや篆刻(てんこく)の仕事をしながら、書の勉強
を始める。
30歳前後から料理と作陶に興味をもち、自営の「美食倶楽部」で使うための食器を製作。
以後「山王日技神社境内の星岡茶寮」の開業とともに本格的な作陶活動に入り、自由奔放な生
命力と伝統芸術の格調をもつ独自の作風を確立した。昭和34年没。75歳。
 
高取沓形掛分茶碗  十三代高取八仙造  ○
高取八仙:
昭和9年生。高取焼窯元十三代を継承。祖父八翁佐七から茶陶を学び、上野、高取古窯研究
家 美和弥之助に師事。全国陶磁器展、日本民芸展、日本伝統工芸展ほか入選入賞。
渡韓し古窯研究。日本橋高島屋ほか個展。
 
刷毛目茶碗  安田全宏造  
安田全宏
昭和1年生。六世清水六兵衛に師事。日展特選北斗賞、依嘱、無鑑査、審査員、評議員。
日本現代工芸展文部大臣賞、顧問。日本陶磁協会賞。立体、装飾器中心。
 
翠釉茶碗  小川欣二造   ○
小川欣二:
昭和1年生。四代文斎の次男。五代を継承。六世清水六兵衛に師事。
昭和25年日展初入選。以降、日展特選、依嘱、審査員、会員。
現代日本陶芸展一席。バロリス国際陶芸グランプリ。光風会展、日本新工芸展、京展、府展、
各審査委員。 伊羅保、辰砂、呉須絵、掻落しが中心。
 
古瀬戸釉茶碗  鈴木青々造  ×
 
黄天目茶碗  板谷波山造   ×
 
絵織部独楽文茶碗  北大路魯山人造   
 
古黄瀬戸
 
俵茶碗  加藤春岱造  
 
鉄絵茶碗  濱田庄司造   
濱田庄司:
明治27年生。昭和53年没。神奈川県出身。東京工校、京都陶試を経て渡英、
バーナード・リーチと共同で西欧初の登り窯開設。昭和30年国の重要無形文化財。
益子参考館設立
 
萩茶碗   中里太郎ヱ門造 (十二代)   
中里太郎右衛門:明治28年生。昭和60年没。唐津出身。十一代天祐の次男。有田工校卒。
昭和2年御茶椀?十二代襲名。号無庵。51年唐津焼で国の重要無形文化財。
 
十六代永楽善五郎(即全) 銘 蔦の細道 仁清写し  
即全:
1917年生。十五代正全の子。五才のとき妙全の養子となる。
金襴手、交趾写し、仁清写しなどの茶碗を焼く
 
黄瀬戸茶碗  荒川豊蔵造   ×
 
絵唐津茶碗  中里無庵造   ×
 
十一代永楽善五郎(保全)  
保全:
1795年生、初め大徳寺黄梅院の大綱宗彦のもとで喝食(かつしき)となったが、十二、三才のこ
ろ了全の養子となる。
文政十年に紀州御庭焼に出仕し、細川治宝(はるとみ)候から「河濱支流(かひんしりゅう)」の金
印と「永楽」の銀印を拝領し、以後、永楽を通名とした。
金襴手、染付、交趾写し、安南写し、祥瑞写しなどの茶器を焼いた。
 
染付茶碗  川瀬竹春造     
川瀬竹春
大正12年生。京都出身。初代竹春(竹翁)の長男。京都市立美工卒。父に師事し作陶。
昭和24年父に従い神奈川県大磯の三井城山窯に移り、35年当地に古余呂技窯開設。
染付、赤絵、金襴手、黄南京、青白磁、瑠璃金彩と幅広い陶技。54年二代目竹春襲名。
 
萩茶碗  河村喜太郎造 
河村喜太郎:
日展会員、審査員。 河村蜻山に師事。昭和41年没
 
大樋焼茶碗  松島計介造
松島計介:
平成5年日本橋三越陶展成
 
青磁輪花茶碗  川瀬満之造    
青磁:
微量の鉄分を含む釉が還元焔焼成により青緑色に発色したやきもの。
日本では磁器質のものをさすが、中国では青瓷の字を当て、胎土は有色のセッ器質の物が多い。
川瀬満之:
昭和8年生、父初代竹春に師事。昭和36年五条坂に独立。39年日本伝統工芸展初入選。
日本工芸会近畿支部 常任幹事  日本工芸会正会員
中国万暦年間の染付、色絵を写しては第一人者である川瀬竹春の次男で、順一の弟。
父直伝の陶技を忠実に継承して、白磁、青磁、染付など磁器の焼成にめざましい力量を示している。
川瀬家の蔵する本歌を手本として、すぐれた古作を再現する妙技は、茶家の歓迎するところでもあり、
温順謙虚な作者の人柄もまた、茶情に通じるといえよう。(現代の茶碗ヨリ)
 
油滴天目茶碗 長次郎写  安房幸男造  
安房幸男:
昭和20年生。大阪出身。昭和47年信楽、丹波立抗で修業。52年大阪に築窯独立。
57年京都宇治に移窯。関西美術展、新匠工芸会展、伝統工芸近畿支部展、日本伝統工芸
展入選。
大阪三越で陶器と木工による二人展ほか。油滴天目、灰化焼締、赤絵が主体。
 
白萩茶碗
鬼萩:
萩茶碗の一つの作行きをいう。胎土に小石(荒砂)を噛み、高台が高く、全体に荒々しい感じのもの。
 
井戸茶碗  李方子造    
李 方子:
宮家の方で李王朝最後の王の妻。楽善斉の銘を持ち製作活動。楽善斉の銘を持ち製作活動。
 
益子茶碗   浜田庄司造   
 
唐津沓茶碗  金重陶陽造       
 
縄文茶碗  島岡達三造   ○
島岡達三:
大正8年生。東京出身。父は区に組紐師島岡米吉。東京工大卒。
戦後濱田庄司に入門。昭和29年築窯。日本民芸館賞。栃木県文化功労賞など。
縄文象嵌が主。
 
信楽茶碗 上田寿方造   
上田寿方:大正14年生。信楽の窯元を継承。信楽窯業校卒。昭和26年登り窯修復開窯。
54年伝統工芸士認定。日本陶芸展優秀賞ほか。
 
吸江斎花押茶碗
 
萩平茶碗  吉賀大眉造  
吉賀大眉(よしがだいび):
大正4年生、平成3年没。萩市出身。昭和13年東京美校彫塑科卒。
戦前の文展彫塑部での入選を皮きりに、同工芸部入選以降一貫して日展を舞台に活躍。
戦後より、日展北斗賞、特選、審査員、評議員、内閣総理大臣賞、参事、理事の重職。
日本陶芸展朝日新聞社賞。日本陶芸協会賞。中国文化賞。芸術院賞。山口県知事賞。
54年日本芸術院会員。萩焼作家協会会長。山口美術短大教授。
 
赤志野茶碗   水野古麦造  
水野古麦:
大正15年生。瀬戸出身。水野秀山の三男。幼少より父に学び加藤麦袋に師事し陶技を磨く。
志野一途で作陶49年を越え昭和61年東京八重洲大丸で新雪志野完成記念展を開催し創作
志野の世界に新境地を開く。中日美術展、朝日陶芸展ほか入選。
 
揚炎  九世久宝造   ○ 
久世九宝(くぜきゅうほう)
大正14年生。立命館大卒。京都陶工専修校修了。二代九宝に師事。
昭和49年三代襲名。絵画を鳥海二楽子、茶道は裏千家流、華道は嵯峨御流、
能は観世流習得。祥端、染付、色絵で茶陶中心。
 
 
萩平茶碗  一石造
 
小福茶碗  小川長楽造   
小川長楽:
明治45年生。初代小川(長友軒)長楽の長男。京都出身。京都市立第二工校陶磁器科卒。
京都工芸フランス・パリ博展入賞。昭和14年初代没。後家業を継承。41年当地に築窯。
57年古稀記念展を東京、京都ほかで開催。京都清水焼協組常任理事。京都伝統陶協会所属。
 
 
 
油滴黒釉茶碗 (友彦造)
 
唐津素文茶碗 十三代中里太郎右衛門造   
中里太郎右衛門:大正12年生。十二代太郎右衛門の長男。東京高等工芸図案科卒。
加藤土師萌(はじめ)に師事。昭和44年父の得度(無庵と号)に際し十三代太郎右衛門襲名。
26年日展初入選。以降北斗賞、特選、審査員、委嘱、会員、内閣総理大臣賞、理事。
日本陶芸協会賞。日本芸術院賞。日本新工芸展審査員。